BRAND

  • Lightning
  • 2nd(セカンド)
  • CLUTCH Magazine
  • EVEN
  • BiCYCLE CLUB
  • RUNNING style
  • NALU
  • BLADES(ブレード)
  • RIDERS CLUB
  • CLUB HARLEY
  • DUCATI Magazine
  • flick!
  • じゆけんTV
  • 湘南スタイルmagazine
  • ハワイスタイル
  • buono
  • eBikeLife
  • ランドネ
  • PEAKS
  • フィールドライフ
  • SALT WORLD
  • Kyoto in Tokyo

ポイントはお尻! ダウンブローで打てる腰の使い方!

PAGE
3 / 3

腰をスムーズに回すにはお尻を回すことを意識しよう!

腰をスムーズに回すにはお尻をjpg 腰をスムーズに回すにはお尻を2jpg

1、左肩を下げながら、右にお尻を回してクラブを上げることで正しいトップを作ることができる。
2、腕力でクラブを振るのではなく、左の尻を回し、右肩を下げることでクラブを下ろしていく。
3、前傾姿勢を崩さないためには、インパクトでビハインド・ザ・ボールの意識をもつことも重要だ。
4、右腕が伸びた大きなフォロー。手元のポジションが低いままでクラブを振り抜いている。

スイング中は、お尻を回すことを意識すると腰がスムーズに回り、前傾姿勢もキープしやすくなる。バックスイングでは右のお尻を後ろに引くように回し、切り返しからダウンスイングでは左のお尻を引くように回すのだ。

ポイントは、自分の後ろに壁があると想定して、お尻が触れるようにアドレスしたら、スイング中は常にお尻が壁に触れているイメージで振ること。そうすれば腕の通り道ができるので、手元を低い位置にキープすることができる。

腰をスムーズに回すには3jpg

バックスイングでは左の肩甲骨を右の股関節に近づけるように、切り返しからダウンスイングでは右の肩甲骨を左の股関節に近づけるように体を動かすイメージをもつのも良い。

沈み込みドリルで正しいダウンスイングを体感しよう!

沈み込みドリルjpg

正しいダウンスイングを体感するのに効果的なのが、こちらのドリル。左手でクラブを杖のように持ったら、その姿勢をキープしたまま、右手一本で持ったクラブを振るのだ。ポイントは、右肩を左腕の下に潜り込ませるように低い姿勢で振ること。この時に腰が前に出たり、右肩が前に出たりすると、クラブをスムーズに振り抜くことができないのですぐに分かる。

●工藤広治(解説)
ラウンドレッスンを中心に多数のアマチュアを指導するティーチングプロ。上達のヒントが詰まったブログ「ゴルフ諸行無常」も好評だ。

出典

SHARE

PROFILE

EVEN 編集部

EVEN 編集部

スタイリッシュでアスリートなゴルファーのためにつくられたマガジン。最旬のゴルフファッション、ギア、レッスン、海外ゴルフトリップまで、独自目線でゴルフの魅力をお届け。

EVEN 編集部の記事一覧

スタイリッシュでアスリートなゴルファーのためにつくられたマガジン。最旬のゴルフファッション、ギア、レッスン、海外ゴルフトリップまで、独自目線でゴルフの魅力をお届け。

EVEN 編集部の記事一覧

No more pages to load