スイングの本質を知れば飛距離も変わる!ドライバーショットはナックルダウンで打とう

ゴルファーにとって、ドライバーショットで気持ち良く飛ばすことは誰でもが目標とするところだ。アマチュアゴルファーは、「なぜ飛ばないのか」と悩むことも多い。大切なのは、「なぜ飛ばないのか」という原因を知ることと、スイング中のクラブや体の正しい使い方を知ることだと、原江里菜など有名ツアープロを指導する森守洋氏は語る。今回は森コーチがドライバーショットの基本を教えてくれたので、そのメカニズムを早速紹介しよう。

アマチュアゴルファーはドライバーでロブショットを打っている!

ロブショットjpg

1、目標方向に向かってクラブを振り抜く意識が強いとパワーをロスしやすい。ダウンスイングでは、ボールに向かってパワーを開放する。
2、ダウンスイングの早い段階でコックがほどけて、アーリーリリースになっている。これではハンドファーストのインパクトが作れない。
3、左手首が甲側に折れてしまっている。そのため、クラブヘッドが手元を追い越して、ロフトを増やしながらインパクトを迎える。
4、フォローでは必ず右手が左手よりも上になるが、逆の形になってしまっている。これではロフト通りに球が飛ばない。

グリーン周りでボールをフワッと上げて寄せるロブショット。森コーチは、「多くのアマチュアはドライバーでロブショットを打っている」と教えてくれた。上に挙げたのがその原因だ。

飛ばないスイングの元凶は、フェースをスクエアに合わせる意識にあり!

FACEをスクエアにjpg

【×】一見すると、フェースをまっすぐに動かしている方がインパクトゾーンが長くなるような気がするが、それは大きな間違いだ。この振り方では、ロフトが増える方向にクラブヘッドが動いていき、かつインパクト後すぐにヘッドが上昇してしまう。つまり、インパクトゾーンが短くなるばかりか、ロブショットのようにボールが高く上がって、飛距離が落ちてしまう。

【○】インパクトゾーンを長くするには、下のイラストのようにフェースをターンさせながらクラブを振っていく必要がある。そうすると、クラブヘッドはロフトが減る方向に動き、結果的にフェースがスクエアに保たれる時間も長くなる。そのために必要なのがナックルダウンの動きになるのだ。

左手甲を地面に向けるナックルダウンでインパクト

ナックルダウン1-1jpg

ナックルダウン1-2jpg

ゴルフスイングで大事なのは、クラブにきちんと仕事をさせること。言い換えると、スイング中はクラブ全体を動かそうとする必要はないのだ。ヘッドを正しく動かしてやる意識さえもてば良い。

ヘッドの正しい動きとは、フェースの開閉であり、バックスイングでフェースは閉じながら上がって行く。そしてダウンスイングでは、開きながら下りてくるわけだが、そのままでは開いて当たってしまうので、インパクトに向かってフェースを閉じてやる必要があるのだ。

そのために必要なのが、ナックルダウンであり、右腕を内旋、左腕を外旋させる動きになる。これにより、正しいフェースターンが行われてフェースが閉じると同時に、インパクトゾーンが長くなるわけだ。

また、ナックルダウンはその言葉通り、ナックル=左手の甲が地面を向くことなので、必然的にハンドファーストのインパクトになる。ダウンブローの軌道で、ロフトが立った状態でインパクトすることで、より飛距離が出るというわけなのだ。

支点が変われば飛距離も変わる!

支点がjpg

ナックルダウンの動きができていると、肩を支点とした大きなアークのスイングになる。逆に左手首を甲側に折ってしまうと、手首支点の小さなアークになる。どちらの方がより遠くへボールを飛ばせるかは一目瞭然だ。

ナックルダウンの動きをマスターしよう!

ナックルダウンイラスト

インパクト前後で右手首は甲側に折れた状態のまま動く。一方の左手首はほぼ平らな状態をキープし、左手の前腕を外旋することでフェースをターンしていく。これがナックルダウンの動きだ。外旋が分かりにくいという人は、左手の中指、薬指、小指の3本をしっかりと握って、グリップをフェースが閉じる方向に回す動きをイメージすると分かりやすい。スイング中は、クラブもシャフトを軸に開閉しているのだ。

いかがだろうか? 飛距離に悩むアマチュアゴルファーは是非、ナックルダウンを習得して飛距離アップを実現してほしい。

●森守洋
1977年生まれ、静岡県出身。高校時代にゴルフを始め、1995年に渡米。サンディエゴにてミニツアーを転戦しながら腕を磨く。帰国後、陳清波に師事。現在は東京都三鷹市内の「東京ゴルフスタジオ」で多くのアマチュアを指導する傍ら、原江里菜らツアープロのコーチも務めている。

(出典:『超効率的な飛距離アップ法』 イラスト/庄司猛)

(ヤマダタケシ)

SHARE

PROFILE

FUNQ

趣味の時代に読むメディア

FUNQ

趣味の専門誌を届けてきた私たちが世界中の人に向けて、趣味の世界への入り口をつくりました。彩りに満ちた人生の新たな1ページが、ここから始まります。

趣味の専門誌を届けてきた私たちが世界中の人に向けて、趣味の世界への入り口をつくりました。彩りに満ちた人生の新たな1ページが、ここから始まります。

EVEN TOPへ

No more pages to load