ドカの真のパワーを体感せよ! 10月3日にツインリンクもてぎでライパを開催!

DUCATI Magazineの姉妹誌、RIDERS CLUBが主催する「ライディングパーティ」、通称「ライパ」を10月3日(木)にツインリンクもてぎで開催します! MotoGP日本ラウンドの開幕直前、しかもMotoGPでも使用される国際レーシングコースをフルで走れるチャンスです!

ライパなら初サーキット走行の人も安心

全国各地のサーキットで開催されている走行会ですが、その中でもライパは20年以上の開催実績がある老舗イベント。そのノウハウを活かし、ビギナーが参加しやすいプログラムを用意しています。

ライディングパーティの詳細はこちら!参加お申し込みにはR/C会員サイトへの無料登録が必要です

 

ビギナーが参加しやすい理由

1・サーキットライセンスは不要!

一般的に、各サーキットが用意する走行枠を走るためには、そのサーキットのサーキットライセンスが必要です。しかし、ライパはサーキットライセンスもMFJライセンスも不要。参加するバイクの免許区分に合った運転免許さえあれば、特別な資格は必要ないんです!

ライセンスが無くても、毎回走行前に必ずコース解説、サーキットを安全に走るためのルールなどの説明を1時間行っているので、初めてのサーキット走行でも不安はない!

 

2・スーパースポーツ以外の車両もOK

参加車両の規定は、200cc以上のバイクで、ロードスポーツタイヤを装着していること。だからスクランブラーSixty2やモンスター400などの中型免許クラスや、パンタなどちょい旧もウエルカムだし、ムルチストラーダなどのアドベンチャーモデルや、ハイパーモタードなどのモタードでもロードスポーツタイヤを装着すれば参加できます。

ディアベルだってもちろんOK!

3・レーシングスーツじゃなくても大丈夫!

多くの場合、サーキットのフリー走行にはレーシングスーツの着用が義務づけられているけど、ライパでは推奨はしているものの、着用を義務化しておらず、ライディングに適したバイク用レザージャケット&パンツでもOK。グローブは手首をしっかりカバーする物、ブーツもくるぶしをガードできる物を着用すれば走行できます。これは他の走行会とは大きな違いといえます!

上下セパレートもOK!

4:スキルに合わせてクラス分け

ライパは通常、4クラスを設定し、装着す腕章の色によって識別しています。

ピンク腕章→サーキット初心者、まだ自信がない人

緑 腕章→マイペースで楽しみたい人

黄 腕章→サーキットに慣れ、ペースを上げたい人

赤 腕章→ハイペースで走りたい人

ピンク腕章は、サーキットが初めての方や、まだ走行に自信が無い方、久しぶりにサーキットを走る方などが装着。参加者にはピンク腕章の人をビックリさせるような抜き方をしないようにお願いをしているので、安心して自分の走りに集中できます。

5:もてぎでは、さらにビギナーが参加しやすいクラス分けに!

今回のもてぎライパのクラス分けは、通常2枠の緑&ピンク腕章を3枠に拡大し、全5クラスとなります。いつもよりゆったりのスケジュールなので、サーキット走行が初めてのライダーでも、焦ることなく安心してスポーツライディングが楽しめるハズです。

ピンク&緑腕章(計3枠)→慣熟2回+フリー2回

黄腕章(1枠)→慣熟1回+フリー3回

赤腕章(1枠)→慣熟1回+フリー3回

写真のように、慣熟走行では全員速度を合わせてバイクも身体もウォームアップ。クラスに合わせたペースで走ります

6:フリー走行でも先導ライダーがエスコート

ビギナーにとって、サーキットは不安がいっぱい。広いコースの中でどのラインを走ればいいのか? ブレーキはどこでかける? スピードはどこまで出しても良いの? などなど走れば走るほど悩みが深まることもあります。ライパは基本的に、午前中走行枠は完全先導付きの慣熟走行。午後からはフリー走行というスケジュールですが、希望者にはフリー走行枠でも先導ライダーの後ろを走ることができます。先導ライダーは世界GPチャンピオンの原田 哲也さん、ライダースクラブ編集長の小川 勤をはじめ、レースキャリアだけでなく、レッスンの経験も豊富なスタッフが揃っているので、先導依頼だけでなく、ライディングの質問もドンドンしちゃってください!

 

豪華な先導&ゲストライダーがレクチャー!

ライパの先導ライダーは、ライダースクラブのBOSS根本 健を始め、元世界GP250ccクラスチャンピオンの原田哲也さんや、MotoGPの解説でお馴染みの宮城 光さん、元世界GPライダーで今も現役で活躍する青木宣篤さんらがレギュラーメンバーに名を連ねます。時にはさらにゲストライダーも参加するなど、ライダーの豪華さも自慢!

10月3日 ツインリンクもてぎ 先導ライダー(予定)

根本 健/小川 勤(R/C編集長)/原田哲也/伊丹孝裕(R/C インプレッションライダー)/鈴木大五郎(BMW公認インストラクター)/高田速人(レーシングライダー)/友野龍二(レーシングライダー)

元世界グランプリ250ccクラスのチャンピオン・原田哲也さんも、10月3日のもてぎ、11月9日の袖ケ浦ライパに参加!

他にもライディングスキルを上げるコンテンツがある!

○ネモケンのタンデムジェットコースター

BOSS根本によるタンデム走行は毎回実施。インカム付きヘルメットを装着して会話しながら走行するので、スロットルの開け方、リーンのタイミング、ライン取りなど、細かな操作を間近で見ることができます。

○ライディングフォームチェック

小川 勤や宮城 光さん、原田哲也さんらが、希望者のフォームをマンツーマンでチェック! 「ヒザを擦るならもっと腰を大きくずらす!」「長時間乗っても疲れにくいポジションはコレ!」など、実践的なレッスンですぐに役立つこと間違いなしです!

○ポートレート撮影

特別な撮影ブースをピットに設置し、愛車とのポートレートを撮影。ブース以外でも、ご希望のポーズがあればカメラマンにお声がけを! どこでも無料で撮影します!撮影した写真は、後日ライパのWEBサイトでダウンロード販売しますので、気に入った写真があればぜひお買い上げください!

○試乗車が充実!

今回のもてぎライパでは、注目のニューモデルが集結! なかでもパニガーレV4はなかなかサーキットで試乗するチャンスはありませんよ! また、CBR1000RRには、ミシュランの最新タイヤ「パワーRS」を装着。ライダースクラブ誌面で原田哲也さん、岡田忠之さんが絶賛していたこのタイヤを、この機会にぜひ試乗してみてください。

10月3日 ツインリンクもてぎ 試乗車(予定)

BMW S1000RR

ドゥカティ パニガーレV4S

アプリリア RSV4

ホンダ CBR1000RR

 

 

10月3日(木)開催のライディングパーティ・ツインリンクもてぎは、まだお申し込み可能です。「愛車ともっと楽しく走りたい」「ライディングスキルをアップしたい」「スポーツライディングを楽しみたい」という人は、お気軽にお申し込みください!


10月3日 ライディングパーティ ツインリンクもてぎ へのお申し込みは 9月30日17時まで!

 

 

SHARE

PROFILE

DUCATI Magazine 編集部

DUCATI Magazine 編集部

情熱を意味する真っ赤なボディで駆け抜ける、イタリアを代表するバイク「ドゥカティ」。世界のレースシーンで培った技術、ストーリーを凝縮した専門マガジン。

DUCATI Magazine 編集部の記事一覧

情熱を意味する真っ赤なボディで駆け抜ける、イタリアを代表するバイク「ドゥカティ」。世界のレースシーンで培った技術、ストーリーを凝縮した専門マガジン。

DUCATI Magazine 編集部の記事一覧

DUCATI Magazine TOPへ

No more pages to load