【ムルティストラーダ】メンテ&カスタムに最適な知識と技術を解説!

ドゥカティの脱がせ方!? ムルティストラーダ編 シート&サイドカバー、アンダーガード、タンクカバー、ガソリンタンク編

ドゥカティファンに大好評の全裸企画。今回もムルティストラーダに迫る。あらゆる道を快適かつスポーティに走れるドカ随一のツーリング性能を持つムルティストラーダ。それだけに外装パーツの取り付けも強固だけれど構造を理解して作業すれば、思ったより簡単だ!第2回は、シート&サイドカバー、アンダーガード、タンクカバー、ガソリンタンク編だ。正しい知識、技術を学ぼう!

今回も『メカニック渡邊政和プロ』に聞いてみた。『無理せずに試してね!』

笑顔が爽やかな35歳。20歳からドゥカティ川崎で働く生粋のドカプロ。かつての愛車はパニガーレRで、次期マシンを物色中!? DATA 神奈川県川崎市高津区千年43-1
TEL:044-798-1213 http://www.ducati-kawasaki.com/ 営業時間:10:00 ~ 19:00
定休日:火曜日・第2水曜日
サイドカウルのアンダーパネルを外すのに24mm のメガネレンチが必要。高価なので揃えるのを躊躇するが、無くても何とか作業可能 写真左から①6mmヘキサゴンレンチ②5mmヘキサゴンレンチ③4mmヘキサゴンレンチ④3mmヘキサゴンレンチ⑤T30トルクスレンチ⑥ニッパー⑦プライヤー 画像下⑧24mmメガネレンチ

シート&サイドカバー編

STEP1.シート

キーを使ってパッセンジャーシートを外せば、ライダー側のシートも外すことができる

シートを外せばバッテリーが見えるが……

アクセスは簡単だが、ホルダーを留めているボルトの4mmヘキサゴンレンチやバッテリー端子用の10mmスパナが、車載工具に入っていないので要注意!

STEP2.サイドカバー

シートレールから真上に伸びるピンに差し込まれる箇所と、カバーのツメは後ろから前に向かって噛んでいるので、カバーを「上方向に上げながら後方に引く」と無理なく外せる(目印は、ボルト、ツメ、ベルクロなどでの処理が必要となる箇所)
最初にサイドカバーをシートレールに留めている3本のボルトを4mmのヘキサゴンレンチで外す

アンダーガード編

写真上:車体の左右の、後方側のボルトを6mmヘキサゴンレンチで、前方側を4mmヘキサゴンレンチで外す。そして真下にも6mmヘキサゴンレンチで外すボルトが1本ある。写真下:計5本のボルトを外すとアンダーガードが一体で外れる。矢印がドレンボルトで、カートリッジ式のオイルフィルターも露出するので交換が可能になる。

タンクカバー編

タンクカバーを固定しているボルトは左右5本ずつの計10本。4mmのヘキサゴンレンチですべて外す
カバーを固定するボルトをすべて外したら、最初にタンクキャップ周辺を上に持ち上げて、ゴムパッキン部分からカバーを外す。その後にカバー全体を後方斜め上に引っ張って外す。タンクキャップのゴムパッキンも外しておこう

作業時にはスピードナットを外す

スピードナットはタンクカバーを外す際に他のパーツをキズ付けたり、紛失する危険もあるので事前に外してから作業するのが安全

ガソリンタンク編

STEP1.タンクキャップからホース

左側のキャップの水抜きホースは、手で引っ張れば抜ける。右側のキャニスターに繋がるブリーザーホースは、クリップをプライヤーで挟んでズラしてから引き抜こう

STEP2.タンクを固定するボルト類

左.タンクの前側。キー部分の両側のボルトを5mmのヘキサゴンレンチで外す。ワッシャとゴムも外しておくこと 右.タンクの後ろ側。左右のステーを留めているボルト(各2本)をT30トルクスレンチで緩めて外し、ステーも外しておく

STEP3.コネクターや燃料ホース

燃料ポンプのコネクター

コネクターのツメを広げながら抜く。必ずコネクター本体を掴んで抜き、配線を引っ張らないこと

Bluetoothのコネクター

ゴム製の結束バンドを外してから、コネクターのロックのツメ部分を押しながら抜く

燃料計のコネクター

タンクの後端から出ている燃料計の配線の先で、コネクターが樹脂の電装トレーに結束バンドで固定されているので、ニッパーでバンドを切ってからコネクターを抜く

燃料ホースのカプラー

灰色のリング部分を片手で真下の方向に強く押しながら、もう片手で黒い差し込み部分を上に引くと抜ける。周囲にガソリンをこぼさないようウエスを敷いて作業しよう

STEP4.ガソリンタンク

少し上に持ち上げながら、後方に引き抜いていく。とくに車体右側は引っ掛かりやすいパーツも多いので、慎重に動かすこと。外したタンクはけっこう巨大で、ガソリンがたくさん入っていると重くて作業が大変!

タンクを外すとエアフィルターを交換できる。プラグキャップも見えるが……

エアボックスのフタを固定するボルトを外せば、エアフィルターを交換できる。後シリンダーの中心側の点火プラグは交換できるが、左側のプラグはシートレールが邪魔で、脱着はかなり難しい……。

SHARE

PROFILE

DUCATI Magazine 編集部

DUCATI Magazine 編集部

情熱を意味する真っ赤なボディで駆け抜ける、イタリアを代表するバイク「ドゥカティ」。世界のレースシーンで培った技術、ストーリーを凝縮した専門マガジン。

DUCATI Magazine 編集部の記事一覧

情熱を意味する真っ赤なボディで駆け抜ける、イタリアを代表するバイク「ドゥカティ」。世界のレースシーンで培った技術、ストーリーを凝縮した専門マガジン。

DUCATI Magazine 編集部の記事一覧

DUCATI Magazine TOPへ

No more pages to load