忙しい人は必見!いつものおかずをたった5分で作る3つのコツとは!!

どんなに忙しかろうが、ヘトヘトに疲れていようが、毎日の食事の時間はやってきます。

「今日はなんにも作りたくないな…」と、キッチンに立つのも嫌な日、ありますよね?かといって、コンビニやスーパーの出来合いのお惣菜などでも済ませたくないし…。

そんな時に役に立つ、料理をすばやく仕上げる3つのコツをご紹介!
言われてみれば…という知識なのですが、理解して実践することで、なんと1品を5分で作れてしまうという神テクニック!

今日からすぐ取り入れてみませんか?

ポイント1 時短向きの食材を選ぶ

短時間でおかずを作るには、まずは手間のかからない食材を選ぶことが大切です。キーワードは「火の通りやすさ」と「下ごしらえの短さ」。素材ごとに役立つポイントをチェック!

■肉
肉ならひき肉やこま切れ肉をセレクト。火が通りやすく、切る手間もかかりません。薄切りの肉やしゃぶしゃぶ用の肉も火が通りやすいのでおすすめ。厚みのある鶏肉やかたまり状の肉を使う場合は小さく薄く切れば、火の通りが早くなります。
009
■魚
さばく手間のかからない切り身や刺し身が便利。なかでも骨のないかじきまぐろや、切ってある市販のお刺し身セットは使い勝手も◎。人気のえびなら、すでに殻をむいてあるむきえびを使うと手軽です。
008
■野菜
プチトマトやもやしなどは切らずにそのまま使えるのでラクチン。すぐに調理に利用できます。忙しいときは、市販のカット野菜もおすすめ。せん切りキャベツや万能ねぎの小口切りのほか、野菜炒めセットやサラダセットなど、種類も豊富です。
010
■缶詰・加工品
保存期間が長く、すぐ使える缶詰や市販の冷凍うどんは、ストックしておくと便利。缶詰は帆立貝柱やミックスビーンズなど種類も豊富で、下ごしらえが不要なのもうれしいところです。冷凍うどんは解凍するだけで、ゆで時間ゼロ。それぞれ、もう一品何かほしいときや、買いものに行けないときに大活躍します。
013

ポイント2 風味やうまみのある素材を利用する

5分でおいしく作るには、風味やうまみのある食材を上手に合わせるのがコツ。手間をかけずに料理のおいしさをアップしてくれる、5分レシピの助っ人ともいえる食材や調味料をご紹介。

◆◆加工品◆◆
011
■白菜キムチ
独特の辛味とうまみが特徴。冷や奴にのせたり、炒めものに加えたり、それだけですぐに味が決まります。

■ベーコン
ほどよい塩気と肉のうまみを手軽にプラスできます。スープなどの味出しにも大活躍。

■高菜漬け
ピリッとした辛味と強めの塩気が特徴。ご飯料理や炒めものをスピーディーにおいしくしてくれます。

◆◆保存食・乾物◆◆
005
■梅干し
昔ながらの保存食。手で粗くちぎったり、包丁でたたいてペースト状にすれば5分料理の調味料に。

■桜えび
うまみ出しに便利なアイテム。スープや焼きそばなどに加えるだけで、簡単に味に深みが出ます。

■しらす干し
カタクチイワシなどの稚魚で、塩気とうまみのバランスが絶妙。のっけ飯や副菜にも使える万能選手です。

◆◆調味料・その他◆◆

■麺つゆ
だし汁、しょうゆ、みりんなどを合わせた万能調味料。料理の味つけに幅広く使えます。

■カレールウ
カレー味のおかずが手早く作れます。好みの味を選べるのもうれしい。

■スープの素
顆粒のものが便利。着色料、香料無添加のものも販売されています。

■レモン
レモン汁の酸味がおかずの味を引き締めます。皮を刻んで加えると彩りもアップ。

■にんにくチューブ&しょうがチューブ
少量絞るだけでにんにくやしょうがの風味をプラスできます。細かく刻んだりする手間もなし。

■塩麹
米や麦などに麹菌を繁殖させた麹に塩、水を加えた天然の調味料。うまみと塩味のバランスが◎。

■マヨネーズ&トマトケチャップ
サラダのドレッシングやおかずの味つけ、ソースにも便利。マヨネーズは炒め油としても使用可。

ポイント3 調理の工夫でさらにラクチンに

下ごしらえ、加熱、仕上げ別に、それぞれのタイミングでできる時短ワザ。どれも簡単なのに、おいしさと調理スピードがぐんとアップします。

■下ごしらえ編
材料をカットするときは小さく薄くが鉄則。そのままだと火が通りにくい鶏肉などは、こうすることで加熱時間が短くてすみます。食材に切り込みを入れるのも火の通りをよくするコツの一つ。切り身魚などは切り込みを入れることで短時間でも火が通ります。
007
■加熱編
あらかじめ食材を電子レンジで加熱し、火を通しておくと、フライパンや鍋などで加熱する時間が短くてすみ、時短につながります。レンジ加熱している間はほかの作業ができ、食卓の準備もはかどります。
006
■仕上げ編
加熱せずに食材と調味料をあえるだけ、のせるだけといった、ほぼ仕上げだけのレシピも便利。豆腐を使った冷や奴やお刺し身を利用したおつまみものせるだけ、混ぜるだけで充分な1品になります。
014
疲れていてもオウチで食事をするとやっぱりほっとするものです。やってみたら意外と「作ってよかった」と、気分転換にもなるはず。疲れた時、時間がない日は「賢い手抜き」を積極的に取り入れて、ラクして美味しく、料理を楽しんでくださいね。

(出典:『パパッと作れる!5分レシピ』)
(ふく)

SHARE

PROFILE

FUNQ

趣味の時代に読むメディア

FUNQ

趣味の専門誌を届けてきた私たちが世界中の人に向けて、趣味の世界への入り口をつくりました。彩りに満ちた人生の新たな1ページが、ここから始まります。

FUNQの記事一覧

趣味の専門誌を届けてきた私たちが世界中の人に向けて、趣味の世界への入り口をつくりました。彩りに満ちた人生の新たな1ページが、ここから始まります。

FUNQの記事一覧

No more pages to load