サヨナラ茶色弁当! インスタ映えランチは5colorsで実現できる!

「美味しそう! いいなあ」と言わせる弁当になる!

弁当箱のふたを開けたら茶色一色ということはありませんか? 茶色一色のお弁当だってもちろんおいしい。でも、やっぱり、見栄えがいいと気分も上がるし、午後からも頑張ろうという気持ちになれます。

そこでキーとなるのが副菜の色。緑、黄、赤、白、茶・黒を『5colors』とし、メインおかずの色を見て、足りない色の副菜を補います。漠然と「彩りよく」と考えているより、献立作りが楽になりますよ。

また、彩りを意識していても、緑といえば、いんげんのごま和え、赤といえばプチトマト一択になっているということはないでしょうか。それぞれのカラーであと2つずつ副菜のバリエーションが増えれば、お弁当のバリエーションは2の5乗にも。作れる献立が増えていけば、旬の食材を上手に使い食費を抑えることもできるようになります。下記のレシピも、ぜひ参考にしてみてくださいね。

●ブロッコリーとアーモンドのサラダ
20180912_01_1 【材料】(作りやすい分量)
ブロッコリー 1/3株
アーモンド 6個
A《オリーブ油大さじ1と1/2、しょうゆ大さじ1》
【作り方】
1. ブロッコリーは小房に分け、塩(分量外)を入れた湯で塩ゆでし、常温に置いて冷ます。アーモンドは粗く刻む。
2. 1Aであえる。

●コーンとキャベツのカレー炒め
20180912_01_2 【材料】(作りやすい分量)
ホールコーン(缶詰など) 100g
キャベツ 5~6枚(正味300g)
A《酢・カレー粉各大さじ1/2、砂糖小さじ1/2、塩小さじ1/3》
オリーブ油 大さじ1
【作り方】
1. キャベツは5mm幅くらいの太めのせん切りにし、オリーブ油を熱したフライパンで炒める。しんなりしてきたらコーンを加えて炒め合わせ、混ぜ合わせたAを加えて炒める。

●赤パプリカのチーズおかかあえ
20180912_01_3 【材料】(2~3人分)
パプリカ(赤) 1個
プロセスチーズ 2枚(40g)
A《ごま油小さじ1/2、3倍濃縮の麺つゆ大さじ1》
削りがつお 1パック(4g)
【作り方】
1. パプリカは種とわたを取って細切りにし、耐熱皿に入れてAをからめる。ラップをふんわりとかけ、600Wの電子レンジで1分30秒~2分加熱する。
2. チーズは細切りにする。
3. 1に削りがつおを加えてあえ、粗熱が取れたら、チーズを加えて混ぜる。

●かぶの赤じそふりかけあえ
20180912_01_4 【材料】(作りやすい分量)
かぶ 2個
赤じそふりかけ 小さじ2
塩 二つまみ
【作り方】
1. かぶは葉を取り、根の部分を洗う。よく洗ったら、皮をむかずに薄切りにし、塩を加えて、塩もみする。水分が出てきたら水気を絞り、赤じそふりかけを加えてあえる。

●きのこのツナ炒め
20180912_01_5 【材料】(2~3人分)
しめじ・まいたけ 各100g
生しいたけ 2枚
ツナ缶(水煮) 1缶(70g)
塩 小さじ1/3
こしょう 少々
焼きのり 全形1/2枚
オリーブ油 小さじ2
【作り方】
1. しめじとまいたけは小房にほぐし、しいたけは石づきを取って、薄切りにする。のりは粗くちぎる。
2. フライパンにオリーブ油を中火で熱してきのこ類を炒め、軽く缶汁をきったツナを加えて炒め合わせる。塩、こしょうで味を調え、のりを加えて混ぜる。

(出典:『10分で作れる! 作りおき弁当おかずBEST200』)

(編集 M)

SHARE

PROFILE

FUNQ

趣味の時代に読むメディア

FUNQ

趣味の専門誌を届けてきた私たちが世界中の人に向けて、趣味の世界への入り口をつくりました。彩りに満ちた人生の新たな1ページが、ここから始まります。

趣味の専門誌を届けてきた私たちが世界中の人に向けて、趣味の世界への入り口をつくりました。彩りに満ちた人生の新たな1ページが、ここから始まります。

ei cooking TOPへ

No more pages to load