パーティーが盛り上がる! ちぎりパンをハロウィン仕様に変身させよう

ハロウィンパーティーでワッと歓声があがるような、インパクトのあるおやつを作りたい……。それなら、かわいいおばけとジャックオランタンが交互に並んだキャラクターちぎりパンはいかが? イースト発酵で作る基本のちぎりパンにひと手間加えるだけで、出来栄えはほら、ごらんのとおり!

みんなにっこり「ハロウィンのちぎりパン」の作り方

1200x1200_kabocha_chigiri

[材料]18㎝のスクエア型1個分
≪パン生地≫
強力粉 300g
砂糖 30g
塩 小さじ1/2(3g)
ぬるま湯(約35℃) 200ml
ドライイースト 小さじ1(3g)
無塩バター 15g

かぼちゃパウダー(『ホットケーキミックスでちぎりパン』P8参照)適量
水 少々

≪飾り用≫
チョコペン(黒・ピンク) 各1本

【1】基本のちぎりパンの要領で黄色と白の生地を準備

イースト発酵で作るちぎりパンの基本の作り方(森崎繭香 著『ホットケーキミックスでちぎりパン』P64〜65参照)の要領で、パン生地の材料を混ぜてこねる。ジャックオランタン用に270gを取り分け、水で溶いたかぼちゃパウダーを加えて混ぜる。その黄色い生地と残りの白い生地をそれぞれ丸め、ボウルに戻してラップをかけて、室温(約25℃)で1時間、1次発酵させる。

【2】黄色い生地、白い生地をそれぞれパーツごとに等分

1200_kabocha_chigiri_01

1の黄色い生地を8等分して丸める。白い生地からおばけの手用に10g取り分け、16等分して丸め、残りを顔用に8等分して丸める。かたく絞ったぬれ布巾をかけ、室温(約25℃)で10分おく。

【3】それぞれの生地を型へ入れて二次発酵させる

1200_kabocha_chigiri_02

2の生地を手で軽くつぶして丸めなおし、おばけの顔用とジャックオランタン用の生地を交互に型に並べ、おばけの顔に手用の生地をつける。かたく絞ったぬれ布巾をかけて室温(約25℃)で約40分、2次発酵させる。生地同士がくっつき、型いっぱいにふくらめば発酵完了。

【4】最後の仕上げ! 顔を描いて完成!

1200_kabocha_chigiri_03

180℃に温めたオーブンに入れ、150℃に温度を落として15〜18分焼く。粗熱が取れたら、チョコペンで目、鼻、口、ほほの順にバランスよく表情を描いて完成。

見栄えがよく食べやすいちぎりパンは、パーティーの主役にぴったり。生地を用意しておいて、子どもたちに自由に顔を描かせても楽しそう! せっかくのハロウィン、焼きたてをテーブルに運んだときのみんなの喜んだ顔を思い浮かべながら、ちょっと頑張ってトライしてみたい。

(エイパブ編集部・ヨシダ)

SHARE

PROFILE

FUNQ

FUNQ

趣味の専門誌を届けてきた私たちが世界中の人に向けて、趣味の世界への入り口をつくりました。彩りに満ちた人生の新たな1ページが、ここから始まります。

ei cooking TOPへ

No more pages to load