BRAND

  • Lightning
  • 2nd(セカンド)
  • CLUTCH Magazine
  • EVEN
  • BiCYCLE CLUB
  • RUNNING style
  • NALU
  • BLADES(ブレード)
  • RIDERS CLUB
  • CLUB HARLEY
  • DUCATI Magazine
  • flick!
  • じゆけんTV
  • 湘南スタイルmagazine
  • ハワイスタイル
  • buono
  • eBikeLife
  • ランドネ
  • PEAKS
  • フィールドライフ
  • SALT WORLD
  • Kyoto in Tokyo

ポイントはお尻! ダウンブローで打てる腰の使い方!

PAGE
2 / 3

腰が正しく回せていないと腰が前に出て、フェースが開いてしまう

腰が正しく回せていないと1jpg 腰が正しく回せていないと2jpg

1、腰が正しく回せないと、トップで右サイドにしっかり体重をのせられず、パワーもたまらない。
2、左サイドへの体重移動を意識しすぎると、腰がスライドして、コックも早くほどけてしまう。
3、腰が前に出て手元も浮いてしまうため、手前からヘッドが入って、インパクトでフェースが開く。
4、フェースターンができず、フォローで左ヒジが引けて右手が左手よりも下になってしまう。

切り返しからダウンスイングにかけては、下半身リードや腰を切るという動きを意識している人が多い。それ自体は間違いではないが、下半身を動かすことに意識が集中すると、腰が前に出て、手元のポジションが高くなってしまう。

フェースが開くとスライスの原因に

フェースが開くとスライスの原因にjpg

フェースが開くとクラブの最下点がボールの手前になりやすい。飛ばないし、スライスの原因にもなる。

フェースが開くとスライスの原因に2jpg

ダウンブローの正しいインパクトは、クラブの最下点がボールよりも先になる。だからターフが取れるのだ。

では、ダウンブローのインパクトで打てる腰の使い方について解説しよう。

出典

SHARE

PROFILE

EVEN 編集部

EVEN 編集部

スタイリッシュでアスリートなゴルファーのためにつくられたマガジン。最旬のゴルフファッション、ギア、レッスン、海外ゴルフトリップまで、独自目線でゴルフの魅力をお届け。

EVEN 編集部の記事一覧

スタイリッシュでアスリートなゴルファーのためにつくられたマガジン。最旬のゴルフファッション、ギア、レッスン、海外ゴルフトリップまで、独自目線でゴルフの魅力をお届け。

EVEN 編集部の記事一覧

No more pages to load