ホットケーキミックスでちぎりパン 【実際に作ってみた】

ネットのクッキングレシピ界では、ホットケーキミックス【通名HM】を使ったスイーツが巨大1ジャンルを築いているらしい。検索すると、HMを使った各種ケーキが星の数ほどヒットする。粉を振るう手間がなく、手軽にお菓子作りが楽しめるうえ、リーズナブルときているのだから、そりゃあ人気にもなるだろう。

今回、そのホットケーキミックスを使ったちぎりパンの本が発売されたので、「60分で作れる! ちぎりパン」に続き、また作ってみることにした。

いざ、スタート! 材料はたった3つ

しかし、実際のところ、たいしたステップがあるわけではない。分量のホットケーキミックスと絹ごし豆腐(!)、サラダ油、水を混ぜ、こねて、形を作って焼くだけ。

「60分で作れる! ちぎりパン」のときにもシンプルなレシピだなあ、と思ったが、今回はさらに、その上をいく感じ。そもそも<発酵>というステップがないのだから。材料と呼べるほどのものは、たったの3つ。特徴は、絹ごし豆腐を入れることぐらい。これでパサツキがちなホットケーキミックスがしっとりもっちり仕上がるらしい。

20160301_01_1 作り方が簡単な分、余裕があったので、生地の半分強に水で溶いたココアパウダーを混ぜて、茶色に色付けしてみた。それを互い違いに並べて、市松模様のパンにすることにした。

並べたところがこちら。レシピの分量は12cmのスクエア型だったのだが、今回もちょうどいい型がなかったので、耐熱用のキャセロールで代用する。
DSC_0312

180℃のオーブンで焼いて完成。
DSC_0315

味は、うーん、パンというよりケーキっぽい。そりゃそうだ、ホット“ケーキ”ミックスで作ってるんだから。スコーンのような味という表現が近いかもしれない。ハチミツをつけて食べたくなる。

そして、作りながら思ったのだが、これは小さな子どもと親子で作るのにちょうどいいかもしれない。強力粉よりも扱いやすく、ふくらみかたも想定の範囲内なので、出来上がりをイメージして成型しやすい。作っているうちに、発酵が進んでしまう心配もない。子どもが好きなデコちぎりパンも、{強力粉+イースト菌}よりも作りやすそうだ。何しろ基本の生地作りが簡単なので、デコレーションに手間をかける余裕がある。これから春休みを迎えるにあたり、楽しみながら親子で一緒に作ってみてほしい。

(ライター:百名 晶子)

SHARE

PROFILE

FUNQ

趣味の時代に読むメディア

FUNQ

趣味の専門誌を届けてきた私たちが世界中の人に向けて、趣味の世界への入り口をつくりました。彩りに満ちた人生の新たな1ページが、ここから始まります。

趣味の専門誌を届けてきた私たちが世界中の人に向けて、趣味の世界への入り口をつくりました。彩りに満ちた人生の新たな1ページが、ここから始まります。

ei cooking TOPへ

No more pages to load