超簡単! お節で余った黒豆、栗きんとんがオシャレデザートに変身

せっかく用意したおせち料理も、2日目くらいから味に飽きてしまうもの。せっかくの祝いのメニュー、捨てるなんてもったいないし、無理やり食べるのもちょっと嫌。そこで、食卓に出しても手を付けられずにいるメニューがあるなら、いっそのことおいしいデザートにアレンジしちゃおう。どれも簡単にできるラクちんレシピなのでぜひ試してみて。

【黒豆とは?】

01黒豆
黒豆はまめに働き、まめに暮らすという意味をもつ。家族の健康を祈りながら一年のはじまりに食べる一品。

【栗きんとんとは?】

栗きんとん04
「金団」と書き、黄金色の財宝に例えられ、金運を呼ぶおめでたい一品。「勝ち栗」として縁起のよい栗もたっぷり加えて祝う。

アレンジ1:黒豆マスカルポーネ

黒豆02
残った黒豆をおしゃれメニューにアレンジ。黒豆1/2は汁気をきり、マスカルポーネチーズ大さじ山盛り4と混ぜる。器にもったらお好みではちみつを小さじ2~3かけるだけ。あっという間に簡単デザートのできあがり。

アレンジ2:黒豆冷しるこ

黒豆03
白玉粉100gと絹ごし豆腐130gを手でもみながら混ぜ合わせる。やや平たくして丸めてゆでたら、よく冷やした黒豆3カップ(煮汁多め)と合わせるだけ。冷たくしても、温かくしてもお好みで。白玉の代わりに香ばしく焼いたもちを入れてもOKなので、お餅が余った時にも応用できる。

アレンジ3:栗きんとんクリームのパンケーキ

パンケーキ05
生クリーム200mlをホイップし、栗きんとん2/3カップと混ぜるだけでおいしいマロンクリームに。焼きたてのパンケーキにマロンクリームをのせてメープルシロップを適量かければ、いつもと違うおしゃれなパンケーキに変身! マロンクリームはほかのスイーツにも応用自在なので覚えておくと便利。

アレンジ4:栗きんとんアイス

栗きんとんアイス06
市販のバニラアイスクリームと栗きんとんを混ぜるだけ。バニラアイスは常温において少し柔らかくしておく。すぐできるので食後のデザートにもぴったりだ。黒豆に代えてもおいしく作れる。

黒豆や栗きんとんなど余りがちな一品が、ほんの少しのひと手間で簡単にスイーツへと変化。時間がなくてもちゃちゃっとできるので、お正月はほっこりなごむやさしい和スイーツで幸せ気分になろう。

〇フードコーディネート:平岡淳子
旬の素材のおいしさを生かした、作りやすいおうちごはんに定評がある。書籍や雑誌、Web、広告などでレシピ提案からスタイリングまで手がけるほか、お米マイスター、野菜ソムリエとしても活躍。近著に「12月31日でも作れるおせちと正月の簡単つくりおき」がある。

(I)

SHARE

PROFILE

FUNQ

FUNQ

趣味の専門誌を届けてきた私たちが世界中の人に向けて、趣味の世界への入り口をつくりました。彩りに満ちた人生の新たな1ページが、ここから始まります。

ei cooking TOPへ

No more pages to load