年に一度のお祭り! ロサンゼルスの歩行者天国は、ハイクオリティなモノが集まる買い物天国。

ロサンゼルスを中心にフォトグラファーとして走り回る毎日ですが、今回ご紹介するのは、私も初めての歩行者天国。ベニスにあるオシャレストリート、Abbot kinney boulevardをご存じでしょうか? とにかく広大で、お店がパラパラと点在していて、一か所に集まっているところが少ないロサンゼルスの中で、この通りはショップが軒を連ねていることもあり、週末には多くの人がショッピングに出かけます。

年に一度開催される「Abbot Kinney Festiva」

そんなAbbot kinney boulevardで、今年は9月27日に、年に一度のAbbot Kinney Festivalが行われました。私は初めて訪れたのですが、到着すると予想をはるかに上回る賑やかさ。Abbot kinney boulevardが歩行者天国となり、ポップアップショップがずらりと並び、テンションが上がる光景が広がります。

もともとAbbot kinney boulevardでお店を持っているショップだけでなく、その他のショップも出店し、約80店舗のベンダーが揃うかなりの規模。通りは歩くのも大変なくらい、人、人、人! 普段のロサンゼルスの街ではなかなか見ない光景です。

クラフト雑貨からファッションアイテムまで幅広く揃う。

出店しているベンダーは、ジャンルも様々。クラフト雑貨や古着、靴、セラミックなどなど、お土産にもなりそうなお手頃なものもたくさんありました。

カラフルなサンダルも。

着心地の良さそうなシャツ。

お土産にもなりそうなTシャツ。

とっても素敵なセラミックのプレート発見!

カラフルなものがたくさん揃います。

Maikoが気になったものを紹介!

こちらはVintage Prints。このへんのエリアや、ベニスで撮影された昔の写真や絵などが販売されていました。

こういうのって、いざ探そうとすると売ってないんですよね。いい感じのものが。オシャレでした。

続いてこちらは、Abbot kinney boulevardに店を構えるレザープロダクトの人気店WILL。海外の免税店にもたまに入ってるくらいポピュラーですね。

本格レザー小物もこの価格で手に入ります。

グローブにラグビーボールなんてものもあるんですね。

お手軽価格のポーチにこれはよく見かけますね。こちらもお手頃なバッグ。

普段は、気軽には買えないような金額の商品が、このイベントではかなりお得に手に入るとあって、人掛かりが。

こちらのバッグは$395が$150になってました! 半額以下!

こちらは「Clutch magazine」ご愛読者ならお馴染みの「The Stronghold」のニット帽。こちらも普段はやや大人プライスなショップだが、このイベントに向けて、手に入りやすいグッズを制作し販売。ビーニーやトートバッグ、エプロンなど、かなりお得になっており、私も勢い余って大人買いしてしまった。

ショップロゴがわかいいアイテムも。

帽子もお手頃でした。

こちらも「Clutch magazine」ではおなじみSTAGのブースもありました。

そしてこちらは、初めて出会ったシューズメーカー「TAKA」。ハンドメイド、プラントベースで作っているこだわりの靴たちが目を引きました。

フードトラックも出ているので、たっぷり楽しめる!

この歩行者天国には、フードトラックも出店。どこも長蛇の列ができていました。1日中ぶらぶらしていても楽しめる年に一度のイベント。ぜひ来年も訪れたいと思います!

【DATA】
Abbot Kinney Festival
1505 Abbot Kinney Blvd, Venice, CA 90291
https://www.abbotkinneyfestival.org

SHARE

PROFILE

内藤真依子

フォトグラファー

内藤真依子

静岡県出身。都内の大学を卒業後、マスコミ関係の仕事に携わる。退社後、心機一転しフォトグラファーとしてハワイへ移住。仕事を通じて技術と語学力を身につけ、2015年に以前から憧れていたロサンジェルスへ。クリエイター集団Seven Bros. Picture所属(http://seven-bros.com)

静岡県出身。都内の大学を卒業後、マスコミ関係の仕事に携わる。退社後、心機一転しフォトグラファーとしてハワイへ移住。仕事を通じて技術と語学力を身につけ、2015年に以前から憧れていたロサンジェルスへ。クリエイター集団Seven Bros. Picture所属(http://seven-bros.com)

No more pages to load