BRAND

  • Lightning
  • 2nd(セカンド)
  • CLUTCH Magazine
  • EVEN
  • BiCYCLE CLUB
  • RUNNING style
  • NALU
  • BLADES(ブレード)
  • RIDERS CLUB
  • CLUB HARLEY
  • DUCATI Magazine
  • flick!
  • じゆけんTV
  • 湘南スタイルmagazine
  • ハワイスタイル
  • トリコガイドシリーズ
  • buono
  • ei cooking
  • Yogini
  • ランドネ
  • PEAKS
  • フィールドライフ
  • SALT WORLD

【LA】おじさんたちが目を輝かすトイショーに潜入!

ロサンゼルスのダウンタウンから車で15分ほど北上したところにある街グレンデールのとあるイベント会場で、「Glendale All American Toy and Advertising Show」が行われるということで足を運んでみました。

※取材は1月中に行いました。

ヴィンテージトイが勢ぞろい!

グレンデールのイベント会場に到着!

トイショーと聞いて、子供達が多いのかと想像しながら行ったのですが、着いてみると目をキラキラと輝かせたおじさんたちが会場を埋め尽くしていました。それもそのはず、広い会場にびっしりと並ぶヴィンテージトイたちは、驚くほどクールなものばかり!

貴重なアイテムがずらりと並びます。上の写真はマッチの入ったボックス。下のコミックスはヴィンテージの貴重なもの。真ん中のスーパーボーイのコミック(当時は10セント)はなんと1250ドル! 左のバットマンも350ドル……すごい!

昔のタバコ。未開封のものもありました。

このかわいいパッケージは、左がクレンザーで、右は殺虫剤。レトロな雰囲気がインテリアにもマッチしそう。

サイン、看板も豊富にそろう!

オモチャとアドバタイズメントショーということで、サインもたくさん発見。こちらのサインは895ドル。

こちらのペプシのドリンクサーバーは、1200ドル。

ガレージに飾りたくなるような、カラフルな看板がずらりと陳列。この温度計はひとつ500ドルくらい。日本でおしゃれで状態のいいヴィンテージの看板やサインを探すとなると種類に限りがあるけれど、ここなら絶対お気に入りがみつかりそう。

こちらのシェフの置き物は1200ドル。

宣伝用のコーヒーミル。写真ではわかりにくいですが、通常のものよりだいぶ大きい!

もちろんオモチャも貴重なものがたくさん!

ブリキのオモチャたち。上の警察と警察犬のオモチャは175ドル、下のサルの警察は95ドル。ポリスものがなぜか多かったコナー。

ヴィンテージソックモンキーは50ドル。なんとも言えない表情。

クルマのおもちゃも。下のタンクトラックのオモチャはなんと2600ドル! とっても貴重なものなんだそう。

雑誌やコミックスは会場中に豊富にそろっていました。クルマ好きの皆さんにおすすめです。

ベンダーも、来場者も、マニアックな話をして盛り上がりながら買い物を楽しんでいました。

見ているだけで映画の世界にいるような、ザ・アメリカ!な世界がそこかしこに。お手頃価格のものも多いので、ちょっとお土産にひとつ……と思うとあっという間に時間が過ぎてしまいました。

おっと、タコベルの看板発見! 1960年代のものでお値段3200ドル。すごい!

ヴィンテージの時計って、文字盤が味があっていいですよね。これは小さく見えますが、大きな掛け時計なんです。

ネイティブアメリカンの人形たちはなんで右上見てるんでしょうか。

セクシーな人形のそばで靴を修理してる人にクマ……なかなかカオスなコーナーも。

こんな感じで、細かいものまで見ていけばあっという間に1日が過ぎてしまうほどの充実度。想像をはるかに超える面白さで圧倒されてしまいました。イベントは定期的に行われているので、公式サイト(https://www.facebook.com/glendaleshow/)をチェックしてみてください!

【DATA】
Glendale All American Toy and Advertising Show
日時:1月18日
場所:Glendale Civic Auditorium

SHARE

PROFILE

内藤真依子

フォトグラファー

内藤真依子

静岡県出身。都内の大学を卒業後、マスコミ関係の仕事に携わる。退社後、心機一転しフォトグラファーとしてハワイへ移住。仕事を通じて技術と語学力を身につけ、2015年に以前から憧れていたロサンジェルスへ。クリエイター集団Seven Bros. Picture所属(http://seven-bros.com)

内藤真依子の記事一覧

静岡県出身。都内の大学を卒業後、マスコミ関係の仕事に携わる。退社後、心機一転しフォトグラファーとしてハワイへ移住。仕事を通じて技術と語学力を身につけ、2015年に以前から憧れていたロサンジェルスへ。クリエイター集団Seven Bros. Picture所属(http://seven-bros.com)

内藤真依子の記事一覧

No more pages to load