糖質・カロリーオフしたいなら「レンチン料理」を今すぐ始めよう|『やせるおかずBEST200』

「レンチン」料理もとい電子レンジで作る料理は、時短やお手軽料理として取り上げられることが一般的。けれど火を使わない電子レンジ調理は、糖質オフやカロリーダウンを考える人にとってオススメの調理法なのだ。

ダイエット中ならレンチン料理!の理由

電子レンジを利用すると、油を使う必要がない。その分カロリーを抑えることができる。また、調理時間が短くて済んだり、洗い物が減ったりと手軽に作ることができるため、億劫になりがちなダイエットの食事へのハードルが下がるのも嬉しいところ。これからダイエットを始めようとしているビギナーにもとっつきやすい。

レッツ「レンチン」! 基本の作り方

ここではレシピの一例として「えびとキャベツのハーブ蒸し」を、レシピ本『やせるおかずBEST200』からご紹介。作り方はとっても簡単。キャベツがたっぷり食べられてヘルシーな一品だ。

1200_99A9364

○えびとキャベツのハーブ蒸し
[材料]1人分
えび ……6尾
キャベツ ……2枚
バター ……5g
【A】
塩 ……少々
白ワイン、片栗粉、オリーブ油 ……各小さじ1
【B】
スープの素(コンソメ味、顆粒) ……小さじ1
白ワイン ……大さじ1
オレガノ、タイム、バジルなどの好みのハーブ ……1枝

ステップ【1】レンジで加熱する

1200_99A9338

キャベツは一口大のざく切りにする。えびは尾を残して殻をむき、背わたを取って【A】をもみ込む。耐熱皿にえびを、キャベツの間にはさみながら入れる。【B】を加えてバターをちぎって全体にのせ、ラップをふんわりとかけて600Wの電子レンジで2~3分加熱する。

ステップ【2】混ぜる

1200_99A9356

ラップを取り、上下を返しながら全体を混ぜ合わせる。

基本の作り方をアレンジすれば、こんなにできる!

味つけや材料を工夫すれば、電子レンジだけでもこんなに作れる。さらに無理なくやせるためには、糖質が少ない“やせ食材”を選ぶのがポイントだ。

鶏もも肉を使って……「レンジ鶏」

1200_99A9301

牛赤身を使って……「レンジチンジャオロースー」

1200_99A5368

「レンチン料理って手抜きでしょ」なんてあなどることなかれ。上手に活用して、美味しく無理なくヘルシーな食生活を始めよう。

(ヨシザワ)

SHARE

PROFILE

FUNQ

FUNQ

趣味の専門誌を届けてきた私たちが世界中の人に向けて、趣味の世界への入り口をつくりました。彩りに満ちた人生の新たな1ページが、ここから始まります。

ei cooking TOPへ

No more pages to load