アメカジ好き必見! ロサンゼルスで訪れたい、インスタ映えが狙えるダイナー「Cafe 50’s」。

今回ご紹介するのはウエストロサンゼルス、ソーテルのジャパンタウンからも近い、旧き良きアメリカンダイナー。古着を求めて、カルチャーを求めて、ロサンゼルスを訪れる日本人は多いわけですが、せっかくなら、いかにも「アメリカ」を感じられるグルメと空間を味わいたくないですか?

1982年にオープンした、1950年代を再現したアメリカンダイナー。

一歩店内に入ると、まるでタイムスリップしたような感覚になる「Cafe 50’s」。すでに映えてますよね?(使い慣れていない 笑) 1982年にオープンした、アメリカの旧き良き50年代をテーマにした、アメリカンダイナーなんですが、とにかくカッコよくてカワイイ!

お店のインテリアだけでなく、スタッフのユニフォームなどすべてが1950年代のアメリカの雰囲気を再現していて、旧い映画の中の世界に飛び込んだような気分になれるんです。気分はバックトゥザフューチャー。スタッフもとても気さくで、「写真を撮らせて!」と一人に声を掛けたら、私も、私も、と3人も出てきてくれました!

店内のインスタ映えなフォトジェニックスポットをご紹介!

まずは入口入ってすぐのスペースには、カウンター席と、ボックス席が4つほど。

メニューボードやカトラリーも最高にフォトジェニック。

奥にもさらにボックス席が並ぶスペースがあり、店内の壁や天井には50年代のポスターや写真が所狭しと貼られている。まるでミュージアム!

懐かしいアイテムもあるんでは? ここはディズニーのキャラクターがたくさん。

どうやって貼ったんだろう・・・

学校の食堂みたいな雰囲気の2人掛けテーブルも。ここもフォトジェニックですね。

雑誌やガムなども販売。

さきほどのカウンターにも設置されていたこちら。各テーブルに置かれてこの箱の正体は、ジュークボックス。25セントを入れて、200曲ほどの中から好きな曲をチョイスできる。Eddie CochranのC’Mon Everybodyや、Bobby VeeのDevil Or Angelなど、どれも当時流行っていた曲ばかり。気分が上がりますね。

1950年代感じるアメリカンダイナーで食べたいのはコレ!

カリフォルニアバーガー$15.95、シェイク$6.49

はい、やっぱりハンバーガーですよね。メニューには、オムレツやバーガー、サンドイッチなど、典型的なアメリカンダイナーのグルメが勢揃いしています。ドリンクは、シェイクのメニューが豊富です。

こちらは人気メニューというカリフォルニアバーガーと、パイナップルバナナシェイク。オーソドックスな味わいですが、これぞアメリカを体感できるグルメの筆頭! シェイクは、期待を裏切らない、アメリカンな甘さ。グラスに入りきらないから、と、この2倍の量が入った別のグラスも一緒に出てきた(笑)。どこまでもアメリカン!全部どころか、このグラス一杯も飲み干せなかった……敗北感。

50年代を知っている世代の人からティーンまで、様々な世代の人たちが家族や友人、または一人で訪れていた「Cafe 50’s」。ヴィンテージファッションに身を包んで、こういう特別な空間を訪れる、そんな楽しみ方もできる同店。ぜひ、ロサンゼルスを訪れた際に立ち寄ってみてください。撮影の際には、ひと言声をかけるのはお忘れなく!

 

【DATA】
Cafe 50’s
11623 Santa Monica Blvd, Los Angeles, CA 90025

SHARE

PROFILE

内藤真依子

フォトグラファー

内藤真依子

静岡県出身。都内の大学を卒業後、マスコミ関係の仕事に携わる。退社後、心機一転しフォトグラファーとしてハワイへ移住。仕事を通じて技術と語学力を身につけ、2015年に以前から憧れていたロサンジェルスへ。クリエイター集団Seven Bros. Picture所属(http://seven-bros.com)

静岡県出身。都内の大学を卒業後、マスコミ関係の仕事に携わる。退社後、心機一転しフォトグラファーとしてハワイへ移住。仕事を通じて技術と語学力を身につけ、2015年に以前から憧れていたロサンジェルスへ。クリエイター集団Seven Bros. Picture所属(http://seven-bros.com)

CLUTCH Magazine TOPへ

No more pages to load