鍋は“素材合わせ”で決まる! 定番にしたい毎日食べられるテッパン鍋の具材集

冬場のお助けメニューといえば、鍋。ついつい、おいしいから(……そしてなにより楽だし)、毎日の食卓に連続登板……なんて家庭も多いのでは? 定番の味付けだって、鍋は具材合わせが肝心! 毎日だって飽きないとっておき鍋レシピバリエーションを、植松良枝先生の『簡単! らくうま! 鍋レシピ』の中からご紹介しよう。これでもう「また鍋~?」なんて言わせない!!

1.〆まで堪能し尽くしたい「あさり湯豆腐鍋」

1200_asari

あさりのうまみを生かした簡単鍋。豆腐を丸ごと1 丁入れて煮る。締めもあさりのうまみがしみ出た煮汁を利用し、あさり卵うどんに。

[主要材料]
あさり(砂出ししたもの)、絹ごし豆腐、万能ねぎ

★味付け
酒、昆布、しょうゆ

2.包丁も必要ない!「豆苗鍋」

1200_toumyou

豆苗、豚しゃぶしゃぶ用肉とともに皿に盛って用意するだけ! しめじも石づきを取ってほぐしてある「ほぐししめじ」を使えば、包丁いらず。ごまの香るスープでしゃぶしゃぶにしていただきます。

[主要材料]
豆苗、豚バラしゃぶしゃぶ用肉、ほぐししめじ

★味付け
だし汁(昆布、削りがつお)、塩、すりごま(白)、豆板醤酢じょうゆ(豆板醤、ポン酢しょうゆ、ごま油を適量ずつ混ぜる)

3.下準備だけ忘れずに「たいの水炊き」

1200_tai

たいのあらと切り身に塩をふっておくことで、臭みとともに水分が適度に抜け、うまみがアップ。

[主要材料]
たいのあら、たいの切り身(鍋用)、水菜、九条ねぎ、えのきだけ

★味付け
昆布、酒、しょうゆ、塩、ポン酢しょうゆ

4.冬の味覚を存分に味わうなら「みぞれ鍋」

1200_mizore

寒さとともにうまみを増す冬の2素材を使った定番鍋。みぞれのやさしい食感と甘さがぷりぷりとしたうまみのあるかきにベストマッチ。

[主要材料]
ほうれん草、かき(加熱用)、大根、長ねぎ

★味付け
だし汁(昆布、削りがつお)、しょうゆ、酒、みりん、塩
柚ゆず子の皮のせん切り、ポン酢しょうゆ、豆板醤またはかんずり

5.究極にシンプルなのに、味わい深さに驚愕「きのこ鍋」

1200_kinoko

和の香りのしいたけ、とろみとうまみの出るなめこを入れると◎ 。あとは好みのきのこをミックスし、しょうがをアクセントに加えよう。

[主要材料]
ブラウンえのき、白まいたけ、生しいたけ、しめじ、エリンギなど好みのきのこ2~3種類
なめこ

★味付け
だし汁(昆布、削りがつお)、塩、酒、しょうゆ、しょうがのすりおろし
片栗粉(とろみ用)

体にしみじみと染み渡る、素材のベストコンビネーションを堪能して。この冬、新たな我が家の定番鍋を見つけましょう!

(ヨシザワ)

SHARE

PROFILE

FUNQ

趣味の時代に読むメディア

FUNQ

趣味の専門誌を届けてきた私たちが世界中の人に向けて、趣味の世界への入り口をつくりました。彩りに満ちた人生の新たな1ページが、ここから始まります。

趣味の専門誌を届けてきた私たちが世界中の人に向けて、趣味の世界への入り口をつくりました。彩りに満ちた人生の新たな1ページが、ここから始まります。

ei cooking TOPへ

No more pages to load