ゴルファー必見! ショートゲームを磨いて、スコアアップを目指せ

ゴルファーにとって、せっかく良い感じでグリーンまわりまで運んできたのに、そこからミスをして大叩き……こんな経験はないだろうか? ショートゲームを制すればスコアは驚くほどまとまるのだ。今回はトライビングレンジや自宅でできる練習法を紹介する。

インパクト時がカギ!『チャックリ防止練習法』

原因1jpg

「原因」
必要以上にボールをクリーンヒットしようとするとチャックリになる。ボールと芝の間にきっちりリーディングエッジを入れようとすると、ダウンスイングで力が入り手前を叩いてしまうことが原因だ。

原因1-3jpg

ボールとマットの間に完璧にリーディングエッジを入れようとしないこと。余計な力が入って、成功する確率が低下する。

原因1-2jpg

ダウンスイングでボールに向かって力が入ると、体が沈んで手前を叩いてしまう。前傾角度を保つ意識をもって振ろう。

練習法1jpg
練習法1-2jpg

「練習法」
インパクトをダウンスイングからフォローまでのゾーンと考え、ボールの手前からバンスを滑らせて振り抜くイメージを持とう。

打球の行方を気にしすぎない!『トップ防止練習法』

原因2jpg

「原因」
早めに顔が目標を向き体が起きてヘッドが届かない。こうなるとスイングのバランスが崩れてトップになるのだ。

練習2jpg

「練習法」
目線をボールの後方に置き、アドレスからフィニッシュまでその位置を見続けよう。頭の位置が固定されるので、ルックアップせずに振れる。

ボール位置を変えるだけ!『球の高低の打ち分け』

練習3jpg

打ち方を変えずに、ボール位置だけで打ち分けられる。(自分から見て)基準はスタンス中央、低い球はボール1個分右、高い球はボール1個分左にセットするだけ。ロフトの増減により弾道が変わるのだ。

練習法3-2jpg

低い球を打つ場合
低い球のイメージは、右ヒジ裏を左手で支え、腰から腰の素振りを行うと良い。

練習3-3jpg

高い球を打つ場合
高い球は左腕一本で、バンスを地面に当てるイメージで振る。こちらも腰から腰で振ることを意識しよう。

力加減でなく振り幅で!『飛距離の打ち分け』

練習4jpg

まずSWかAWをチョイス。重要なのは、振り幅と距離の関係を知っておくこと。30ヤードなら腰から腰、50ヤードなら肩から肩など自分なりの飛距離と振り幅をインプットしておくことが重要だ。

30ヤードを目安とする場合
振り幅は腰から腰。左右対称で30ヤードが目安。手首を使わず、クラブヘッドを目標に向ける。

50ヤードを目安とする場合
振り幅は肩から肩。左右対称で50ヤードが目安。振りが速いとフェースが閉じやすいので注意しよう。

自宅でもできる! 効果てきめんお手軽練習法

ペットボトルjpg

【1】ペットボトルで体の回転を体感する
2リットルサイズのペットボトルに水を入れ、両手で持って股関節を主体に素振りしよう。8時から4時ぐらいの振り幅で、30回程度行う。

うちわjpg

【2】うちわを使ってフェースの向きを確認
シャフトに沿って縦にうちわをあてがい8時から4時の幅をゆっくり振る。写真のように左右で表裏が正面を向くのはNG。

鏡jpg

【3】鏡を見ながら体のブレをチェック
アドレス時に自分の顔が映るように鏡を置き素振りする。バックスイングで顔が見えなくなったら頭が動いている証拠だ。

この3つは自宅でもちょっとしたスペースがあればできる練習法だ。ボール打ちの練習と併せて行うことで、より大きな効果が得られる。

今回紹介した練習法は、どれもとても簡単で取り入れやすいものばかりだ。ショートゲームを制し、スコアアップにつなげてほしい。

●谷 将貴
ツアープロコーチとして、片山晋呉ほか多数のプロをコーチング。NHKEテレ趣味どきっ!「今どきっ! ゴルフはシンプル&スタイリッシュ」に出演するなど活躍中。

(出典:『EVEN 2017年11月号』

(ヤマダタケシ)

SHARE

PROFILE

FUNQ

FUNQ

趣味の専門誌を届けてきた私たちが世界中の人に向けて、趣味の世界への入り口をつくりました。彩りに満ちた人生の新たな1ページが、ここから始まります。

EVEN TOPへ

No more pages to load