トーン、トーン、クルッで簡単、バンカーショットの打ち方

バンカーショットが苦手というアマチュアゴルファーは少なくないと思うが、ボールをクリーンに打つ必要がないので、コツさえつかんでしまえば決して難しくない。今回も中井学プロがバンカーショットを打つ際のポイントについて教えてくれたので紹介しよう。

バンカーショットの基本は、ボールファーストとフラット軌道

バンカーショットの基本jpg

バンカーショットの基本は、まずハンドファーストに構えないこと。ハンドファーストは、ボールをクリーンに上からとらえるために行うものなので、ボールの手前をダフらせれば良いバンカーショットでは必要ない。また、スイング軌道がアップライトになるとやはりクリーンに上から入りやすいので、ボールから少し離れてヒザを深めに曲げて構えることで、軌道がフラット気味になるように調整しよう。

あとは、コックを使ってクラブヘッドを上下動する動きと体の回転を組み合わせてやれば、バンカーからの脱出は誰でも簡単にできるのだ。

こんなに簡単! クラブの上下動と体の回転を組み合わせるだけ

上下回転jpg

【写真・左】手首のコックを使ってクラブヘッドを振り上げたら、コックをほどいてボールの手前付近にヘッドを落とす動きを繰り返す。
【写真・右】バックスイングで体を右へ、ダウンスイングで体を左へ回し、その場でクルッと回転する。体重移動は少なめで良い。

クラブの上下動と体の回転を組み合わせるとこのようなスイングになる

このようなスイングjpg

打ち込まずにしっかりフォローをとる
クラブを上下動させる動きを使って、体を回しながら実際にボールの手前にヘッドを落としてみよう。打ち込んで終わりではなく、しっかりフォローをとることが大切だ。

【スイング時のポイント1】フォローでフェースは自分を向く

フォローでフェースはjpg

【○】バンカーショットはフェースの開閉を抑えて打ちたいので、スイング中はフェースが常に自分の体を向いているように打つと良い。フォローでチェックしよう。
【×】フォローでフェースがかぶったり、手元が前に出て開いたりするのは良くない動きだ。

【スイング時のポイント2】距離は体の回転の大きさで打ち分ける

スイングポイント2jpg

【1】打ちたい距離は体の回転の大きさとスピードで打ち分ける。振り幅ではないことに注意。
【2】距離が短いバンカーショットでも決して緩めずに、小さい動きでしっかり振り抜いていこう。

【スイング時のポイント3】砂が硬いときは上下動を強めよう

砂が硬いときはjpg

バンカーの砂が硬い時は、コックを使ってクラブを上下させる動きを強めてやる。あとは通常のバンカーショットと同じで良い。

バンカーショットのコツを掴めば大叩きすることが減り、結果的にスコアアップにつながること間違いなしだ。失敗を恐れることなくチャレンジしてみてほしい。

●中井 学
中学生の頃にゴルフを始め、米国ゴルフ留学を経てプロゴルファーに。自ら構築した独自の理論は幅広いゴルファーに支持されている。UUUMゴルフ所属。

(出典:『EVEN 2018年7月号』

(ヤマダタケシ)

SHARE

PROFILE

FUNQ

趣味の時代に読むメディア

FUNQ

趣味の専門誌を届けてきた私たちが世界中の人に向けて、趣味の世界への入り口をつくりました。彩りに満ちた人生の新たな1ページが、ここから始まります。

FUNQの記事一覧

趣味の専門誌を届けてきた私たちが世界中の人に向けて、趣味の世界への入り口をつくりました。彩りに満ちた人生の新たな1ページが、ここから始まります。

FUNQの記事一覧

No more pages to load