カロリーが高くても食べたい!!ダイエットの敵をあの“食材”でクリア!

高カロリー“もったり系”食材を、気にせず食べたい!

ホワイトソース、生クリーム、バター、マヨネーズ……。ご存じのとおり、美味しいぶんだけカロリーもとっても高い食材たちだ。体のラインや体重を気にし始めた人にとっては、食べたいけれど食べちゃいけない……そんな罪深きメニューに、必ずと言っていいほど登場する。

これらの代用品になってカロリーダウンを叶え、おまけに栄養価も格段にアップさせてくれる……それが、『豆腐』を使って作る『豆腐クリーム』だ。

『フードプロセッサーで混ぜるだけ』で完成!

『豆腐クリーム』の作り方は、豆腐と調味料をフードプロセッサーに入れて撹拌するだけ。こうしてできた白いペースト状のものを、先ほどのクリーム系の調味料の代わりに『調味料』として使うのだ。和風の料理のおかずはもちろん、洋食やエスニックとも相性抜群。おまけに混ぜ合わせる調味料を変えれば、おやつにも利用可能!

ただカロリーが低いだけじゃない! 女性に嬉しい栄養がたっぷり

たとえば一般的なホワイトソース(100g)が約200kcalなのに対し、豆腐クリームは79kcal。なんと半分以下のカロリーに抑えられる。
また、豆腐クリームの原料は大豆。大豆には、植物性の良質なたんぱく質が多く含まれている。ほかにも女性ホルモンと似た働きをするといわれる大豆イソフラボンや、ダイエットに効果的な大豆サポニン、大豆レシチンなど、女性が日常的に摂取したい栄養素を気軽に食べられるのが、豆腐クリームのすごいところ。さらには、豆腐に含まれているオリゴ糖が腸内環境を整えてくれたり、食物繊維が少ないため深夜の食事でも胃もたれしにくかったり……といいことづくめ! アレンジが自由自在で飽きずに食べられるのも嬉しいポイントだ。

万能!基本の豆腐クリームの作り方

そんないいことづくめの豆腐クリーム、今回は基本の「豆腐クリームレシピ」をご紹介。
この基本レシピがあれば、バリエーションは無限大。ぜひ覚えて活用して!

■豆腐クリーム 基本のレシピ

[材料]
木綿豆腐 300g
合わせみそ 大さじ1
★みそは塩分12%のものを使用

1.水分をふき取る

1200x800_15717

豆腐はペーパータオルでやさしく包んで軽く水気をふき取る。

2.フードプロセッサーに入れる
豆腐は大きければ割ってフードプロセッサーに入れる。
★ミキサーやブレンダーでもOK

3.みそを加える

1200x800_15723

2種類以上のみそを組み合わせた“合わせみそ”を加える。

4.撹拌する
スイッチを入れて撹拌する。

5.なめらかにする

1200x800_15731

途中何度か止め、ゴムべらなどで混ぜながら、なめらかになるまで撹拌する。

6.でき上がり

1200x800_15741

密閉できる保存容器に入れて冷蔵庫で保存。3日間ほどで早めに食べきろう。

このレシピでポイントなのは、豆腐×みその最強大豆コンビであること。ダブルの大豆使いで、前述の大豆に含まれている栄養価も格段にアップ! そのうえ化学調味料ではない、みその自然な塩味しか加えていないので、本当にカラダにやさしい豆腐クリームになっている。
もちろんそのまま食べてもおいしいけれど、この基本クリームを生クリームやバター、マヨネーズ、サワークリームなどクリーム系の調味料に置き換えて、毎日の料理に使ってみる。たとえばクリームコロッケやカレー、グラタン、パスタ、タルタルソースなどなど……意外な合わせやすさにびっくりするはず!

(ヨシザワ)

SHARE

PROFILE

FUNQ

趣味の時代に読むメディア

FUNQ

趣味の専門誌を届けてきた私たちが世界中の人に向けて、趣味の世界への入り口をつくりました。彩りに満ちた人生の新たな1ページが、ここから始まります。

趣味の専門誌を届けてきた私たちが世界中の人に向けて、趣味の世界への入り口をつくりました。彩りに満ちた人生の新たな1ページが、ここから始まります。

ei cooking TOPへ

No more pages to load