【カジュアルおせち】コレは使える! 年末年始お役立ち食材

ひと手間かけて、気分は“手作り”

王道おせちもいいけれど、目先を変えた洋風オードブル風おせちも楽しい。年末年始の忙しい時期は、気負って一から作らなくても、市販品を利用すればOK! ほんのすこーし手をかけることで、気分は“手作り”に。人が集まる年末年始に、お役立ちの食材をリストアップした。

生ハム&オリーブ

20161119_01_1 【生ハム】
塩味と風味を生かしてフルーツと組み合わせるのが定番。切ったモッツァレラチーズを巻いておせちに詰めるのもおすすめ。

【オリーブ】
塩味とうまみが強く、お酒のお供にもぴったり。オレンジなどの切ったフルーツとあえるだけでも目先が変わり、彩りも添えてくれる。

モルタデッラ&テリーヌ

20161119_01_2 【モルタデッラ】
ボローニャ地方で作られる太めのソーセージはスパイシーでうまみ豊か。オードブルにサンドイッチにとおもてなしに活躍。

【テリーヌ】
断面の形や色合いが美しく、パーティーには欠かせない料理。市販品を購入しておせちに詰めるだけで一気に華やぎをプラスする。

ローストビーフ&粒うに

20161119_01_3 【ローストビーフ】
自家製もおいしいけれど、作る時間のないときは市販品でも気にしないで。そのまま盛ってもいいが、貝割れ菜などの野菜を巻き、ひと手間かけると「我が家流」に。

【粒うに】
うまみが濃厚で、いか刺しとあえるほか、野菜とあえたり、チーズにトッピングしたりするとぐっとリッチな味わいになる。

スモークサーモン&うずらピータン

20161119_01_4 【スモークサーモン】
鮮やかな赤い色がおせちを華やかに。上の写真のようにくるくる巻いて花のようにして盛るとごちそう感が増す。

【うずらピータン】
小さくてつまみやすいうずらのピータンも作らないおせちに一役買う。そのまま詰めても、オードブルの具にしても。

3段のうち1段だけをこうしたカジュアルなものにしてもいいし、お重を使わずに大皿などに盛り付けてもいい。我が家流のおせちをもっと楽しもう。

〇フードコーディネート:平岡淳子
旬の素材のおいしさを生かした、作りやすいおうちごはんに定評がある。書籍や雑誌、Web、広告などでレシピ提案からスタイリングまで手がけるほか、お米マイスター、野菜ソムリエとしても活躍。

(編集 M)

SHARE

PROFILE

FUNQ

趣味の時代に読むメディア

FUNQ

趣味の専門誌を届けてきた私たちが世界中の人に向けて、趣味の世界への入り口をつくりました。彩りに満ちた人生の新たな1ページが、ここから始まります。

趣味の専門誌を届けてきた私たちが世界中の人に向けて、趣味の世界への入り口をつくりました。彩りに満ちた人生の新たな1ページが、ここから始まります。

ei cooking TOPへ

No more pages to load