BRAND

  • Lightning
  • 2nd(セカンド)
  • CLUTCH Magazine
  • EVEN
  • BiCYCLE CLUB
  • RUNNING style
  • NALU
  • BLADES(ブレード)
  • RIDERS CLUB
  • CLUB HARLEY
  • DUCATI Magazine
  • flick!
  • じゆけんTV
  • 湘南スタイルmagazine
  • ハワイスタイル
  • buono
  • ランドネ
  • PEAKS
  • フィールドライフ
  • SALT WORLD
  • Kyoto in Tokyo

モトコルセのディアベルカスタム『DUCATI XDIAVEL DXD』に中野真矢が乗ってみた!

パニガーレを追い回す!? 驚異の怪物ディアベル『DUCATI XDIAVEL DXD』by MOTO CORSE

ドゥカティの正規ディーラーであり、さまざまなプレミアムパーツの開発、そしてカスタムマシンの製作を手がけるモトコルセ。

同店が作り上げたこのDXDは、ドゥカティ本社が発表したモーターサイクルショー向けのコンセプトモデル『draⅩter』がモチーフだ。とはいえdraⅩterは、トップブリッジのずっと下に装着したセパレートハンドル(ハンドルはほとんど切れない)や、テールランプの真下にあるようなステップなど、ドラッグスタイルを極端に強調したスタイルなので、現実的な走行は不可能だろう。

そこでモトコルセは、Ⅹディアベルがベースのコンプリートマシン「DXC」の技術を投入。じつはノーマルより55㎝も後退したライディングステップもDXC用に開発したもので、厚みを増したシート形状と合わせてスポーツライディングに適したポジションが取れる。

しかし削り出しのセパレートハンドルは、何度もポジションを確認し、高さや絞り、垂れ角を決定。非常にアグレッシブでカッコ良いが、常識的に見たらかなり異形のスタイルだけに、果たして乗り味は……と、気になるトコロ。その疑問に答えるべく、元MotoGPライダーの中野真矢さんに筑波1000で試乗してもらった!

「スリッパークラッチの作動タイミングに少々戸惑いましたが、コレはすぐに慣れました。そしてライディングポジションは……最初はドコに乗れば良いのか迷いました(笑)。でも探っていたら、ココだ! っていうポイントが見つかって、それからは俄然面白くなりました! ハンドリングは軽くて、思わず走行中に前輪を見ちゃいました(笑)。太い後輪はグリップも抜群で、ストレートで不安なく開けられます。サーキットでも楽しめますよ!」

小柄な中野さんがDXDに跨ると、さすがにマシンの大きさを感じる。ところが周回を重ねて〝良いポジション〞を見つけると、走行ペースもどんどん上昇。DⅩDの迫力あるフォルムは変わらないが、中野さんがキッチリ手綱を握っているため、その走りはまさにドゥカティの切れ味。

「僕はイタリア車のデザインが好きですしカスタムも興味があるので、モーターサイクルショーでは必ずモトコルセさんのブースにお邪魔して、隅々まで眺めてワクワクしています。そんな〝夢のバイク〞に乗れたのもすごく嬉しいですが、オーナーが想い描くバイクを、きちんと乗って楽しめる形に作ってくれるモトコルセの技術力と熱意って、本当にすごいと思います」

フロントフォークはGPマシンでも目にするオーリンズFGR300。SICOM社とコラボで作ったMotoGPタイプのセラミックカーボンデイスクにブレンボP4-34/38キャリパーを装備
チタン製スリップオンサイレンサーは、上下で径も取り出し角も異なる絶妙なデザイン。ポジションの要となるステップは、一見シンプルだが裏面は猛烈に肉抜きされる
オーナーの要望に合わせてワンオフ製作した削り出しのセパレートハンドル
LEDブリンカーはビレットステーや樹脂カバーも新造。FGRフォークを支えるステムセットは専用品
ブレンボの切削マスターに直付けのフルードタンクとカーボンレバーをセット
厚みを増したダイヤキルトのシート
カーボンホイールはBSTのラピッドテック3。スピナーのロックナットキャップがお洒落
DBTデザインのリアアクスルスライダーを装備
エクステリアおよびタイミングベルト/ラジエターカバー類もすべてドライカーボン。アンダーカウルが低く長いスタイルを強調

SHARE

PROFILE

DUCATI Magazine 編集部

DUCATI Magazine 編集部

情熱を意味する真っ赤なボディで駆け抜ける、イタリアを代表するバイク「ドゥカティ」。世界のレースシーンで培った技術、ストーリーを凝縮した専門マガジン。

DUCATI Magazine 編集部の記事一覧

情熱を意味する真っ赤なボディで駆け抜ける、イタリアを代表するバイク「ドゥカティ」。世界のレースシーンで培った技術、ストーリーを凝縮した専門マガジン。

DUCATI Magazine 編集部の記事一覧

No more pages to load