【DUCATI名車図鑑】たった20台だけ生産されたF2レーサー レーシングパンタ

ドゥカティの歴史の中で、わずか20台しか生産されなかったという伝説のマシンがあるのをご存じだろうか? T.T.F-2クラスのシリーズチャンピオンを獲得したワークスのパンタがそれだ。今回は「ドゥカティグラビティ」と称して、レーシングパンダという希少なバイクを紹介したい。

’81年から4年連続で、T.T.F-2クラスのシリーズチャンピオンを獲得したワークスパンタ。’81年に製作されたワークスパンタをフルコピーした市販レーサーがわずか20台のみ生産されたのだ。

4年連続チャンピオンを取った名車

トニー・ラッター選手のライディングによってTTF-2世界選手権で4年連続世界チャンピオンに輝いたという実績を持つワークスパンタ。このマシンをフルコピーし、’82年にわずか20台のみ生産されたマシンがレーシングパンタである。この内の数台はドゥカテイの実質的なワークス活動を行っていたNCRへ渡され、他は記念車的意味をを込めて各国に1台ずつ、日本には2台が配られた。写真のマシンはこの内の1台である。
エンジンは600SLパンタをベースにボアを1mm拡大して81.0mmX58•0mm、排気量597ccとされた。これにチューンアップが施され、実に78ps/1万500rpmまで高められている。また、ワークスマシンと全く同じ構成のフレームと足まわりを持ち、鋼管丸パイプ、トラス構造が特徴的なフレームはイタリアのフレーム専門メーカーのベルリッキ製。ステアリングヘッド部分とセンターで幅が狭くなるメインフレームと、その狭くなった部分にブリッジさせてモノショックをつり下げるサブフレームによる構造は集中する応力をフレーム全体に分散させる絶妙な設定となっている。また、スイングアームのピボットをクランクケース後端が兼ねるという現代のドヴカティに通じるフレーム構成であった。足まわりはボトムケースをマグネシウムとしたマルゾッキ製レース用フロントフォーク、リヤはマルゾッキ製リザーバータンク付きを装備。ブレーキはブレンボ製で、フロントには当時としては非常に高価なフローティングタイプが装備された。また、非常に軽量に仕上げられ、250ccクラス並に超コンパクトに仕上げられた。この軽量なボディによって、エンジンのポテンシャルもフルに発揮できたのである。

扱いやすいハンドリング

ハンドリングは扱いやすいニュートラルステアで、あらゆる状況において素直である。フルブレーキングやパーシャル状態、そして加速と、状況の変化に対し、影響を受けにくい。4年連続チャンピオンを獲得したのも納得できるマシン。まさに、ワークスマシンそのものといっても差し支えないだろう。
このマシンを製作したのはフレームこそベルリッキ社ではあるが、その他はドゥカテイのレーシング部門として独立していた、NCRであった。
NCRは、元は全員がモンディアルのスタッフで、ドゥカティに入りレース活動を行い’59年イタリアGPでドゥカテイ125ccGPワークスマシンを優勝させた。この年に、ドゥカティはNCRにレース関係の開発を全て委託したのである。ドゥカテイのレーシングマシンにはNCRのチューニングパーツが数多く使われ、数多くのドゥカティファンの間で現在でも、神話的存在となっているのだ。
当時から、ドゥカテイやNCR、ベルリッキ社は、時代をリードするレーシングテクノロジーを備えており、レーシングパンタは究極の4ストロークレーシングマシンと形容された。また、翌年にはフロントを16インチホイールに変更(’82年型は18インチ)した’83年型が30台生産された。
レーシングパンタの成功は、後に市販車にフィードバックされ、ワークスマシンのコピーともいえる75OF1、そして新世代のドゥカティヘと受け継がれていったのである。

湿式クラッチやφ36mmのデロルトキャプレターなど エンジンは軽量コンパクトなコグドペルトの600SLをベースとしながら排気量はポアを1mmℓ拡大し,_597ccとされた。ワークスパンタと同仕様の2in1マフラーなどによりチューンナップされ78psを発揮する。 コグドペルトカパーはそっくり外されている。

【DUCATI RACINGOANTAH’82 SPECIFICATIONS】

●エンジン:空冷4ストローク90L型2気筒●パルプ:SOHC2バルプ●内径X工●:81.OmmX 58.0mm●総排気量:597.44cc●最高出力:78ps/10,500rpm●潤滑方式:ウエットサンプ●始動方式:セルフスターター●点火方式:トランジス夕●キャプレター:デロルトPHMφ40mm●クラッチ:湿式多板●Fサスペンション:テレスコピック●Rサスペンション:スイングアーム●Fダンパー:オイルダンパー●Rダンバー:オイルダンパー●フレーム:ダイヤモンド●Fブレーキ:油圧式ダプルディスク●Rブレーキ:油庄式ディスク

 

SHARE

PROFILE

FUNQ

趣味の時代に読むメディア

FUNQ

趣味の専門誌を届けてきた私たちが世界中の人に向けて、趣味の世界への入り口をつくりました。彩りに満ちた人生の新たな1ページが、ここから始まります。

FUNQの記事一覧

趣味の専門誌を届けてきた私たちが世界中の人に向けて、趣味の世界への入り口をつくりました。彩りに満ちた人生の新たな1ページが、ここから始まります。

FUNQの記事一覧

DUCATI Magazine TOPへ

No more pages to load