BRAND

  • Lightning
  • 2nd(セカンド)
  • CLUTCH Magazine
  • EVEN
  • BiCYCLE CLUB
  • RUNNING style
  • NALU
  • BLADES(ブレード)
  • RIDERS CLUB
  • CLUB HARLEY
  • DUCATI Magazine
  • flick!
  • 湘南スタイルmagazine
  • ハワイスタイル
  • トリコガイドシリーズ
  • buono
  • ei cooking
  • Yogini
  • ランドネ
  • PEAKS
  • フィールドライフ
  • SALT WORLD

24歳にしてフォロワー4万人を誇る、ヴィンテージコレクターのお気に入りアイテムとは?

私とTaylorとの出会いは、とある日のローズボール(LA最大のフリマ)。小柄で華奢な体型にフワフワヘアー。その可愛らしい雰囲気にぴったりなヴィンテージファッションに身を包む姿がパッと目を引いて、声をかけてスナップ写真を撮らせてもらったのが最初の出会い。それからというものの、様々なフリーマーケットで偶然出会うようになった。

Taylor Denae McGuire /1994年生まれ。Southern California出身。若干24歳にして、人気のヴィンテージコレクター。 インスタグラムのフォロワーは4万人を超える。

24歳にして、SNSでも人気を集めるヴィンテージコレクターのTaylor。彼女がヴィンテージの世界に足を踏み入れたのは、とても自然な流れだった。幼い頃、祖父母がよくアンティークショップに連れて行ってくれ、その時々におばあちゃんがコレクトしていたものをお店で見つけ出すのに夢中だったそうだ。

また、おばあちゃんの家に泊まった日には夜中にこっそり起きて、おばあちゃんの古いキャビネットを開けてワクワクしながら中を見ていたんだとか。間違いなく、おばあちゃんが今の彼女のインスピレーションとなっているという

そんなTaylorにとってのヴィンテージの魅力は、一つひとつのアイテムにそれぞれの歴史があって、それをリサーチしたり、ディテールのこだわりを見つけられることだとか。ヴィンテージの中でも特に1800年後半から1950年代のものが好きだというTaylorは、日々田舎町へロードトリップに出かけ、宝探しをしている。

そんな彼女に今回、最近のお気に入りアイテムを見せてもらった。

ヴィンテージ界のインフルエンサーTaylorのお気に入りベスト5

1940s Chimayo handwoven sport jacket

Detailまでとても手が込んでいるジャケットで、お気に入り。スナップで着用しているのもこちら。コーデュロイのジャケットとチマヨベストが一体化したようなデザイン。

1940s-50s Drum Major denim chore coat

手に入れた時は襟の後ろの部分が切れかけていて、ポケットも取れそうだったのを、直して愛用しているのだそう。ボロボロになっているものも、直して着るのがTaylor流。

1950s V Stitch Sweatshirt

「とても着心地が良くて何にでも合うからお気に入り」。見るからにクタッとした、柔らかくなった質感もヴィンテージならではの魅力。

1940s-50s French Salt & Pepper chore dress

これまでに何度も何度も修復されてきたと思われるジャケット。大事にされてきたんだなというのが分かる。それを受け継ぐのもヴィンテージの喜びのひとつだ。

1940s Journal delivery bag

普段よく使っている、新聞配達用の斜めがけバッグ。かつて新聞配達をしていた人によく話しかけられるのだとか。

ヴィンテージハンティングの旅に出る時以外は、デニムなどの修復をしたり、アンティークショップで古い写真を見て、当時彼らが何をして、何を着ていたか、今との違いを見ることに時間を費やしているんだそうだ。Taylorがあちこち旅して見つけ出すヴィンテージアイテムの数々は、彼女のインスタグラムでチェックすることができる。Instagram: @denae5 をぜひチェックしてみて!

Vintage collector/seller
Taylor Denae McGuire

SHARE

PROFILE

内藤真依子

フォトグラファー

内藤真依子

静岡県出身。都内の大学を卒業後、マスコミ関係の仕事に携わる。退社後、心機一転しフォトグラファーとしてハワイへ移住。仕事を通じて技術と語学力を身につけ、2015年に以前から憧れていたロサンジェルスへ。クリエイター集団Seven Bros. Picture所属(http://seven-bros.com)

内藤真依子の記事一覧

静岡県出身。都内の大学を卒業後、マスコミ関係の仕事に携わる。退社後、心機一転しフォトグラファーとしてハワイへ移住。仕事を通じて技術と語学力を身につけ、2015年に以前から憧れていたロサンジェルスへ。クリエイター集団Seven Bros. Picture所属(http://seven-bros.com)

内藤真依子の記事一覧

No more pages to load