BRAND

  • Lightning
  • 2nd(セカンド)
  • CLUTCH Magazine
  • EVEN
  • BiCYCLE CLUB
  • RUNNING style
  • NALU
  • BLADES(ブレード)
  • RIDERS CLUB
  • CLUB HARLEY
  • DUCATI Magazine
  • flick!
  • じゆけんTV
  • 湘南スタイルmagazine
  • ハワイスタイル
  • buono
  • ランドネ
  • PEAKS
  • フィールドライフ
  • SALT WORLD
  • Kyoto in Tokyo

跳べば飛ぶ! ジャンプ=地面反力を有効に使って飛距離アップを実現しよう

ゴルフではなかなか耳にすることのないワード『ジャンプ』。だが近頃は、様々なゴルフメディアで目にすることが増えている。ジャンプ=地面反力のことだが、PGAツアー選手などがショットの際に左足がめくれ上がる程ダイナミックなスイングをしているのを想像すると分かりやすい。今回は、日本ゴルフスイング研究所を主宰する吉田洋一郎氏が地面反力について詳しく解説してくれたので早速紹介してみよう。

地面反力とは?

スイングをする際に働く力は、筋肉で生み出す『内力』と地面からの反力である『外力』の2つ。両方とも意識せずとも働く力だが、アマチュアは『外力=地面反力』を効率よく使えていない場合が多い。選手が跳び上がるようにスイングしているのは、意識して地面から大きな力を得ているからと言える。外力は筋肉を使って生み出す力ではないので、体への負担を軽減しつつ飛距離アップを実現できるのだ。

軸回転から地面反力を紐解いてみよう

軸回転jpg

【前後軸】地面反力を使えば動きが強まる
スイングをする際の肩の上下動、これが前後軸だ。パターを打つ時はこの前後軸のみを使ってスイングしている。今回は前後軸だけを意識しよう。

【垂直軸】体を捻転させる動きは意識しない
椅子に座って後ろを向いてみると、腰を捻じる動きになる。これが垂直軸。スイングには必ず伴っている動きだが、今回は意識しなくてOKだ。

例えば、トッププロであるローリー・マキロイのように、ダウンスイング時に沈み込みインパクトで伸びあがるようなスイングも地面反力を効率良く使っているということなのだ。

下半身が生み出す人間本来の自然な動きをバケツを使って体感しよう!

バケツ練習法jpg

バケツに入った水を遠くに飛ばす時の動きは、手や腕など上半身の力のみではなく必ず下半身の動きも伴っている。これは日常生活の中で手に入れている、人間本来の自然な動きで、実は地面からの力を効率よく前後軸へと変換しているのだ。スイングでも同じ動きが正解であり、ボールを意識すると、不自然な動きになってしまうので注意しよう。

1、バケツを持っている上半身は力みが無い。
2、遠くに投げようとすると自然に下半身が動く。
3、地面から力を得るために、体が沈み込む動き。
4、投げる瞬間は力を放出するために伸びあがる。

バケツの中の水を遠くにまっすぐ投げようとする時は、あまり腕に力が入っていないことがわかるはずだ。下半身が先行して一度沈み込み投げる瞬間伸びあがる、前後軸を強める動きになっている。

下半身先行の動きを覚えよう!

下半身先行1-1jpg

「バケツの水を投げる時のように、自然な動きでスイングしてください」と言われてもゴルフになった途端、全く違う動きになってしまいがち。『自然な動き=地面反力を効率的に得る動き』をする為には運動連鎖、すなわち体を動かす順番が大切。ゴルフではバックスイングもダウンスイングも常に下半身先行で、後から上半身という順番が正解となる。つまり、下半身を意識して動かす必要があるのだ。

1、始動は出す足と反対方向に腕を振り上げる。
2、足を先行して出す。腕はまだ上がった状態。
3、地面を踏む力を使って腕を振り下ろす。
4、反対側に跳ね上がるように腕が振られる。
5、同じ要領で、足が地面に着いた後で腕が動く。
6、伸びる(地面を蹴る)時に腕を振り下ろす。

足が出た後に腕が付いてくる
歩く時は出した足のヒザが曲がる→伸びる動きを繰り返す。出した足が伸びる際の地面を踏む力を使って腕がおりてくるイメージを持とう。

腕と脚が同じタイミングで動くのはNG!

下半身先行1-2jpg

1、ここまでの動きには問題ナシ。
2、上と比べて振り下ろし始めるのが早い。
3、足が地面に着地すると同時に腕も正面に。
4、地面を蹴る力を使えず、腕の勢いは弱い。
5、足が出ると同時に腕も下ろし始めてしまう。
6、伸び上がる前に腕が下りてきてしまう。

足が地面に着くと同時に腕が下りてくる動きはNGであり、これでは伸びる力を腕に伝えられない。常に下半身を先行させる必要があるのだ。

地面反力を使ったショットが打てるようになれば、飛距離が上がるだけでなく、実は体に優しかったりと良い事だらけなのだ。是非、理論を理解して実践してみてほしい。

●吉田洋一郎
デビッド・レッドベターら海外の一流コーチのメソッドを学んだスイングコンサルタント。日本ゴルフスイング研究所を主宰。

(出典:『EVEN 2018年6月号』

(ヤマダタケシ)

SHARE

PROFILE

FUNQ

趣味の時代に読むメディア

FUNQ

趣味の専門誌を届けてきた私たちが世界中の人に向けて、趣味の世界への入り口をつくりました。彩りに満ちた人生の新たな1ページが、ここから始まります。

FUNQの記事一覧

趣味の専門誌を届けてきた私たちが世界中の人に向けて、趣味の世界への入り口をつくりました。彩りに満ちた人生の新たな1ページが、ここから始まります。

FUNQの記事一覧

No more pages to load