左右に回さず上下運動? アマチュアゴルファーは肩の回し方を意識しよう!

肩を回せ、腰を切れ、リストターンをしろ……。どれもゴルフレッスンでよく使われる表現だが、正しく理解できているゴルファーがどれだけいるだろうか。特にアマチュアゴルファーは肩の回し方を間違えやすいとティーチングプロの工藤広治氏は言う。今回はスイング時の肩の回転について詳しく紹介しよう。

アマチュアゴルファーの陥りやすい間違った回転とは?

アマチュアゴルファーの陥りやすいjpg

肩を横に回すと前傾姿勢が崩れる
肩を横に回すイメージをもっていると、バックスイングで前傾姿勢が崩れ、切り返しからダウンスイングにかけては右肩が突っ込んでミスの原因になる。

アマチュアゴルファーが陥りやすい2jpg

前傾姿勢から肩を左右に動かすと十分に体を回すことができない。結果、無理にクラブを上げようとして、トップで左腕が曲がったり、カット打ちの原因にもなる。

前傾した上体で肩を左右=地面と水平に回してバックスイングすれば、当たり前だが前傾姿勢が崩れて体が起き上がってしまうし、ダウンスイングでは右肩が前に突っ込んでアウトサイドインの軌道になる。これでは正しいインパクトを迎えることができないのだ。

肩は縦に回すのが正解だ!

肩は縦に回すのが正解jpg

肩を上下に動かすことで縦に振る
アドレス時の前傾姿勢をキープしながら、バックスイングでは左肩を下げ、ダウンスイングでは右肩を下げるように動かすと、肩を正しく回すことができる。

肩は縦に回すのが2jpg

ダウンブローで打つためにはクラブを縦に動かす必要がある。そのためには、肩を上下動させる動きが不可欠。左右に回すイメージはNGだ。

左右に回すのではなく、バックスイングでは左肩を下げ、ダウンスイングでは右肩を下げる。つまり、上下に動かすイメージをもった方が正しく動けるのだ。これまで左右に回していた人は、想像以上に肩が上下動している感覚に陥るはず。しかし、それこそが正しい動きであり、それによってクラブを縦に振れるようになるとダウンブローのインパクトに近づく。腕の力でクラブを振ろうとすると横振りになりやすいので注意しよう。

クラブを担いで体を回してみよう!

クラブを担いでjpg

アドレスの姿勢でクラブを肩の後ろ側に当てるようにして担ぎ、体を回してみよう。肩が正しく上下動できていれば、クラブが地面を指すように傾く。

いかがだろうか? 上体を前傾して構えるゴルフスイングで肩を回すということは、左右に回すのではなく、上下に動かすのが正解となるのだ。練習時に意識してみて、正しいインパクトを手に入れてほしい。

●工藤広治(解説)
ラウンドレッスンを中心に多数のアマチュアを指導するティーチングプロ。上達のヒントが詰まったブログ「ゴルフ諸行無常」も好評だ。

(出典:『EVEN 2018年9月号』、写真:藤井孝太郎)

(ヤマダタケシ)

SHARE

PROFILE

FUNQ

趣味の時代に読むメディア

FUNQ

趣味の専門誌を届けてきた私たちが世界中の人に向けて、趣味の世界への入り口をつくりました。彩りに満ちた人生の新たな1ページが、ここから始まります。

趣味の専門誌を届けてきた私たちが世界中の人に向けて、趣味の世界への入り口をつくりました。彩りに満ちた人生の新たな1ページが、ここから始まります。

EVEN TOPへ

No more pages to load