ピンまで転がして寄せろ! ランニングアプローチ上達法

アマチュアゴルファーがアプローチショットを打つ時、ボールを上げようとしてミスをすることが多い。グリーンエッジやカラーにボールがあって、ピンまで距離がある時やグリーン面が上っている時は、ボールを上げて寄せるのではなく、ランニングアプローチで寄せるのがおすすめだ。今回はランニングアプローチ上達法をお教えしよう。

ポイントはボールの位置! 思い切って右にセット

1jpg

【1】ボールを思い切って右に寄せよう。右足の外側に出るくらいでOK。その分だけ極端なハンドファーストの構えになる。
【2】自然とハンドアップになるので、ボールとの距離も近くなる。構えもストロークもパターに近いイメージだ。

転がしでもクラブはアプローチウェッジのままでOK。ボールは右足の外側に置き、ピッチエンドランと同じくハンドファーストで構えよう。自然とハンドアップになるので、ボールとの距離も近くなるのだ。

最適なクラブはアプローチウェッジ!

アプローチウェッジjpg

ピッチングウェッジや9番アイアンではロフトが立ちすぎて距離感を出すのが難しくなるのでアプローチウェッジを使おう。

トップさせるつもりのイメージで打つのが正解

2jpg

ハンドファースト、ハンドアップ、ボール位置が右、右手首の角度をキープという条件をクリアしていれば、あとはトップさせるつもりで打てば自然と低くボールを打ち出せる。

3jpg

ピッチエンドランと同じく、右手首の角度をキープするのがポイント。そうすれば自然とダウンブローでボールをとらえられる。絶対にトップはしないので思い切って打とう。

スイングの振り幅は左右対称

4jpg

バックスイングとフォローを左右対称にすることで、スイングスピードや力加減が一定となり、距離感が安定するのだ。

ランニングアプローチを上手く使えるようになれば、寄せ技術が一気に上達すること間違いなしだ。是非実践してみてほしい。

●サンクチュアリゴルフ
都内に4店舗を構える初心者専用のインドアゴルフスクール。充実した設備と抜群のアクセス、そして長い営業時間で人気。体験レッスンも実施している。

●久住裕平
サンクチュアリ銀座有楽町店に勤務。同店の女性人気No.1インストラクター。趣味は温泉に入ること。

(出典:『EVEN 9月号』

(ヤマダタケシ)

SHARE

PROFILE

FUNQ

FUNQ

趣味の専門誌を届けてきた私たちが世界中の人に向けて、趣味の世界への入り口をつくりました。彩りに満ちた人生の新たな1ページが、ここから始まります。

EVEN TOPへ

No more pages to load