ei cooking

BRAND

  • Lightning
  • 2nd(セカンド)
  • CLUTCH Magazine
  • EVEN
  • BiCYCLE CLUB
  • RUNNING style
  • NALU
  • BLADES(ブレード)
  • RIDERS CLUB
  • CLUB HARLEY
  • DUCATI Magazine
  • flick!
  • じゆけんTV
  • 湘南スタイルmagazine
  • ハワイスタイル
  • トリコガイドシリーズ
  • buono
  • ei cooking
  • Yogini
  • ランドネ
  • PEAKS
  • フィールドライフ
  • SALT WORLD

ホームベーカリーで作る!専門店級のプレミアムな食パン プレーンタイプ13のレシピ

ei cooking(エイクッキング)は料理を作ること、食べること、食を楽しむことを通してハッピーを広げるメディア。初心者も料理好きも、女性も男性も楽しめる、プロの料理家による簡単&手軽で失敗のないレシピをお届けします。

今回は、ホームベーカリーで作れる「プレミアム食パン」レシピをご紹介します。最近は食パン専門店がたくさん出店し、ちょっと贅沢な“こだわりの食パン”が人気を集めています。そこで、専門店の食パンの贅沢な味を、おうちでも手軽に楽しめるよう、ホームベーカリーで作れるレシピにアレンジしました。

プレミアムといっても、高級な材料を使うわけではありません。材料の選び方や配合、素材の組み合わせなどを工夫し、食べたときの満足度が高い味や食感を目指しました。作り方は材料を計量してセットし、スイッチを押すだけ。前日の夜にセットしておけば、翌朝焼きたてが食べられるのも、うれしいポイント。

まずは基本のプレミアム食パンで作り方の流れを押さえます。おいしく焼けたら次は、さっくり、しっとり、もっちり、ふわふわ……、さまざまな特徴のプレーン食パンに挑戦!たくさんのレシピのなかから、お気に入りの食パンを探してみてください。

基本の材料

プレミアム食パン作りに必要な、主な材料を紹介します。レシピによって変わるので、作りたいパンに合わせて用意しましょう。

基本的には水道水を使用。夏は5〜9℃の冷水を10gほど少なめに、冬は20〜25℃の水を5gほど多めにと、気温と室温によって加減するとよい。レシピによって牛乳や豆乳、生クリームなども使う。

牛乳

鮮度のよいものを選ぶ。水の代わりに加えるほか、水といっしょに使う。生地にミルクのフレーバーが加わり、風味や甘味が増す。牛乳に含まれる糖分やたんぱく質により、きれいな焼き色がつきやすくなる効果も。

強力粉

特に指定がない場合、扱いやすい「カメリヤ」を使用。粉の銘柄を変えると風味や食感が変わるので好みでセレクト。強力粉のほか、準強力粉のフランスパン専用粉(リスドォル)も使用。

鮮度のよいものを選ぶ。生地に加えることで香りやコクがアップし、きれいな焼き色がつく。生地を乳化させる役割もあり、口どけのよい、なめらかな食感に仕上がる。卵黄だけを使うとよりコクが増す。

バター

基本的に無塩バターを使用。加えるとコクや風味が出る。エシレバターや発酵バターなど良質なものを選ぶとプレミアム感が増す。バター以外の油脂分に、太白ごま油やオリーブ油、ショートニングを使うことも。

ドライイースト

予備発酵のいらないドライイーストを選ぶ。ここでは、特に指定がない場合はフランス・サフ社の赤ラベル(写真上)を、甘味の強い食パンは耐糖性のある金ラベル(写真下)を使用。開封後は早めに使いきり、保存は密閉して冷蔵庫か冷凍庫へ。

砂糖

甘味をつけるだけでなく、発酵を進めてパンをふくらませる役割もある。ここでは特に指定がない場合、上白糖を使用。かたまりがある場合は、ほぐしてからパンケースに入れる。黒砂糖やはちみつなどを使うことも。

塩味をつけるだけでなく、生地を引き締めたり、発酵が早く進みすぎるのを抑えたりする役割もある。岩塩などの粒子が粗いものよりも、粒子が細かく生地に混ざりやすい顆粒タイプがおすすめ。

まずは基本のプレミアム食パン

最初は、スタンダードなプレミアム食パンに挑戦。砂糖やバターを少し多めに配合し、水分には牛乳をミックス。濃厚で、毎日食べても飽きない味に仕上げました。

基本のプレミアム食パンのレシピ・作り方

基本のプレミアム食パンの作り方で、ホームベーカリーの使い方を紹介します。材料を正確に計量してセットしたら、あとは焼き上がりを待つだけです。

材料(1斤分)

・強力粉……250g
・塩……3.5g
・砂糖……25g
・無塩バター……35g
・牛乳……100g
・水……85g
・ドライイースト……2.5g

【1】羽根をセットする

パンケースの底に羽根を取り付ける。

【2】計量する

デジタルのはかりにパンケースをのせ、ゼロに設定する。イースト以外の材料を1つずつ入れ、計量する(1つ計量するたびにゼロに設定しなおす)。

【3】本体にセットする

材料をすべて入れたパンケースを本体にセットする。

【4】イーストを入れる

ふたを閉め、イースト容器にドライイーストを入れる。

★イーストの自動投入機能がない場合や、途中で具材を加える場合は、後述「美味しく仕上げるためのアドバイス」を参照。

【5】設定してスタート

上ふたを閉め、メニュー、レーズン(具材)のあるなし、焼き色を設定してスタートボタンを押す。ここでは「食パンメニュー」、「レーズンなし」、「焼き色標準」を選択する。

★レーズン(具材)あり、焼き色を淡くする場合は、後述「美味しく仕上げるためのアドバイス」を参照。

【6】取り出す

焼き上がりのコール音が鳴ったら、取り消しボタンを押す。ミトンなどをしてパンケースからパンを取り出し、ケーキクーラーにのせて冷ます。

★やけどに注意。パンケースに入れたままにしておくと蒸気でふやけたり、しわの原因になるのですぐに出します。
★焼きたては柔らかくて切りにくいので、粗熱が取れてから切りましょう。

美味しく仕上げるためのアドバイス

ここでは、パナソニックのホームベーカリー「SD-MDX102」を使用しています。メーカーや機種によってコースの名称や機能が異なるので、お手持ちのホームベーカリーの取扱説明書をよく読んで正しく安全にお使いください。

イーストの自動投入機能がない場合

パンケースの中央に粉を山になるように入れ、真ん中にくぼみを作り、イーストを入れる。周囲に残りの材料を加える。イーストに塩や水が触れないようにする。

焼き色を淡く仕上げたい場合

生食パンなど焼き色を薄く仕上げたいとき、甘酒など焦げやすい材料を使うときは、焼き色を「淡」に設定する。

途中で具材を加える場合

イースト容器の横の自動投入ケース(レーズン・ナッツ容器)に具材を入れる。メニューを選択するとき、「レーズンあり」に設定する。

具材の自動投入機能がない場合

「レーズンあり」または「ミックスコール」などを選択してスタートさせ、具材投入のコール音が鳴ったら具材を加える。

具材の形を残したい場合

具材を加えるパンで、具材の形を残したいときは「レーズンあり、粗混ぜ」に設定する。

さっくり食パン

フランスパン専用粉を混ぜ、軽くて歯切れがよい生地に。トーストすると、よりサクサク感を味わえます。

材料(1斤分)

・強力粉……200g
・フランスパン専用粉(準強力粉)……50g
・塩……3g
・砂糖……15g
・ショートニング……15g
・水……170g
・ドライイースト……3g

作り方

【1】基本のプレミアム食パンの作り方と同じ要領で、イースト以外の材料をパンケースに入れ、イースト容器にイーストをセットする。食パンメニューを選択してスタートさせる。

ポイント

強力粉にフランスパン専用粉(リスドォルを使用)を混ぜ、油脂にショートニングを使い、さっくり食感に。

ふんわり食パン

卵を加えると焼き上がりに高さが出て、ふわふわに。口溶けのよい、エアリーな食感を楽しんでください。

材料(1斤分)

・強力粉……240g
・塩……2.5g
・砂糖……25g
・無塩バター……25g
・卵……25g
・水……150g
・ドライイースト……2.5g

作り方

【1】基本のプレミアム食パンの作り方と同じ要領で、イースト以外の材料をパンケースに入れ、イースト容器にイーストをセットする。食パンメニューを選択してスタートさせる。

ポイント

卵は生地を乳化させる役割があり、加えるとなめらかな食感に。砂糖とバターは多めにし、甘めでリッチな味に。

もっちり湯種食パン

湯種とは小麦粉に熱湯を混ぜ、のり状にしたもの。生地に混ぜると、もっちりとした粘りのある食感になります。時間が経っても、かたくなりにくいのも嬉しいメリットです。

材料(1斤分)

・強力粉……230g
・塩……3.5g
・砂糖……15g
・無塩バター……20g
・水……160g
・ドライイースト……2.5g

(湯種)
・強力粉……30g
・熱湯(90℃以上)……30g

作り方

【1】下記ポイントの要領で湯種を作り、冷ましておく。

【2】基本のプレミアム食パンの作り方と同じ要領で、イースト以外の材料と【1】をパンケースに入れ、イースト容器にイーストをセットする。食パンメニューを選択してスタートさせる。

ポイント

湯種の効果で生地にもちもちした弾力が出ます。

湯種の作り方

【1】小さいボウルに強力粉を入れ、熱湯を加える。

【2】全体がなじむまでよく混ぜる。

【3】ラップをして冷めるまで室温におく。

ホテル食パン

なめらかな食感、バターやミルクの香りとコク。高級ホテルの朝食のような満足感が味わえます。

材料(1斤分)

・強力粉……240g
・塩……3.5g
・砂糖……15g
・スキムミルク……8g
・卵……10g
・無塩バター……25g
・水……160g
・ドライイースト……2.5g

作り方

【1】基本のプレミアム食パンの作り方と同じ要領で、イースト以外の材料をパンケースに入れ、イースト容器にイーストをセットする。食パンメニューを選択してスタートさせる。

ポイント

卵、バター、スキムミルクのトリプル使いで、コクや風味をアップ。最上級のリッチな味わいに仕上げます。

パン・ド・ミ

パン・ド・ミは、中身(クラム)を楽しむためのパン。ミルキーな味わいと、ソフトな食感を堪能してください。

材料(1斤分)

・強力粉……250g
・塩……4.5g
・砂糖……15g
・無塩バター……15g
・牛乳……80g
・水……120g
・ドライイースト……2g

作り方

【1】基本のプレミアム食パンの作り方と同じ要領で、イースト以外の材料をパンケースに入れ、イースト容器にイーストをセット。パン・ド・ミメニューを選択してスタートさせる。

★パン・ド・ミメニューがない場合は、ドライイーストを3gにして食パンメニューで焼いてもおいしく作れます。

ポイント

パン・ド・ミメニューで口溶けのよい、きめの細かい生地に。

ハードトースト食パン

フランスパン専用粉をメインに使い、ハード系のパンのような、歯ごたえのある生地に。トーストして食べるとサクッとして最高の味わいに。

材料(1斤分)

・フランスパン専用粉(準強力粉)……220g
・強力粉……55g
・塩……4g
・砂糖……13g
・無塩バター……10g
・水……185g
・ドライイースト……3g

作り方

【1】基本のプレミアム食パンの作り方と同じ要領で、イースト以外の材料をパンケースに入れ、イースト容器にイーストをセットする。食パンメニューを選択してスタートさせる。

ポイント

粉にフランスパン専用粉(リスドォル)を多めに配合。フランスパンのようなほどよいハード感を出します。

カットすると、断面には細かい気泡がたくさん。砂糖やバターは控えめで、粉の風味をダイレクトに感じられる生地です。

生食パン

大人気の生食パンも、ホームベーカリーなら簡単!焼きたてが食べられるのは、手作りの醍醐味です。甘味のあるふんわり生地を、まずはそのまま味わって。

材料(1斤分)

・強力粉……230g
・塩……4g
・砂糖……25g
・生クリーム(脂肪分47%)……50g
・無塩バター……30g
・水……120g
・ドライイースト……3g

作り方

【1】基本のプレミアム食パンの作り方と同じ要領で、イースト以外の材料をパンケースに入れ、イースト容器にイーストをセットする。食パンメニュー、焼き色淡を選択してスタートさせる。

ポイント

生クリームをたっぷり加えることで、しっとり柔らかい食感に。脂肪分高めのものを選び、コクを出すのがコツ。

生地が柔らかいので、手で簡単にちぎることができます。きれいにカットするよりも、ちょっと贅沢な気分になれます。

バターリッチ食パン

発酵バターをたっぷり使った贅沢な食パン。かめばかむほどバターの香りが口いっぱいに広がり、何もつけなくても大満足!

材料(1斤分)

・強力粉……240g
・塩……3g
・砂糖……20g
・発酵バター(無塩)……65g
・水……145g
・ドライイースト……2.5g

作り方

【1】基本のプレミアム食パンの作り方と同じ要領で、イースト以外の材料をパンケースに入れ、イースト容器にイーストをセットする。食パンメニューを選択してスタートさせる。

ポイント

バターは普通のものでも構いませんが、上質な発酵バターを選ぶことで、リッチ感がさらに増します。

ブリオッシュ風食パン

フランスの菓子パン「ブリオッシュ」風の食パン。卵黄とバターでコクのある濃厚な味に。ふわふわで、まるでケーキを食べているかのよう。

材料(1斤分)

・フランスパン専用粉……200g
・塩……2g
・砂糖……20g
・無塩バター……80g
・卵黄……3個分(48g〜)
・牛乳(冷たいもの)……50g
・冷水……60g
・ドライイースト……2g

作り方

(準備)
バターは1cm角に切り、加える直前まで冷蔵庫で冷やす。

【1】基本のプレミアム食パンの作り方と同じ要領で、イースト以外の材料をパンケースに入れ、イースト容器にイーストをセットする。食パンメニューを選択してスタートさせる。

ポイント

バター、卵黄でリッチ感を。こね上げ温度が上がると雑味が出るため、バター、牛乳、水は冷やしておきます。

ミルク食パン

水の代わりに牛乳を加えたシンプルな食パン。ほんのり甘いミルクの香りは、幸せな気持ちになります。

材料(1斤分)

・強力粉……240g
・塩……2.5g
・砂糖……20g
・無塩バター……25g
・牛乳……185g
・ドライイースト……2.5g

作り方

【1】基本のプレミアム食パンの作り方と同じ要領で、イースト以外の材料をパンケースに入れ、イースト容器にイーストをセットする。食パンメニューを選択してスタートさせる。

ポイント

水分は牛乳のみ。イーストが溶けにくくなりますが、よく混ざるホームベーカリーだから可能な配合です。

豆乳食パン

豆乳の風味ときび砂糖の穏やかな甘さがホッとする味。あまりふくらまず、小ぶりに焼き上がります。

材料(1斤分)

・強力粉……250g
・塩……2.5g
・きび砂糖……25g
・太白ごま油……15g
・調整豆乳……195g
・ドライイースト……3g

作り方

【1】基本のプレミアム食パンの作り方と同じ要領で、イースト以外の材料をパンケースに入れ、イースト容器にイーストをセットする。食パンメニューを選択してスタートさせる。

ポイント

水の代わりに豆乳を加えると、生地がしっとり。きび砂糖と太白ごま油を合わせ、ヘルシーで素朴な味にします。

高加水の食パン

高加水とは、通常よりも水分量が多いこと。口に入れると驚くほど、みずみずしく、しっとり!もちもちのおいしい状態が長持ちするのも嬉しい。

材料(1斤分)

・強力粉……250g
・塩……3.5g
・砂糖……10g
・無塩バター……10g
・水……200g
・ドライイースト……2.5g

作り方

【1】基本のプレミアム食パンの作り方と同じ要領で、イースト以外の材料をパンケースに入れ、イースト容器にイーストをセットする。フランスパンメニューを選択してスタートさせる。

ポイント

水は硬水(コントレックスを使用)がおすすめ。生地が締まって弾力性が増します。

フランスパンメニューを利用し、皮はパリッと、中はしっとり焼き上げます。

プレミアムプレーン食パンで朝を楽しく!

プレーンな食パンは、シンプルだからこそ、食感、風味、甘味など細かく好みが分かれます。ここでご紹介したさまざまな特徴のプレミアムプレーン食パンのなかから、お気に入りを探してみてください。自分好みの食パンがきっと見つかります。

毎日のように食べるものだからこそ、ホームベーカリーで簡単においしく。明日の朝食がきっと楽しくなるはずです。

出典

SHARE

PROFILE

ei cooking 編集部

ei cooking 編集部

初めて料理を作る人も料理好きも、女性も男性も楽しめるレシピマガジン。毎日のおかずからスイーツ、パン、お弁当まで、美味しいレシピ情報を見やすく、わかりやすくお届け。

ei cooking 編集部の記事一覧

初めて料理を作る人も料理好きも、女性も男性も楽しめるレシピマガジン。毎日のおかずからスイーツ、パン、お弁当まで、美味しいレシピ情報を見やすく、わかりやすくお届け。

ei cooking 編集部の記事一覧

No more pages to load