【DUCATI】ディアベルを脱がせてあげたら、秘密のポイントがいっぱい!?

ドゥカティの脱がせ方!? ディアベル前編

ドゥカティの概念を打ち破るマッシブなディアベルは ツーリングからカスタムまで楽しみ方もさまざま それだけに“脱がせたい”オーナーも多いはず 意外と行程が多いから、無理せずにチャレンジ!

今回は2回にわたり、ディアベルのオーナーにとくに興味深い外装のメンテ作業におけるポイントをお届けする。日常的な工具でできる作業のうち、前編として、バッテリー編、ヘッドライト&ハンドルのメーター編、シュラウド&タンクのメーター編をお届けしよう。あまり無理をせずに理解できる内容を実施することをオススメする。

ネイキッドなのに バラすのは意外と大変 !?

マッシブなスタイルながら、ド カならではのハンドリングで、足 着きの良さやツーリングの快適性 も同時に味わえるマシンとして人 気ディアベルは、ナビやETCな ど電装パーツを装着する人が多い。というワケで、外装パーツを脱着 したいオーナーも少なくない。と はいえ、タンクのカバーを外すに は相応に行程が多い。なので今回 は、“そこに至るまで”も含めて 詳細に解説。

今回脱がしたのは 限定車のDIESEL

初期型も基本的に同じ。2011年に登場したディ アベルは’15年にマイナ ーチェンジ。ライト周り の形状が異なるが、外装 パーツ類の脱着作業は初 期型から現行モデルまで 基本的に同じだ

無理せずに試してね

メカニック 渡邊政和さん 笑顔が爽やかな34歳。20歳から ドゥカティ川崎で働く生粋のドカ プロ。愛車もドカを乗り継いで、 現在はパニガーレRだ!
ドゥカティ川崎:神奈川県川崎市高津区千年43-1 TEL:044-798-1213 http://www.ducati-kawasaki.com/ 営業時間:10:00~19:00 定休日:火曜日・第2水曜日

 

2011年の初代誕生から現在 まで、ディアベルにはさまざまな 仕様や限定モデルが登場している が、(ボルトのサイズが異なる個 所などは若干ある)基本的に構造 は同じ。参考にしてほしい。

今回使った工具

メーターが8mmナットで固定さ れているが、スパナでは回せない のでソケットレンチが必用。コン パクトな6.3.sq.がオススメだ。左から①ラジオペンチ ②ニッパー ③5mmヘキサゴンレンチ ④4 mmヘキサゴンレンチ ⑤3 mmヘキサゴンレンチ ⑥2.5 mmヘキサゴンレンチ ⑦8mmソケットレンチ (およびハンドル&エクステンション) ⑧10mmスパナ

バッテリー編

STEP1.アンダーカウル(左側)を外す

アンダーカウル前面の、インナーカウ ルのネット側から留めているボルト(ココだけ3mm)を外す
アンダーカウルの下面の前方にあるボルト(4mm)を外す。カウル上面のボルトと同じ長いサイズだ
目印左:左側アンダーカウルの上面から留めているボルト(4mm。長い) を外す。目印右:側面のボルト(4mm)を外す。 このボルトのみ短く、ナイロンワッシャが入っているので注意

STEP2.バッテリーのホルダーを外す

アンダーカウルの左側カバ ーを外すとバッテリーが見 える。黒い樹脂製のバッテ リーホルダーを留めているボルト2本(4mm)を外す

STEP3.バッテリーの端子を外す

メンテの基本とは反対だが “+端子”から外す

写真上:赤い配線が繋がった+端子のボルト を10mmのスパナで外す。周囲に金 属パーツは少ないが、スパナが触れな いよう慎重に作業。写真中:バッテリーを少し引き出し、奥にある-端子のボルトを外す。写真下:バッテリーを引き出す

組み立て時に注意!

バッテリーの端子を外すと、メーターに表示される時計の時刻が狂ってしまうので、作業後は時計の“時間合わせ”を忘れずに。やり 方はバイクに付属するハンドブックに記載されている

ボルトの種類に注意!

ボルトはネジ径が同じでも、 首下の長さが異なったりワッ シャが入ったりとさまざま。 分解時に“ドコにどのボルト” を使っているのかメモして作 業パートごとに区分けしたり、 スマホで撮影しておこう。

車載工具は比較的充実

3、4、5、6mmのヘキサゴ ンレンチと8、10mmのスパ ナ、ドライバーとプラグレン チ、ヒューズ外し。ドカの中 では比較的充実しているので、 バッテリーにはアクセスでき るが、他の作業には不十分。

ヘッドライト&ハンドルのメーター編

使用工具:タンク(カバー)を外すにはタンクのメーターを外す必要があるが、先にハンドルのメーターを外しておかないと、干渉して外せない。今回作業 したDISELはライト上部のカバーが長いため、先にライトを外さないと作 業できないが、STDモデルはライトを外さなくてもメーターを取り外せる。

ヘッドライト

STEP1.コネクターを外す

写真上:ハンドルを右側にフルロックまで 切る 写真中:配線を束ねている結束バン ドをニッパーで切り、(再使用でき ないので新品を用意しておくこと) コネクター2個を上方向にズラして フレームのステーから外す 写真下:ロッ クのツメを押してコネクターを抜い たら、ハンドルを真っ直ぐに戻す

STEP2.ライトを外す

写真上:ヘッドライトの下の袋ナット(左 右2個)を、10mmのスパナで外す 写真中:ライト下部を手前に引き、次に全 体を上方向に上げて車体側のピンか らライト側のグロメットを抜けば外 れる。写真下:アンダーブラケット側ボルトの緩み止めのスプリングワッシャを、落として無くさないよう注意

ハンドルのメーター

ハンドルのメーター ※STDモデルの場合

写真上:ヘッドライト上の樹脂製のカバー(モデルによっては小型のスクリー ン)はグロメットにピンを差して留めているので、手で持って手前に引っ張れば取り外すことができる 写真下:ハンドルの左右のライザーを繋ぐプレート(写真はDIESELでプレート が小さいが、STDモデルは下方向に長い)を留めているボルト4本(5mm)を緩めてプレートを外す
ハンドルのメーターに刺さっているコネクターを、ロックのツメを押して抜く(直接 見えないので手探りで作業)。真ん中の写真 はメーターを外して撮影したコネクターの状態。コレを参考にコネクターを抜こう
正面からハンドルバーの下を覗き込むと、奥まった場所にメーターを留 めているナット4個(8mm)が見 えるので、ソケットレンチで緩めて外す(スパナでは作業できない)

シュラウド&タンクのメーター編

使用工具:タンク(カバー)は、左右のシュラウド(エアダクトのカバー)を先に外 さないと作業できない。ちなみにシュラウドを外すと、ラジエターのカバ ーもあと少しの作業で外せそうな感じがするが、コチラはラジエター本体を外さないと無理(当然クーラントも抜く)なので、やらない方が無難。

STEP1.ネット部分(内側)を外す

正面ネットのボルト2本(2.5mm)と、内側のボルト(3mm。工具が入りにくい場合は
ハンドルを切って作業)を緩めて抜くと、内側カバーが外れる(左右とも同じ作業)

STEP2.タンクのメーターを外す

写真上:タンクのメーターの樹脂カバーを留めている前側のボルト(3mm。左右1本ずつ) を緩めて外す 写真下:同じく樹脂カバーの燃料キャップ周囲のボルト5本(4mm)を外す。金属製のカラ ーが入っているので落とさないよう注意
メーターカバーの後方を慎重に持ち上げる。メーターの右側(目印)の位置に見えるコネク ターを、ロックを押して抜く。その後にメーターをカバーごと持ち上げて外す

STEP3.シュラウド(外側)を外す

写真上:シュラウドを外す際にキズが付きやすいので、事前にタンクカバー側 に養生テープを張って保護 写真中:シュラウド側面後方のボルト(4mm。 ワッシャが入っているので注意)を外す 写真下:内側カバーを外したことで見えるようになったボルト(10mm)をスパナで緩めて外す
シュラウド全体を前方向に少しズラしてから上方向に持ち上げれば外せる。組み立て時はシュラウドのグロメットが潰れたり外れて落とさないいように注意

シュラウド内のダクトを外せばエアフィルターを交換できる

左右どちらのダクトでもOKだが、右側 の方が簡単(左側はセンサーを外す必要アリ)。ダクトは4mmのボルト3本で留まっているが凄く奥まった場所なので、六角棒レンチでは外すのが難しいかも。コンパクトな6.3.sq.のソケット使用がおススメだ。

 

 

 

 

 

 

SHARE

PROFILE

FUNQ

趣味の時代に読むメディア

FUNQ

趣味の専門誌を届けてきた私たちが世界中の人に向けて、趣味の世界への入り口をつくりました。彩りに満ちた人生の新たな1ページが、ここから始まります。

FUNQの記事一覧

趣味の専門誌を届けてきた私たちが世界中の人に向けて、趣味の世界への入り口をつくりました。彩りに満ちた人生の新たな1ページが、ここから始まります。

FUNQの記事一覧

DUCATI Magazine TOPへ

No more pages to load