【959 PANIGALE】プロが教えるパニガーレを脱がsuテクニック

ドゥカティの脱がせ方!?教えます。959 PANIGALE編

外装パーツや燃料タンクを外さないとメンテナンスやカスタムできないことも多いけれどストリップにすればスーパーバイクならではのメカニズムや機能美を存分に見て楽しめる!!

今回は、好評だったドゥカティ・SSモデルの外装の外し方を「脱がし方」と称してお届けする第2弾。今回は959パニガーレを参考モデルとして基本的な外装の外し方をサイドカウル編、ミラー&フロントカウル編としてお届けいていこう。工具もホームセンターで購入できるツールなので、トライ&マシンを理解する機会にもってこいなのだ。

プロショップにポイントを聞いてみた

ドゥカティ川崎 メカニック 渡邊政和さん。笑顔が爽やかな34歳。20歳からドゥカティ川崎で働く生粋のドカプロ。愛車もドカを乗り継いで、現在はパニガーレRだ!

ドゥカティ川崎 神奈川県川崎市高津区千年43-1 TEL:044-798-1213 http://www.ducati-kawasaki.com/ 営業時間:10:00 ~ 19:00 定休日:火曜日・第2 水曜日

ボルトの多さにビビるけど思ったより簡単……かも

ドゥカティといえばスーパーバイク。そしてスーパーバイクといえばフルカウル。というわけで、今回は959パニガーレコルセが題材だ。1299も基本的に同じなので、ぜひご参考に。

昔のフルカウル車と比べてなにが大変かといえば、隠されたツメやグロメットと、とにかくボルトが多いこと。最高速度もグンと飛躍しているので、空気抵抗でカウルがバタついたりしないように、というのも理由のひとつだ。

ボルトの種類が多いので、取り付け時に間違えないよう注意は必要だけど、プロの教えに従って手順を追えば意外と簡単!? 脱がして隅々まで眺めると楽しいぞ!

1299 PANIGALEも基本的に同じ

外装パーツ類は基本的に同じだが、マフラーが違うためサイドカウル下部の形状が異なる。またカーボン製インナーカウルを採用するモデルは、着脱が若干困難かも……

今回使用した工具

8mmのボルトおよびナットが数カ所あるが、いずれもスパナでは回せないためソケットレンチが必用。コンパクトな6.3.sq.がオススメだ。


画像左から:①ラジオペンチ ②ニッパー ③-ドライバー ④ T10トルクスレンチ ⑤ 5mmヘキサゴンレンチ ⑥ 4mmヘキサゴンレンチ ⑦ 3mmヘキサゴンレンチ ⑧2.5mmヘキサゴンレンチ ⑨ 8mmソケットレンチ (およびハンドル&エクステンション)

サイドカウル編

最初にキーシリンダー周りとフロントのインナーカウル(左右)を外す。サイドカウルは左右どちらからでも外せるが、下面前方の左右カウルを連結するボルトを忘れずに外すこと。またサイドカウルを固定するボルトはサイズが3種混在するので、工具の選択や組付け時も間違えないように気を付けよう。

STEP1.インナーカバーを外す

最初にキーシリンダー周りのインナーカバーを外す。ボルトは内側2本が4mm、外側2本は3mmなので間違えないように
フロントカウルのインナーカバーを左右とも外す(写真は右側)。タンク側の端をつまみ、前方向に引っ張ってツメ(矢印)を外す
インナーカバー全体を前方向に引っ張りながら、サイドカウルと噛み合うツメ(3カ所)を外し、インナーカバーを上方向に外す

組み立て時に注意!

インナーカバー下部にはサイドカウルのインナーカウル(ラジエター前方)と噛み合うツメがあるので、組み立て時は写真にようにきちんと嵌めないとカバーがフォークに当たる

STEP2.サイドカウルを外す

フロントインナーカウルの上部前端のボルト(2.5mm)をワッシャーごと外す。このボルト穴には、サイドカウルとインナーカウルの間にカラーが挟まっているので脱落や紛失に注意!
フロントインナーカウルとサイドカウルを留めているボルト(3mm)を外す
サイドカウル下面の中央前方にある、左右のサイドカウルを連結しているボルト(4mm)を外す
サイドカウルの下面の後方(側方)にあるボルト(4mm。左右のサイドカウルで1本ずつ)を外す
左サイドカウルはサイドスタンド部分、右カウルはクラッチカバーの下側後方のボルト(3mm)を外す
車体後ろから前方に向かって留めているボルト(3mm)を外す。見えにくいので外し忘れないように注意!
サイドカウルは電装品のホルダー部分と、グロメットとツメで噛み合っている。すべてのボルトを外した後、カウルのこの周辺を側方に引いてグロメットから抜きつつ、前方に引いてツメを抜いてサイドカウル全体を外す

注意:上部の4本のボルトは3mm。サイドカウルの上下を繋ぐボルトは外さなくてOK

右サイドカウルを外せば冷却水を補充できる

冷却水のレベルチェックはカウルを装着したまま出来るが、補充は右カウルを外さないと無理。作業はエンジンが冷えた状態で!

左サイドカウルを外すとバッテリーやオイルフィルターにアクセスできる

バッテリーの充電や交換、ナビなど電装パーツの電源を取るなど、左カウルを外して行う作業は多い。オイル交換はカウル装着状態でも行えるが、オイルフィルター(右写真の〇印)を交換するには左カウルを外す必要がある。

ミラー&フロントカウル編

STEP1.ミラーを外す

ミラーを片手で保持しながら、フロントカウルの内側のカウルステーとミラーを共締めしているボルト(各2本。4mm)を外す
フロントカウルを少し浮かせ気味にしながら、ウインカーの配線に無理な力がかからないように気をつけてゆっくりと引き出す
ウインカーのコネクターまで引き出したら、ロックの部分を爪で押しながら引き抜く。配線を引っ張って抜かないこと!

STEP2.フロントカウルを外す

写真左:フロントカウル左側の後端の、電装ハーネスを束ねて固定している結束バンドをニッパーで切って外す(再使用できなので、新品を用意しておくこと)写真右:フロントカウル下面の、黒い樹脂製カバーを留めているボルト(右矢印=車体前側3mm、左矢印=後ろ側4mm)のボルトを外す
写真左:フロントカウルの側面下側、フロントインナーカウルに留めているクイックファスナー(左右)を、真ん中のピンを押し込んで外すと黒い樹脂製カバーが外せる。写真右:アルミ製のメーター&カウルステーの両端のボルト(8mm)を、ソケットレンチで外す。フロントカウルを左右に広げ気味にしながら前方に引っ張って外す

組み立て時に注意! ツメとフックを引っかける

黒い樹脂製カバーの内側にはフロントカウルのツメが引っかかるフックがある。カバーを後ろから前方に向けて引っかけてからボルト類で固定
写真上:ミラーを固定するアルミ製のステーとフロントカウルの間にはラバーが挟まるので、脱落や紛失に注意!写真下:ライトの真ん中にグロメットがあり、カウル側のピンが刺さる。ラバーグリスなどを塗ると組み立てやすい

車載工具はコレだけ……

4、3mmのヘキサゴンレンチと8/10mmのスパナ、ドライバーとプラグレンチ……なので、外せるのはミラーくらい。点火プラグに到達できないので、プラグレンチは携帯しなくて良いかも……だ。

ボルトの種類に注意!

ボルトは同じネジ径でも、首下の長さが異なったりカラー付きだったりと種類はさまざま。だから分解時に、どこにどのボルトを使っていたかをきちんと記録しておくことが大切。メモして区分けするか、スマホで撮影しておくのもひとつの手だ。

 

 

 

 

 

 

SHARE

PROFILE

DUCATI Magazine 編集部

DUCATI Magazine 編集部

情熱を意味する真っ赤なボディで駆け抜ける、イタリアを代表するバイク「ドゥカティ」。世界のレースシーンで培った技術、ストーリーを凝縮した専門マガジン。

DUCATI Magazine 編集部の記事一覧

情熱を意味する真っ赤なボディで駆け抜ける、イタリアを代表するバイク「ドゥカティ」。世界のレースシーンで培った技術、ストーリーを凝縮した専門マガジン。

DUCATI Magazine 編集部の記事一覧

DUCATI Magazine TOPへ

No more pages to load