小麦アレルギーのある子も安心。卵・乳製品もゼロの米粉で作るもっちり蒸しパンの作り方

もちもち、ふわふわの食感と米特有の甘味が楽しめる米粉の蒸しパン。米粉はたんぱく質のグルテンを含まないので、小麦アレルギーのあるお子さんが安心して食べられるのもうれしい。ここでは、さらに卵や乳製品も使わずおいしく仕上がる米粉蒸しパンのレシピをご紹介。身近なもので簡単に作れるから、思い立ったらすぐトライ!

たったこれだけ! 米粉蒸しパンの基本の材料

20190315_1_12

米粉蒸しパンの基本の材料は、米粉、ベーキングパウダー、砂糖、塩・こしょう、豆乳(無調整のもの)、菜種油、といたってシンプル。これだけで、おいしくて体にやさしい蒸しパンができあがる。ポイントは、粒子の細かい製菓用の米粉を選ぶこと。従来の粒子が粗いものは和菓子には適していても、パンやお菓子には使いにくいこともあるので気をつけたい。

20190315_1_01

米粉は粉をふるう必要がなく、それだけでひと手間省けるが、ここでは蒸す工程にも一工夫。蒸し器ではなくフライパンとフタを使うことで、さらに手軽に作れるようになっている。フライパンはプリン型が5個入る直径28㎝の深型、フタは中が見えるガラス製が便利でおすすめ。

15分でできる! 「基本の米粉蒸しパン」の作り方

20190315_1_02

まず覚えておきたいのは、米粉に豆乳と菜種油を加えて作る、やさしい甘さのプレーンな蒸しパン。かかる時間は、わずか15分。材料を混ぜてカップに流し、蒸すという簡単なステップで、もっちり、ふわふわの仕上がりに。

≪材料≫
直径7.5cm×高さ4cmのプリン型5個分

米粉:150g
ベーキングパウダー:小さじ2
上白糖:50g
豆乳:120ml
菜種油:大さじ2

≪作り方≫
【1】油以外の材料を混ぜる
ボウルに米粉、ベーキングパウダー、上白糖を入れ、豆乳を加えて泡立て器でよく混ぜる。
20190315_1_03

【2】菜種油を混ぜる
菜種油を加え、さらに混ぜる。
20190315_1_04

【3】型に生地を入れる
グラシンカップを敷いた型に【2】をスプーンで等分に流し入れる。
20190315_1_05

【4】フライパンで蒸す
フライパンに2cm深さくらいまで水を入れてふたをし、火にかける。沸騰したら【3】を手早く並べてすぐにふたをし、強火で約10分蒸す。
20190315_1_06

【5】完成
生地の中心に竹串を刺して生地がついてこなければ蒸し上がり。
20190315_1_07

【6】冷ます
取り出して型からはずし、ケーキクーラーなどにのせて冷ます。
20190315_1_08

朝食におやつに、アレンジは無限大

20190315_1_09
にんじん、黒砂糖、ビーツ、ほうれん草、トマトジュース、かぼちゃ……基本の生地に野菜をミックスしたり、砂糖や水分をアレンジしたりするだけで、真っ白な蒸しパンがこんなにカラフルに! クセのない味わいなので、野菜嫌いのお子さんにも◎。

20190315_1_10
豆乳をオレンジジュースに代えたり、バナナにキビ砂糖とシナモンを合わせたり。季節のフルーツやジュース、缶詰、ドライフルーツなどをプラスすれば、スイーツとしても大満足!

20190315_1_11
砂糖の代わりに塩・こしょうを使い、アボカドやコーンなど好みの野菜を加えたら、朝食やランチにもぴったりのおかずパンに。野菜ならではの旨味や甘味、食感が楽しめる。

グルテンフリーと聞くと、どこか味気なさそうなイメージがあるけれど、米粉蒸しパンは別。ヘルシーなのにしっかりおいしいから、きっと毎日の食事やおやつに大活躍してくれるはず。基本のレシピをマスターしたら、いろいろなアレンジを試してみたい。

(出典:『小麦粉・卵・乳製品ゼロ!15分でできる!米粉の蒸しパン』、著者:齋藤真紀)
(エイサイト編集部・ヨシダ)

SHARE

PROFILE

FUNQ

趣味の時代に読むメディア

FUNQ

趣味の専門誌を届けてきた私たちが世界中の人に向けて、趣味の世界への入り口をつくりました。彩りに満ちた人生の新たな1ページが、ここから始まります。

趣味の専門誌を届けてきた私たちが世界中の人に向けて、趣味の世界への入り口をつくりました。彩りに満ちた人生の新たな1ページが、ここから始まります。

ei cooking TOPへ

No more pages to load