【ゴルフ】右へ左へ、曲がりが止まらない!  そんな時の応急処置法教えます

Lesson01:右に出て右に曲がるスライスを防ぐ

「左腕を上から回して握る」
20160602_01
右に出て右に曲がるスライスの原因は、アドレスで肩のラインが左に向いていることにある。これを防ぐには、アドレスで左腕を回すようにして上からグリップ位置に下ろすと、肩のラインがスクエアに構えられる。

POINT:肩のラインをスクエアにする
20160602_02
【○】アドレスで肩のラインがスクエアだから、インパクトもスクエアになる。
【×】肩のラインが開くと、軌道がカットになるためスライスしてしまう。

Lesson02:ブーメランフックが止まらない

「右足カカトを我慢する」
20160602_03_2
【○】クラブヘッドが下から入ると左への曲がりが大きくなる。これを防ぐには、ダウンスイングで右足カカトが浮かないようにすること。入射角度が適正になって長くボールを押せるので、適正なインパクトになる。
【×】右足カカトが浮くとインパクトで上体が起き上がり、ヘッドが下から入ってしまう。
POINT:手元が体の近くを通ればOK!

(EVEN編集部)
⇒EVEN公式サイトはこちら
⇒EVENプロデュース ゴルフウェア・グッズのセレクトショップ[BOGEY LOUNGE]

SHARE

PROFILE

FUNQ

FUNQ

趣味の専門誌を届けてきた私たちが世界中の人に向けて、趣味の世界への入り口をつくりました。彩りに満ちた人生の新たな1ページが、ここから始まります。

EVEN TOPへ

No more pages to load