スパルタン伝説30年を振り返る! WSBにみる世界と闘う速さと扱い易さの狭間

スパルタンだからこそ常勝だった!? WSBのリザルトから見える速さと扱いやすさの狭間

『もっとドカを楽しみたい』をテーマに、ドカのスパルタン伝説の30年を振り返る連載企画の第3弾だ。今回は『WSBのリザルトから見える速さと扱いやすさの狭間』をお届けする。世界と闘うドゥカティのスーパースポーツモデルの主だったWSBモデルたち。その紹介と特徴・歴史を振り返っていく。

ドゥカティのシンボルであり、スパルタンさの代名詞がスーパーバイクシリーズだ。ここでは市販車のスペックとレースリザルトの相関関係を振り返ってみよう

世界スーパーバイク選手権が始まったのは88年のことだ。当時のレギュレーションでは4気筒は750cc以下、2気筒の場合は1000cc下の市販マシンなら参戦が可能で、コストの高騰を抑え、公平性を保つため、改造範囲はかなり制限されていた。

このレースはファクトリーとプライベーターの差があまりに拡大したTT-F1に取って代わる役目を果たすことになるのだが、参戦するためのベースマシンは、TT-F1向けに開発されたものがそのままスライドする格好になった。つまり、トップ争いの権利を有しているのは、ホンダVFR750R、ヤマハFZR750、スズキGSX-R750、カワサキZXR750といった国産4気筒勢であり、そこに絡める可能性があったビモータYB4のパワーユニットもヤマハ製だった。

888Corsa(1992)  公道用モデルが851㏄から始まったのに対して、コルサ(レース仕様)は888㏄まで拡大。最終的に926㏄まで発展した

そんな中、ドゥカティは唯一2気筒での参戦を発表。その排気量はベースになった851よりも拡大されていたとはいえ、888㏄に過ぎず、どう贔屓目に見ても上位に進出できるようなスペックには見えなかった。

ところが、である。マルコ・ルッキネリが開幕戦のレース2で早々に優勝を果たし、誰もが予想だにしなかったリザルトを残すと参戦3年目の90年にはレイモン・ロッシュが初のタイトルを獲得。91年から92年にかけては、ダグ・ポーレンが連覇を達成するなど、このレースの主役として君臨し、パワフルな4気筒マシンの前に立ちはだかったのである。

998S(2001)  排気量の変遷が最も激しかったモデル。’02年には999㏄まで拡大された。写真はT.ベイリスの王座獲得を記念した市販モデル

公道用市販車の851は、レース用マシンと足並みを揃えるようにして、最終的に88SPと呼ばれるモデルに進化した。

とはいえ、国産マシンと比較するとその時点でもやはりフィーリングは穏やかな部類であり、いかにスロットルを開けやすいか、いかに無駄なくパワーをトラクションへ変換させるか。そんな風に2気筒だからこそ実現可能なエンジン特性が速さの秘密とされた。

しかし、93年にはそれが一変。ベースマシンが916に切り換わると、コース上で見せる動きに明らかにシャープさが加わり、実際公道市販車もスパルタンさの代名詞になった。カジバのGP500マシンのディメンションがベースになったことも話題になり、速さの秘密にハンドリングの優位性が加わったのである。その後、WSBでは実に10シーズンに渡って第一線に立ち続け、圧倒的なスピードと唯一無二のスタイリングによって、レース史における名車になった。

ただし、スパルタンさとリザルトが高次元でバランスしたのは、実は03年にデビューした999だ。それをピークにリザルトはやや低下。扱いやすさと速さのバランスを見つけるために過ごした苦難の時代が今年の躍進に繋がっている。

999R(2007) このモデルはデビューから一貫して999㏄のエンジンを搭載。SBKファミリーで唯一、両持ちスイングアームを装備していた
1098R(2012)  999のデザインからは一転し、916への原点回帰が図られた。排気量は1198㏄まで増えたものの、ヤマハやアプリリアが台頭
Panigale R(2017) フレームがトレリスからモノコックへと大きく変貌。パワーや最高速は随一のものだったが、ハンドリング面で苦戦した
Panigale V4R(2019) STDのV4がトルク重視の1103㏄なのに対し、レース参戦を目的とするV4Rはレギュレーションの踏まえ、998㏄にダウン

ピーキーさが際立つ999Rのトルク特性

スーパーバイクシリーズの中でもスパルタンなことで知られる999R。その一端を示しているのが、左のパワー&トルクカー
ブだ。特にトルクに注目。下の1199(赤点線)や1299(黒実線)がフラットな曲線を描いているのに対し、999R(黄実線)
のトルクバンドは極端に狭く、凄みを感じさせる

 

 

SHARE

PROFILE

DUCATI Magazine 編集部

DUCATI Magazine 編集部

情熱を意味する真っ赤なボディで駆け抜ける、イタリアを代表するバイク「ドゥカティ」。世界のレースシーンで培った技術、ストーリーを凝縮した専門マガジン。

DUCATI Magazine 編集部の記事一覧

情熱を意味する真っ赤なボディで駆け抜ける、イタリアを代表するバイク「ドゥカティ」。世界のレースシーンで培った技術、ストーリーを凝縮した専門マガジン。

DUCATI Magazine 編集部の記事一覧

DUCATI Magazine TOPへ

No more pages to load