一度に作れて何かと便利! ストックできるりんごのスイーツレシピ

秋から冬にかけては真っ赤なりんごがおいしい季節。たくさん手に入ったときには、日持ちのするスイーツにして保存しておくのがおすすめ。そのまま食べてもおいしく、お菓子にもアレンジできて、プレゼントにしても喜ばれる……たっぷり作って楽しめる、りんごのスイーツをご紹介しよう。

【1】カフェ風スイーツに早変わり 「りんごのキャラメリゼ」

1200_MG_8946

りんごの甘酸っぱさとほろ苦いキャラメル味の、言わずと知れた名コンビ。風味がよく、保存しても固まりにくい仕上がりのヒミツはバターにあり! アイスクリームを添え、コーンフレークやアーモンドダイスをトッピングすると、おしゃれなカフェ風スイーツに。

[材料]作りやすい分量
りんご 2個
グラニュー糖 大さじ2
無塩バター 大さじ1

[作り方]
1.りんごは縦8つに割って皮と芯を除き、3等分に切る。

2.フライパンにバターとグラニュー糖を入れて中火にかける。

3.グラニュー糖が溶けて全体がキャラメル色になったら、りんごを加える。

1200_MG_1003

ときどき鍋を揺すってキャラメルをりんごにからめながら、りんごが少ししんなりして全体的にキャラメル色に変わるまで約5分間、火を通す。

1200_apple_01

[保存するときは]
冷めてから密閉容器に入れ、冷蔵庫で2〜3日保存できる。

【2】ドリンクにしても楽しめる 「りんごとしょうがのジャム」

1200_apple_02

りんごにしょうがを合わせた、ほんのりピリッと刺激的なジャム。ポイントは、火にかける前にりんごとグラニュー糖を合わせておくこと。りんごの旨味が果汁とともに引き出され、煮るときの焦げつきを防いでくれる。

[材料]作りやすい分量
りんご 3個(正味500g)
しょうが 10g
グラニュー糖 250g
レモン果汁 2分の1個分(30ml)

[作り方]
1.りんごは縦8つに割って皮と芯を除き、3等分に切る。しょうがはせん切りにする。鍋にりんご、しょうが、残りの材料を入れてひと混ぜし、そのまま1~2時間おく。

1200_MG_0615

2.りんごの水分が出てきたら強火にかける。煮立ってアクが出たらすくい取り、弱火にして木べらでときどき混ぜながら、水分が少なくなるまで約20分煮詰める。

[保存するときは]
・熱いうちに熱湯消毒した保存瓶に詰めてふたをし、冷めたら冷蔵庫へ。2~3ヵ月保存できる。

「りんごとしょうがのジャム」でアレンジ! 「アップルジンジャーエール」

1200_02_MG_8298

りんごとしょうがのジャム(1人分15g)を粗く刻んでグラスに入れ、炭酸水(同120ml)を注いで混ぜ、氷(適量)を浮かべてミントを飾れば「アップルジンジャーエール」に。

シャキシャキのフレッシュなりんごもいいけれど、火を通したとろりと甘いりんごも、また格別。時間のあるときにコトコト煮込んで、旬のりんごをムダなく、おいしく味わい尽くそう。

(エイパブ編集部・ヨシダ)

SHARE

PROFILE

FUNQ

趣味の時代に読むメディア

FUNQ

趣味の専門誌を届けてきた私たちが世界中の人に向けて、趣味の世界への入り口をつくりました。彩りに満ちた人生の新たな1ページが、ここから始まります。

FUNQの記事一覧

趣味の専門誌を届けてきた私たちが世界中の人に向けて、趣味の世界への入り口をつくりました。彩りに満ちた人生の新たな1ページが、ここから始まります。

FUNQの記事一覧

No more pages to load