JAPANESE POLOの誇り

NO.1ゴルフウエアブランドとして長くその座に君臨する「マンシングウェア」。その哲学の源泉ともいえるのが『One Thing』シリーズのポロシャツである。“オールニッポン”というモノ作りへの執着が生んだその製品は、誰にもまねできない唯一無二のクオリティを誇る。今回、その珠玉のポロを生み出す現場を訪ね、秘密を探った。

特殊な糸が生む強さと風合い

ワンポイントポロといえばいかなるブランドを連想するだろうか。欧米で人気を博すビッグブランドを思い描く方々も多いと思われるが、そこに是非“ペンギンマーク”を加えていただきたい。何しろクオリティが圧倒的に違うのだから。今回、製造現場を訪ね、いかにしてそのクオリティが成されるのかつぶさに見させてもらった。

20170315_01

まず訪れたのが協力工場である繊維メーカー、東洋紡の井波工場。ここでは紡績、つまり糸作りが行われるのだが、そこからそもそも大きな違いがあった。

20170315_02

One Thingのポロに使われるのは、綿とポリエステルを均一にブレンドした「マナード®」という複合繊維なのだ。二つを均一に混ぜ合わせるには非常に高い技術力が要求され、国外では不可能という。ゆえに発色が良く強く長持ちするOne Thingのポロは、まず糸が決定的に違うのである。

“縫製ガールズ”の愛情が質の高さを醸し出す

One Thingは素晴らしい生地で作られているだけでなく、さらなるキモがある。それは縫製。富山市の協力工場、呉羽アパレルでその工程は行われるのだが、この地は中国から海を渡って来た服飾職人が住み着いた土地といわれる。古くから培われた技術が今も息づいているのだ。

20170315_03

伝統の街の工場では多くの女性たちが腕を振るう。作業を見ていて驚くのは検品の多さと、各工程での手間の掛け方である。

20170315_04

仕事の質の高さはOne Thingのポロのステッチや首や腕まわりの立体感といったところに顕著に表れ、そういうものが積み重なることで何ともいえない凛とした佇まいを生むのである。

仕上げの加工がさらなる違いを与える

最後に紹介するのは東洋紡の庄川工場。ここは主に繊布生産を行うのだが、One Thingのポロでは、仕上げ加工を行う。「東洋紡ミラクルケア®」と呼ばれるもので、衣料製品の形状記憶加工にあたる。これは綿のもつ柔らかい風合いや優れた吸収性を維持し、形態を安定させる特殊な加工で、専門の機械は国内に3台しかない。

20170315_05

今回、紡績、縫製、加工というシャツ作りの重要な工程を取材したのだが、最も印象に残るのは、その都度関係者の口から語られる「ここまでやるのは他にない」という言葉だ。作り手をしてそういわしめるポロシャツである。完成度の高さは推して知るべしであろう。

日本の服飾技術の粋を集めた最高峰のポロシャツ“ONE THING”

20170315_06_2

メンズシャツだけでも18色のカラーバリエーションを誇る。唯一無二の圧巻のクオリティゆえ、数色揃えておくと重宝するだろう。
価格:10,000円+税
⇒「Munsingwear直営公式通販サイト」はこちら

次回は「進化するデザイン、不変のクオリティ」をご紹介します

NO.1ゴルフウエアブランドとしてその地位を確固たるものとする「マンシングウェア」。世界初のゴルフシャツを生み出した彼らの過去をみれば、その理由が見えてくる。
⇒第2回「進化するデザイン、不変のクオリティ」の記事はこちら

SHARE

PROFILE

FUNQ

FUNQ

趣味の専門誌を届けてきた私たちが世界中の人に向けて、趣味の世界への入り口をつくりました。彩りに満ちた人生の新たな1ページが、ここから始まります。

EVEN TOPへ

No more pages to load