BRAND

  • Lightning
  • 2nd(セカンド)
  • CLUTCH Magazine
  • EVEN
  • BiCYCLE CLUB
  • RUNNING style
  • NALU
  • BLADES(ブレード)
  • RIDERS CLUB
  • CLUB HARLEY
  • DUCATI Magazine
  • flick!
  • じゆけんTV
  • 湘南スタイルmagazine
  • ハワイスタイル
  • buono
  • ランドネ
  • PEAKS
  • フィールドライフ
  • SALT WORLD
  • Kyoto in Tokyo

パニガーレV4S&V2 ストリート比較インプレ スペック&装備編

パニガーレV4S vs V2比較インプレ 日本の道にマッチするのはどっち? ワインディングで初ライド!

デビュー3年目にして大幅な改良が施されたパニガーレV4Sと、ブランニューモデルのパニガーレV2が日本に上陸した。ストリートのインプレッションを通し、両モデルの違いを検証していこう!

ドゥカティマガジンで好評だった比較インプレを前編後編にわたりお届けする。前編となる今回は、パニガーレV4SとV2にそれぞれの標準で搭載されているスペックと装備にクローズアップしていこう。

編集部藤田とドゥカティ好きジャーナリストの伊丹がインプレ

永遠のライテク初心者 編集部 藤田佳照(写真左)
モンスター696でドゥカティカップに参戦したことはあるが、基本的にはツーリング好き。ずっと2気筒を乗り継いできたので、Vツインの方が性に合っていると信じ込んでいる。
国内外でレースに参戦 ジャーナリスト 伊丹孝裕(写真右)
マン島TT(イギリス)やパイクスピーク(アメリカ)といった公道レースに参戦経験がある他、鈴鹿8耐には1098とパニガーレで過去4度出場。自他ともに認めるドゥカティ好き。

藤田(上写真右):峠道ならV2の方が良さそうじゃない?

伊丹(上写真左):いやいや意外とV4Sが楽に乗れるかもよ!

ドカマガならではの”ねっとり視線”でディテールを徹底比較!

パニガーレV4S SPECIFICATIONS 

パニガーレV2 SPECIFICATIONS 

Theme_1 ポジション&足着き

足着きのよさはV2 姿勢が楽なのはV4S

シート高はV2の方が高いがスリムさと乗車1Gの沈み込み量の差で足着き性はV4Sよりも良好だ。ただし、ハンドルとシート、ステップの位置関係はV4Sよりも離れていて、特に手首に掛かる負担は大きめ。2気筒エンジン特有の振動も加わるため、走行距離が伸びれば伸びるほど、疲労が溜まりやすいのはV2だ。

V4S

V2

Theme_2 カウリング

端正なのはV2 快適なのはV4S

V4Sのカウリングも’18~’19年モデルならV2と同様にスリムだ。しかしながら、’20年モデルは空力向上を目指した結果、ご覧の通りひと回りボリュームが増大。特に横方向へ広がったため、イタリアンスポーツらしいシャープさはV2に分がある。反面、ウインドプロテクションはV4Sが有利だ。

V4S

V2

Theme_3 ブレーキ&ホイール

コスパに優れるV2 限界域重視のV4S

V2はブレンボのM4.32モノブロックキャリパーにアルミ鋳造ホイール、ピレリのディアブロロッソコルサ2を装着。V4Sは、同じくブレンボながらStylema モノブロックキャリパーとマルケジーニのアルミ鍛造ホイール、ピレリのディアブロスーパーコルサSPを組み合わせ、より高い速度域と高荷重に対応する。

ブレーキ&ホイール比較 ※それぞれ上下写真は上がV4S、下がV2

Theme_4 サスペンション

マニュアル式のV2 電子制御式のV4S

V2のフロントはショーワのBPFフォーク、リヤはザックスを装備。V4Sは前後ともオーリンズでライディングモードや荷重に応じて減衰力が変化する電子制御式となる。いずれもフルアジャスタブルでセッティング変更は容易だ。V4Sは従来モデルよりもスプリングがソフトになり、しなやかさが増した。

V4S

V2

Theme_5 エキゾースト

軽量コンパクトなV2のマフラー

V4Sのマフラーはエンジン下部から車体両サイドに振り分けられているが、V2は右側1本出しでより容量が小さい。当然V2の左側面はスッキリとしていて、そのスリムなシルエットが強調されている格好だ。アクラポヴィッチのパフォーマンスパーツも用意されている。

エキゾースト ※それぞれ上下写真は上がV4S、下がV2

Theme_6 電子制御

主要な制御は共通ながらV4Sはさらに細やか

スロットルレスポンスなどが変化するライディングモードはV2もV4Sもストリート/スポーツ/レースの3パターンがデフォルト設定されている。V2になくてV4Sに備わっている電子デバイスは、パワーローンチ/スライドコントロール/電子制御サスペンションの3項目で、V2の装備で物足りなさを覚えるような場面はかなり限られているはずだ。

電子制御 ※それぞれ上下写真は上がV4S、下がV2

SHARE

PROFILE

伊丹孝裕

RIDERS CLUB / メインテスター

伊丹孝裕

ライダースクラブのメインテスター。アマチュアレースに熱中した後、バイク雑誌編集者に。鈴鹿8耐やマン島TTなど、国際的なレースに参戦し、近年はオフロードも本格的に。何にでも積極的に首を突っ込むスタイル

伊丹孝裕の記事一覧

ライダースクラブのメインテスター。アマチュアレースに熱中した後、バイク雑誌編集者に。鈴鹿8耐やマン島TTなど、国際的なレースに参戦し、近年はオフロードも本格的に。何にでも積極的に首を突っ込むスタイル

伊丹孝裕の記事一覧

No more pages to load