ご飯との相性2割増し! “本当においしい炒り卵”はこう作る

日々の食事やお弁当のご飯のお供に、大活躍の炒り卵。でも、あなたの炒り卵、もしかしてスクランブルエッグみたいになっていない……? 実は、両者は似て非なるもの。炒り卵の醍醐味は、その“しっとりとしたきめ細かさ”にある! ご飯がもっとおいしくなる、本当の炒り卵の作り方をマスターしよう。

コツを押さえておいしさアップ! 炒り卵の作り方

[材料]1人分
卵2個、砂糖小さじ2、塩ひとつまみ

1. 材料を混ぜる

1200_99A1386

火にかける前のフライパンに材料を入れ、軽く混ぜる。卵をきめ細かく仕上げるために、混ぜるときも炒めるときも菜箸4本を束ねて使うのがポイント。

2. 火にかけて混ぜる

1200_99A1394

フライパンを中火にかけ、さらに混ぜる。写真のように端が少し固まってきたら、ごく弱火にして混ぜる。こうすることで、卵がしっとりとした小さなかたまりに。

普段の食事用には「しっとり」仕上げる

1200_99A1410

時間をおかずに食べる場合には、写真のように完全に火が入りきらない、しっとりした状態で火を止めよう。ご飯にのせ、ちょっぴりお醤油をたらして食べると最高!

お弁当用には「きめ細かさ」を重視

1200_99A1404

お弁当などに入れる場合は、もう少ししっかりと火を入れて、細かな粒状にしよう。写真のような状態になったら、ほどよくしっとりとした、きめの細かい炒り卵の出来上がり。

シンプルなレシピだけに、奥が深い炒り卵。手をかけて作ったからこその感動のおいしさ、ぜひ味わってみて!

(エイパブ編集部・ヨシダ)

SHARE

PROFILE

FUNQ

FUNQ

趣味の専門誌を届けてきた私たちが世界中の人に向けて、趣味の世界への入り口をつくりました。彩りに満ちた人生の新たな1ページが、ここから始まります。

ei cooking TOPへ

No more pages to load