大注目の調理道具・スキレットをぜひ使いたい5つの理由

『スキレット』って?

スキレットとは鋳鉄のフライパンのこと。100年以上の歴史を持つ有名なアメリカのメーカー、LODGE(ロッジ)など、いろいろなメーカーの製品が出回っています。最近では、ホームセンターやスーパーなどでも手軽に入手できるようになったので、見かけたことがあるかもしれませんね。

鉄の鍋は重くて使いにくいと敬遠されがちですが、直径17㎝くらい(6.5インチ)のスキレットなら扱いやすく、フライパンと同じように毎日手軽に使えます。しかも、優れた蓄熱性があり、食材の表面に香ばしい焼き色をつけ、素材のうまみを上手に引き出してくれます。

いつもの料理が驚くほどおいしくなり、食卓にそのまま出してもおしゃれです。使えば使うほど愛着がわき、一度使うとトリコになってしまう。そんな魅力いっぱいの道具がスキレットです。

スキレットの5つの魅力

はじめて使う方も、すでに持っている方もチェック! スキレットのよさを知ってください。

1. 料理がとにかくおいしくなる
蓄熱性、保温性が高く、食材を入れても温度が下がりにくいため、ムラなく加熱できます。カリッと焼いたり、じっくり煮てうまみを引き出したり、素材の味を生かしたシンプルな料理ほどスキレットの力を実感できます。

2. 調理時間が短縮できる
鉄は一度熱くなったら冷めにくく、高温をキープしたまま調理できるので、火の通りが早くて調理時間の短縮につながります。煮込み料理は短時間でおいしくなり、野菜の炒めものなどはシャキシャキの食感に仕上がります。

3. あつあつのまま食卓へ出せる
小ぶりな6.5インチサイズのスキレットならプレート代わりになって、そのまま食卓へ出せます。いつもの料理がおしゃれに見え、パーティやおもてなしにも重宝します。時間がたっても、あつあつの料理が楽しめるのも魅力。
20180316_01_1

4. 幅広い調理に使える
焼く、煮る、蒸す、揚げるなど、どんな調理にも対応でき、オーブンや魚グリルでも使えます。スキレット用のふたを使えば、うまみを含んだ蒸気を逃さず、ジューシーに仕上がります。

5. お手入れすれば一生もの
鉄は使えば使うほどなじんで扱いやすくなるので、『育てる』楽しみがあります。洗い方に気をつけたり、油を塗ったり、ポイントを押さえて、きちんとお手入れをすれば、長く使うことができる一生ものの道具です。

そんなスキレット、今日からあなたも使ってみませんか?
20180316_01_2
デザートにもどうぞ!

(出典:『簡単! おいしく作れる! スキレットレシピ』

(編集 M)

SHARE

PROFILE

FUNQ

FUNQ

趣味の専門誌を届けてきた私たちが世界中の人に向けて、趣味の世界への入り口をつくりました。彩りに満ちた人生の新たな1ページが、ここから始まります。

ei cooking TOPへ

No more pages to load