BRAND

  • Lightning
  • 2nd(セカンド)
  • CLUTCH Magazine
  • EVEN
  • BiCYCLE CLUB
  • RUNNING style
  • NALU
  • BLADES(ブレード)
  • RIDERS CLUB
  • CLUB HARLEY
  • DUCATI Magazine
  • flick!
  • じゆけんTV
  • 湘南スタイルmagazine
  • ハワイスタイル
  • buono
  • ランドネ
  • PEAKS
  • フィールドライフ
  • SALT WORLD
  • Kyoto in Tokyo

愛犬と一緒にプレーを楽しめるゴルフ場があるんです

オープンテラスで愛犬とモーニングコーヒーを味わう

EVEN編集部のフクダです。愛犬家のゴルファーならば、きっとこんな風に思ったことがあるはずです。広々としたゴルフ場で愛犬と一緒にプレーできたらと。その願いを叶えてくれるのが、メンバーになれば愛犬同伴プレーが楽しめる千葉県のブリック&ウッドクラブです。ということで、様々なメディアで活躍するゴルフ女子のじゅんちゃんと愛犬のおあくん、ツアー出場を目指すプロゴルファーのかいとくんとその友人の愛犬はるちゃんに、愛犬とのプレーを体験してもらいました。クラブハウスに到着したら、車内あるいはエントランス付近で愛犬を待機させてフロントでチェックインし、ロッカーで着替えを済ませる。スタート時間まで余裕があれば、オープンテラスで愛犬と一緒にモーニングコーヒーを楽しむのも一興です。

(写真左)レストランのテラス席は愛犬と一緒に利用可能。ただし、犬用メニューはないのでおやつなどは持参しよう。(写真右)メンバーズラウンジのテラス席も愛犬OKなので、プレー後の食事などに利用したい。

愛犬をしっかりリードにつないでいざティオフ!

スタート時間が来たら、ティーイングエリアへ移動してプレー開始。ラウンド中は愛犬をリードにつないでおくのが絶対条件で、グリーン上やバンカー内に入れるのはNGです。それさえ守れば、一緒にカートで移動したり、芝の上を歩いたり、散歩の延長のような感覚でプレーを楽しめます。ただし、ある程度のしつけはしておかないと、せっかくコースへ連れてきても苦労するだけなので注意したいところ。ムダ吠えしないこと、「待て」や「おすわり」ができることは必須でしょう。もしそれらに不安がある場合は、クラブハウスに常備されているケージを利用する手もあります。大型犬用と小型犬用が用意されているので安心です。

ショットを打つ時は同伴プレーヤーにリードを持ってもらうのが原則だが、小型犬なら複数本のクラブにリードを絡ませれば、愛犬の動きを制限することができる。
ラウンド中は愛犬をカートにつないでおく場面が多くなる。カラビナを用意しておけば、プレーヤーがカートから離れる時などにリードをつないでおきやすい。
今回2人&2匹が着用した「1 WAN BULE」のアイテム。(写真左・中)犬用のウエアは数あれど、襟付きのポロシャツは珍しい。レッド、ブルー、ピンク、イエローの4色展開だ。(写真右)愛犬とおそろいのコーデが楽しめるポロシャツはホワイトとブラックをラインナップ。

愛犬もゴルフも同じぐらい好きだ! というゴルファーの皆さん。ブリック&ウッドクラブのメンバーになれば、理想のクラブライフが手に入るかもしれませんよ。

ブリック&ウッドクラブ

千葉県市原市山口 TEL:0436-98-1330(8時~18時)
※混雑時や競技その他の理由でペットの同伴ができないこともあります

 

SHARE

PROFILE

フクダトモオ

EVEN / 副編集長

フクダトモオ

1973年生まれ。業界紙記者、フリーライター、ゴルフ週刊誌編集を経て枻出版社へ。187センチの長身で、自称“用賀のビッグイージー”。スイング理論からPGAツアー、ギア、コース、さらにはゴルフ女子に至るまで守備範囲は広い。ベストスコア78、平均スコア90。

フクダトモオの記事一覧

1973年生まれ。業界紙記者、フリーライター、ゴルフ週刊誌編集を経て枻出版社へ。187センチの長身で、自称“用賀のビッグイージー”。スイング理論からPGAツアー、ギア、コース、さらにはゴルフ女子に至るまで守備範囲は広い。ベストスコア78、平均スコア90。

フクダトモオの記事一覧

No more pages to load