容器や日持ちが意外と大事!ホームパーティーで【喜ばれる持ちよりごはん】3つのポイント

年末年始は、仲間同士や親せきなど、何かと人が集まる機会が多くなります。ホストの負担を軽くするために、「一人一品持ちよりで」などと、準備が必要な日も増えてくるかもしれません。

そんな時、意外と難易度が高いのがメニュー選び。どんな料理をもっていけば喜んでもらえる?見栄えを重視すべき?他の人とカブらないひと工夫のある料理をもっていきたい!など、会のメンバー構成や人数を考えながら、サプライズ感のあるメニューを考えるのはなかなか大変です。

そこで、持ちよりごはんをセレクトする際に、気をつけたいポイントをご紹介。歓声があがるひと工夫から運び方のアイデアまで、ヒントをたっぷりご紹介します。

ポイント1:容器は運びやすく、そのまま食卓に出せるものを

03 蓋付きのホーローバットがあれば、オーブンなどで焼いて、移し替えをせずにそのまま訪問先まで持って行けるので便利。食べるときに、盛り替えずにバットからそれぞれの取り皿に食べたい分だけ盛れるところも◎。汁気のあるものは密閉容器に入れ、煮込み料理は鍋ごと持って行くと安心。薬味やレモンなどの添え物は別容器に入れ、フレッシュな状態で持参します。

ポイント2:見栄えする一品でテーブルをにぎやかに

02 持ちよりには、華やかな料理が最適。色のきれいな野菜をたっぷり使ったオープン焼きや、卵やえびを美しくならべた押しずし風ちらしずしなど、思わず目を引く見た目だと、まわりからもほめられます。

ポイント3:日持ちのする料理を選べば、準備もラク

05 煮込み料理やマリネ料理など、日持ちがする料理は前もって作ることができるので、準備しておけば当日はあわてなくてすみます。時間がたつほど味が素材にしみ込み、おいしさがアップするメリットもうれしいところです。

また、持ちよりメニューを考える際に、チェックしておきたい項目は以下のとおり。

□会全体のメンバーのバランスはOK?
□訪問先のキッチンは使える?
□メンバーの好みやアレルギーなどはOK?

日持ちのするおすすめ【持ちより】レシピ

鶏もも肉とぶどうのバルサミコマリネ
01 【材料】3~4人分
鶏もも肉…2 枚(約600g) 
塩…小さじ1 
粗びきこしょう(黒)…適量
種なしぶどう…小20~25粒 
まいたけ…2 パック 
A 《バルサミコ酢・米酢…各40ml、塩…小さじ1/3》 
オリーブ油…小さじ1

1 鶏肉は塩、こしょうをして10分ほどおく。まいたけは大きめに手でほぐす。ぶどうは実を枝からはずしておく。
2 熱したフライパンにまいたけを入れ、あまりさわらずに焼き色がつくまで焼いて取り出す。フライパンをペーパータオルでふいてオリーブ油を熱し、鶏肉を皮目から入れ、鍋のふたなどで押さえながら両面をこんがりと焼く。取り出して粗熱を取り、1枚を4~6等分に切ってまいたけとともに容器に入れる。
3 2のフライパンにぶどうとA を入れ、揺すりながら強火にかけ、ぶどうの皮にしわが寄るまで2分ほど煮つめ、2の容器に加えて軽く混ぜる。
★冷蔵で2~3日保存できます。

事前に作っておくことができる煮込み料理なども、汁物ですが持ちよりには便利とは意外!持ちよりのポイントを押さえれば、メニュー選びで「どうしよう…」と慌てることも少なくなりそうです。ぜひ歓声のあがる一品で、大切な仲間や家族に「おいしいハッピー」を届けてくださいね。

レシピ考案:荒木典子/料理研究家。大学卒業後、調理師学校で料理を学び、出版社で料理書の編集に携わったのち、独立。著書も多数。

(出典:『持ちより、さし入れレシピBEST200』)
(ふく)

SHARE

PROFILE

FUNQ

趣味の時代に読むメディア

FUNQ

趣味の専門誌を届けてきた私たちが世界中の人に向けて、趣味の世界への入り口をつくりました。彩りに満ちた人生の新たな1ページが、ここから始まります。

FUNQの記事一覧

趣味の専門誌を届けてきた私たちが世界中の人に向けて、趣味の世界への入り口をつくりました。彩りに満ちた人生の新たな1ページが、ここから始まります。

FUNQの記事一覧

ei cooking TOPへ

No more pages to load