BRAND

  • Lightning
  • 2nd(セカンド)
  • CLUTCH Magazine
  • EVEN
  • BiCYCLE CLUB
  • RUNNING style
  • NALU
  • BLADES(ブレード)
  • RIDERS CLUB
  • CLUB HARLEY
  • DUCATI Magazine
  • flick!
  • 湘南スタイルmagazine
  • ハワイスタイル
  • トリコガイドシリーズ
  • buono
  • ei cooking
  • Yogini
  • ランドネ
  • PEAKS
  • フィールドライフ
  • SALT WORLD

【DUCATI】その脱がせ方でスムーズに!? ドゥカティを丸裸SSモデルのポイント公開

プロが伝授する正しいドゥカティの脱がせ方!? スーパースポーツ後編

メンテナンスやカスタムするには、まずはタンクや外装を外さないと始まらない……けれど、今どきのバイクはこれが難しい。それならプロに“ 脱がし方”を教えてもらおう!

今回は、前回に引き続きドゥカティの正しい脱がせ方、というテーマの後編をお届けする。前回のサイドカウル編、ミラー&フロントカウル編に引き続き、目的に合わせて、外していけるように、今回はテールカウル編、フロントフェンダー編、ガソリンタンク編を後半として公開していこう。

ドカのプロが指南「無理せずに試してね!!」

ドゥカティ川崎 DATA 神奈川県川崎市高津区千年43-1 ☎044-798-1213 http://www.ducati-kawasaki.com/ 営業時間:10:00 ~ 19:00 定休日:火曜・第2水曜
メカニック 渡邊政和さん 笑顔が爽やかな35歳。20歳からドゥカティ川崎で働く生粋のドカプロ。愛車もドカを乗り継いで、現在はパニガーレRだ!

テールカウル編

最初にキーでシートを外してから作業。テールカウル裏側のパネルを外せば、左右どちらからでも外せるが、最初にシートロックのケーブルを外しておいたほうが作業がラクだ。組み付け時は前端のタンク側のラバーのグロメットが押されて外れないように注意しながらテールカウル側のピンを差し込もう。

その1.シートロックのケーブルを外す

右シートカウルのシートロックのキーシリンダー(カウル内側)にセットされたケーブル。まずアウター側を指で引っ張ると、ホルダーから外すことができる。次にインナーワイヤーをアームの溝に合わせて、タイコ部分を外す

その2.右テールカウルを外す

最初に外す

テールカウル裏側のパネルを留めている4本のボルトをヘキサゴンレンチで外す
シートレールに留めているボルト2本を外した後、前端のグロメットからカウルを外側に引いて外す

その3.左テールカウルを外す

右側と同様に左テールカウルを外す。ちなみに取り付け時は絶対にシートロックのケーブルを繋いでからシートを装着すること。忘れるとシートが外せない!

フロントフェンダー編

フェンダー後端のホース/ケーブルのクランプのボルトを、トルクスレンチで外す(写真上)
フォークに固定しているボルト(左右各2本、計4本)をヘキサゴンレンチで外す(写真下)

難易度高! ガソリンタンク編

ガソリンタンクを外すには、特殊な工具等が必要なわけではないが少々難易度が高いので無理は禁物。左に記したホースバンドなどは、構造を理解できれば難しくないが……。またタンク裏側のコネクターやホースを外す際には、仲間に手伝ってもらって2人で作業するのが得策だ。

その1. ホースのバンドを外す

タンク左側の前側の下、フレームの隙間からタンクのエアブリーザーと水抜きのホースが見えるので、ホースバンドを外してホースの連結部を抜いておく

タンク側の2カ所(矢印)のバンドを外してホースジョイントを抜く(緩めたバンドはホースから外しておく)。ホースバンドは真ん中の山をドライバーで軽くコジって持ち上げるとロックが外れて緩み、両側の山をラジオペンチで挟んで閉じれば締まる
●バンドが閉じた状態 ⇒ ドライバーでコジると開く●バンドが開いた状態 ⇒ ラジオペンチで挟んで閉じる

その2. ボルトを外す

タンクの後端のクランプを留めているボルトをトルクスレンチで外す。タンク前側はキーの両側のボルトを4mm、左下のボルトを5mmのヘキサゴンレンチで外す

その3.コネクターとガソリンホースを外す

タンクの後端を少しだけ持ち上げ(上げ過ぎると配線が傷むので注意)矢印の3カ所のコネクターを外す。真ん中のアース以外はロックのツメを押して外すこと
燃料ホースのカプラーは、リングのギザギザ部分を指でしっかり摘まむとロックが外れるので、その状態で引き抜く。少量だがガソリンが垂れるので下にウエスを敷いておく

タンクを外せばエアフィルターにアクセスできる

エアフィルターの交換は容易で、後ろ気筒のプラグ交換も可能。電装パーツなど、メーター側からテール側に配線を通す場合、タンクを外して配線すればスッキリする。

CHECK  組み立ては取り外しの逆の手順でOKだが……

注意すべきはグロメットにピンを差し込む時で、むやみに押し込むとグロメットが外れて落ちるので、ピン側に薄く潤滑剤(ラバーグリスやシリコン系のグリスなど)を塗布すると良い(次に外す時もラクだ)。また、配線類を挟み込まないように気を付けよう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

SHARE

PROFILE

DUCATI Magazine 編集部

DUCATI Magazine 編集部

情熱を意味する真っ赤なボディで駆け抜ける、イタリアを代表するバイク「ドゥカティ」。世界のレースシーンで培った技術、ストーリーを凝縮した専門マガジン。

DUCATI Magazine 編集部の記事一覧

情熱を意味する真っ赤なボディで駆け抜ける、イタリアを代表するバイク「ドゥカティ」。世界のレースシーンで培った技術、ストーリーを凝縮した専門マガジン。

DUCATI Magazine 編集部の記事一覧

No more pages to load