目覚めろ胸鎖関節! 最もスピードが出るアドレスの作り方

ゴルファーにとって飛距離を出すためにはヘッドスピードを上げることが一番の近道だと頭では理解している方も多いだろう。ヘッドスピードを上げるには、その土台作りが重要だと松澤亜希子コーチは言う。では、その土台作りとはどういうものなのか? 早速紹介しよう。キーワードは胸鎖関節だ。

最もスピードの出るアドレスは胸鎖関節の稼働が最重要だ

最もスピードの出るアドレスはjpg

1、左腕を大きく後方から回す。ひじが外側を向かず、ひじから先を内旋させてグリップする。
2、右腕も左腕同様の動きで、ゆっくりと大きく後ろまで肩を回す意識で、グリップする。
3、左手に右手をそっと添えてアドレス完成。グリップは左手の薬指と小指にのみ力を入れる。

肩幅に足を開いて、股関節から前傾しひざを緩めてスタンスする。左腕を大きく後方に回してからグリップしよう。これで鎖骨と胸骨をつなぐ胸鎖関節が可動するのだ。同様に右腕も回しグリップすると体幹と腕がリンクして動きやすいアドレスになる。

グリップは左手薬指と小指の二本で支えるようにすると、ヘッドが走りやすくなる。このグリップだけでもヘッドスピードが上がったゴルファーもいるほど効果抜群だ。

正しいアドレスの姿勢を理解しよう

正しいアドレスを理解しよう1jpg

「◯」スッと一直線に近い状態を作るには、鼻から息を吸って腰を少し丸める。重心も下がってニュートラルな状態になる。
「×」腰が反った状態ではパフォーマンスが上がらない。また負担が多く掛かり怪我を誘発してしまうので注意しよう。

『背筋を伸ばす』で腰が反ってしまう
下半身をしっかりと構えて、背筋を伸ばして、肩の力を抜いて、とアドレスしていくと、腰が反ってしまうゴルファーが多い。スピードを上げる土台としては、背骨がフラットな状態が好ましく、身体が回旋しやすいリラックスしたアドレスとなる。

正しいアドレスの姿勢2jpg

「◯」首の一番上にある骨(第一頸椎)を意識して、頭が下がらないように首から持ち上げてフラットな状態を作る。
「×」ボールを見てしまうが故に、頭が斜め下方向に下がってしまったポジションでは、スピードが上がらない。

首のポジションが重要だ
最後に気を付けてほしいポイントが首のポジション。首の第一頸椎は最もパワーを生み出す重要な部分だ。スピード、パワーともにアップするアドレスを作る為に、鏡に映して自身のアドレスをチェックする習慣をつけよう。

胸鎖関節を目覚めさせるトレーニング器具はこれだ!

トレーニング器具jpg

ヨガやストレッチなどのエクササイズで使用される『ウェーブリング』を使って、胸鎖関節を目覚めさせるトレーニングを行なう。左肘と右手の薬指に輪を掛けて、両サイドに引っ張り合いながら肩を大きく回す。

補助を付けるとより効果的!

補助をつけるとjpg

感覚がつかみずらい場合は、仲間に動かしてもらう方法が効果的だ。自身では動かしづらい可動域まで大きく動かす事で、胸鎖関節の目覚めを実感できる。トライ体幹理論(中川隆氏)とアトラス体幹呼吸(牧直弘氏)を落とし込んだ、松澤氏のレッスンは、分かりやすく楽しいと評判だ。

胸鎖関節を目覚めさせるアドレス作り、ご理解いただけただろうか? とても簡単にできるので、飛距離に悩むゴルファーは是非取り入れてみてほしい。

●松澤亜希子
ゴルフコーチ。メンタルトレーナー。フィジカルトレーナー。効率の良い身体の使い方とクラブの動きを伝え、短期間で飛距離アップする感覚を実感できるレッスンを得意とする。

(出典:『EVEN 2018年12月号』

(ヤマダタケシ)

SHARE

PROFILE

FUNQ

FUNQ

趣味の専門誌を届けてきた私たちが世界中の人に向けて、趣味の世界への入り口をつくりました。彩りに満ちた人生の新たな1ページが、ここから始まります。

EVEN TOPへ

No more pages to load