寒い夜はうまみたっぷりの魚のお鍋で決まり!

寒い冬には、あったかーい鍋がうれしい。鶏や豚もいいけれど、魚介の具からうまみの溶け出した煮汁の味はまた格別だ。和風からエスニックまで、〆のご飯&麺もあわせてご紹介しよう!

たらちり 柚子こしょう鍋

おなじみのたらちり鍋に柚子こしょうの風味、辛さをプラス。
ポン酢ではなく、ごまだれで。
(写真上)
【材料】(4人分)
たら 4切れ
豆腐 1丁
長ねぎ 1/2本
大根 1/4本
A 《水1L だしの素(顆粒)小さじ2 しょうゆ小さじ1/2 酒大さじ1 塩小さじ1/2》
柚子こしょう 小さじ1
★柚子こしょうの量は好みで加減する。

【作り方】
1.たらは一口大に切る。豆腐は8等分に切り、長ねぎは斜め切りにする。大根はピーラーで帯状にむいて水につけておく。
2.鍋にAの水を沸かしてだしの素を溶かし、残りのAを加える。
3.最後に柚子こしょうを加えて溶かす。を入れ、火が通ったらたれにつけていただく。

★鍋の〆にはこちら! 和風リゾット
20161207_02_2 たらのうまみ、柚子こしょうの風味が残る煮汁でリゾットを。
【材料と作り方】(1人分)
1.フライパンにオリーブ油大さじ1を熱し、洗っていない米1/4合(45ml)を入れて炒める。米が透き通ってきたら、たらちり柚子こしょう鍋の煮汁100mlを加え、弱火から中火で混ぜながら煮つめる。水分がなくなる前に鍋の煮汁を25mlずつ加えては混ぜ、10~15分煮る。
2.米の芯が少し残るくらいのかたさになったら火を止め、粉チーズ(あればパルミジャーノ・レッジャーノチーズ)小さじ1を加えて混ぜ、万能ねぎの小口切り適量をのせる。

海の幸で酸辣湯鍋

酸味と辛味の際立った、中華の定番スープを鍋にアレンジ。魚介をたっぷり加え、さらにリッチな味わい。
20161207_02_5 【材料】(4人分)
すずき、または、たい、めばる、いさきなどの白身魚 4切れ
むきえび 16尾
帆立貝柱 8個
ゆでたけのこ 150g
長ねぎ 1/2本
にら 1/2束
A《水1L 貝柱スープの素(顆粒)大さじ4 しょうゆ50ml 酒大さじ1 酢大さじ3 砂糖小さじ1 塩小さじ1/2 こしょう小さじ1/2》 
《片栗粉大さじ1 水大さじ2》
卵 1個
ラー油 適量
★貝柱スープの素がない場合は、鶏ガラスープの素でもOK。

【作り方】
1.魚は半分に切り、えびは背わたを取る。たけのこは薄いくし形切りに、長ねぎは斜め切りにし、にらは5cm長さに切る。
2.鍋にAの水を沸かして貝柱スープの素を溶かし、残りのAを加える。
3.煮立ったら、水で溶いた片栗粉を加えてとろみをつけ、にら以外のと帆立貝柱を入れる。再び煮立ったら、にらを加え、溶きほぐした卵を回し入れる。食べるときにラー油を好みの量加える。

★鍋の〆にはこちら! 酸辣湯麺
20161207_02_6 うまみ、酸味、辛味の絶妙なバランスの煮汁をラーメンのつゆに利用する。
【材料と作り方】(作りやすい分量)
1.中華麺適量は袋の表示どおりにゆで、さっと洗ってざるに上げる。
2.器に中華麺を盛り、海の幸で酢辣湯鍋の煮汁適量を具材ごとかける。こしょう少々をふり、ラー油を好みの量かける。

タイ風 魚介鍋

しょうゆとナムプラー、青唐辛子などを合わせたタイ風テイスト。3種類の貝から出るだしがおいしさのポイント。
20161207_02_7 【材料】(4人分)
むきえび 12尾
帆立貝柱 4個
はまぐり(砂出ししたもの) 4個
あさり(砂出ししたもの) 12個
A《水1L 酒大さじ1》
B《ナムプラー50ml 酢大さじ2 砂糖大さじ1 塩少々 おろしにんにく1/2片分》
香菜 1株
青唐辛子 1本

【作り方】
1.えびは背わたを取る。貝は殻をこすり合わせて水でよく洗い、汚れを落とす。香菜は葉を摘み、葉はざく切りにし、茎は3cm長さに切る。
2.Aの貝を入れ、火にかける。貝の口が開いたらいったん取り出し、アクを取ってからBを加えて温める。
3.にえび、帆立、青唐辛子、香菜の茎を入れ、火が通ったら、香菜の葉を加える。

★鍋の〆にはこちら! タイ風汁ビーフン
20161207_02_8 平たいタイのビーフンを加えて汁ビーフンに。
【材料と作り方】(作りやすい分量)
1.ビーフン適量は湯に10分ほどつけ、少し芯が残るくらいにもどす。
2.タイ風魚介鍋にビーフンを入れてさっと火を通し、具材といっしょに器に盛って香菜適量を飾る。

(編集 M)

SHARE

PROFILE

FUNQ

趣味の時代に読むメディア

FUNQ

趣味の専門誌を届けてきた私たちが世界中の人に向けて、趣味の世界への入り口をつくりました。彩りに満ちた人生の新たな1ページが、ここから始まります。

FUNQの記事一覧

趣味の専門誌を届けてきた私たちが世界中の人に向けて、趣味の世界への入り口をつくりました。彩りに満ちた人生の新たな1ページが、ここから始まります。

FUNQの記事一覧

ei cooking TOPへ

No more pages to load