BRAND

  • Lightning
  • 2nd(セカンド)
  • CLUTCH Magazine
  • EVEN
  • BiCYCLE CLUB
  • RUNNING style
  • NALU
  • BLADES(ブレード)
  • RIDERS CLUB
  • CLUB HARLEY
  • DUCATI Magazine
  • flick!
  • 湘南スタイルmagazine
  • ハワイスタイル
  • トリコガイドシリーズ
  • buono
  • ei cooking
  • Yogini
  • ランドネ
  • PEAKS
  • フィールドライフ
  • SALT WORLD

ドゥカティを旅仕様にモディファイする方法!

ドゥカティだって旅バイクに変身できる! ツーリングを楽しもう

美しい景色や素敵な温泉、グルメなどちょっと旅に出たいと思ったときにドゥカティで悩むのは積載の難しさそんな愛車の旅機能を上げよう。

美しくてカッコよく、走れば楽しいドゥカティ。ですが、唯一とも言える弱点が“何かを積ませる気がない構造”。車種専用の純正バッグはあるものの、ほとんどのモデルがそれ以外の物の装着を拒むかのように、フックなどを引っ掛ける場所が極端に少ないのだ。また、シートやタンクがスリムなのでバッグを安定させるのも難しかったり……。そもそもバイクのスタイリングを崩したくないのでバッグは使わないという人も少なくない。

では、スタイルを崩さないようキレイに、そして安全に積載量を増やせるとしたら……?

ドカで旅して新たな一歩を! 用途に合わせてバッグを選ぼう

まずは持っていきたい荷物の量や種類から、適したバッグを選ぼう。大きすぎるとバッグの形が崩れたり、乗り降りや走行時に邪魔になるし、小さすぎると本末転倒。使うシーンや重量などをイメージしながらベストチョイスをしよう。

Seat Bagシートバッグ

休憩の度には使わないが、必要な時にサッと取り出したい、大きめの物を入れると良い
GOLDWIN X-OVERリアバッグ24 価格:1万3824円 問/ ゴールドウインhttp://www.goldwin.co.jp/gw/motorcycle/

Tank Bagタンクバッグ

走行時の邪魔にならない小ぶりサイズがお薦め。ナビを入れられる窓付きタイプも豊富

GOLDWIN スポーツシェイプ マグネットタンク バッグ4 価格:9504円 問/ ゴールドウイン http://www.goldwin.co.jp/gw/motorcycle/

Side Bagサイドバッグ

宿に着くまで使わない大きい物を入れる。左右の重さは均等か、左を少し重めにすると良い

GOLDWIN スポーツシェイプ サイドバッグ12 価格:1万2420円 問/ ゴールドウイン http://www.goldwin.co.jp/gw/motorcycle/

正しく装着して美しく! 美しい積載は安全性も高い

写真のを比べてみよう。写真上は、高速道路やSAなどで見かける、今にも落ちそうな積載バッグ。これは見た目の美しさがないだけでなく、転落や車体への巻き込みなどで自身や周囲への危険がいっぱいだ。写真下のようにベルトのテンションを適正に、ウインカーなどへの干渉がないか確認しよう。

押さえておくべき積載のコツ

テールカウルを外しておく

カウルの上に装着するとバッグが滑りやすいので、旅する際はあらかじめ外しておくと、バッグの裏のグリップ面がしっかり接する

ベルトの余りは巻いて処理

装着したバッグのベルトが余ったら、テンションがかかった部分へ巻くように処理。走行中のバタつきや緩みを防止できる

パイプフレームを利用する

吸盤や磁石タイプのタンクバッグでも補助ベルトは付属している。ドカのパイプフレームはそれらの装着にはうってつけなのだ

タンデムステップを利用する

タンデムステップは荷掛フックとして利用すると良い。引っ掛ける場所が足りない場合は下のようなフック増設アイテムを活用しよう

MotoFizz 右:カーゴフック 価格:1080円 左:シートフック

価格:1188円 問/タナックス http://www.tanax.co.jp/

重さによって積載位置を調整

バッグの中の荷物配置でも工夫を。重いものは前方・下方になるように意識すると荷崩れ防止に一役。複数のバッグを積むなら最後にネットタイプを被せると安心だ

ロープは均等なテンションで留める

バイク用ではないバッグを積むならネットや網タイプで固定。ロープは上図の順に留めていくと安定性が高い。ロープのテンションがバラバラだと荷崩れの原因になる

 

 

 

 

SHARE

PROFILE

DUCATI Magazine 編集部

DUCATI Magazine 編集部

情熱を意味する真っ赤なボディで駆け抜ける、イタリアを代表するバイク「ドゥカティ」。世界のレースシーンで培った技術、ストーリーを凝縮した専門マガジン。

DUCATI Magazine 編集部の記事一覧

情熱を意味する真っ赤なボディで駆け抜ける、イタリアを代表するバイク「ドゥカティ」。世界のレースシーンで培った技術、ストーリーを凝縮した専門マガジン。

DUCATI Magazine 編集部の記事一覧

No more pages to load