こうすると曲がらない! 正しいクラブの動かし方教えます

アマチュアゴルファーの一番の悩みである、右へ左へ、どうしてボールは曲がるのか? その原因と対策を知りストレートボールを打ちこなそう。

今回は、プロを多数指導する一流コーチに正しいクラブの動かし方を聞いてみた。

これだと曲がる! まっすぐ引いてまっすぐ出す意識はNG

アマチュアゴルファーはストレートボールを意識しすぎて、その結果ヘッドをまっすぐ動かそうとしてミスに繋がる。

ストレートな弾道をイメージしすぎると、このようなクラブの動きになる。

写真1jpg

写真1-2

飛球線に沿ってクラブを動かそうとすると…

クラブイラスト1jpg

ボールを曲げたくないという意識からヘッドを飛球線に沿って動かそうとするアマチュアは多い。その結果、フェースが開く方向に動いてボールが右に傾くばかりか、ロフトが増える方向に動いて飛距離も出なくなるのだ。

スイングプレーンに沿って振ればフェースは開いて閉じるのが正解

クラブはスイングプレーンに沿って動くのが正しい。体の前に仮想のスイングプレーンとしてフラフープを置き、それに沿ってクラブを動かすと飛球線に対してまっすぐ動いていないことが分かる。フェースは開いて閉じる動きが正解なのだ。

さっそく、仮想のスイングプレーンをイメージしてみよう。

フラフープに沿って1

フラフープに沿って2

フラフープに沿って3

フェースはしっかりとターンさせれば、ボールは右に傾かない

クラブイラスト2

フェースをしっかりとターンさせながらクラブを振ると、ヘッドはロフトが減る方向に動き、結果的にフェースがスクエアに保たれる時間も長くなる。これならフェースが開いてボールが右に曲がることもなくなるのだ。

曲がりのメカニズムを理解し、正しいスイングを身につければストレートボールを打つことができる。曲がりに悩むアマチュアゴルファーは一度、この動きをイメージしてみては?

森コーチ

◯森 守洋
米国で技術を磨き、帰国後は陳清波プロに師事。現在は東京都三鷹市で東京ゴルフスタジオを主宰。原江里菜プロを指導するなど、独自で構築した理論は高い評価を得ている。

(出典:『EVEN 6月号』

(ヤマダタケシ)

SHARE

PROFILE

FUNQ

趣味の時代に読むメディア

FUNQ

趣味の専門誌を届けてきた私たちが世界中の人に向けて、趣味の世界への入り口をつくりました。彩りに満ちた人生の新たな1ページが、ここから始まります。

FUNQの記事一覧

趣味の専門誌を届けてきた私たちが世界中の人に向けて、趣味の世界への入り口をつくりました。彩りに満ちた人生の新たな1ページが、ここから始まります。

FUNQの記事一覧

EVEN TOPへ

No more pages to load