BRAND

  • Lightning
  • 2nd(セカンド)
  • CLUTCH Magazine
  • EVEN
  • BiCYCLE CLUB
  • RUNNING style
  • NALU
  • BLADES(ブレード)
  • RIDERS CLUB
  • CLUB HARLEY
  • DUCATI Magazine
  • flick!
  • じゆけんTV
  • 湘南スタイルmagazine
  • ハワイスタイル
  • buono
  • eBikeLife
  • ランドネ
  • PEAKS
  • フィールドライフ
  • SALT WORLD
  • Kyoto in Tokyo

ツイスト打法を取り入れて今の筋力、体力のまま飛距離アップを狙おう

PAGE
11 / 13

13. インパクトのイメージはハンドレート&アーリーリリース

ボールをハンドファーストにとらえるのは理想ですが、最初からこの形をイメージするために体が早く開いて振り遅れてしまうゴルファーは多いです。タイミング良くヒットしたいなら、右足の前でインパクトを迎えるイメージをもつことが大切。右足の前の仮想のボールを打つイメージで、クラブヘッドを速く戻すくらいでないとタイミングが合いません。

タメをつくろうなんて考えては絶対にダメです。ダウンスイングはアーリーリリース、インパクトはハンドレート。右足の前で両手を返してしまうくらいでちょうど良いです。これではボールが左にしか飛ばないと思われがちですが、結果として帳尻が合います。

右足の前にセットしたボールを打つイメージでクラブヘッドを早く戻そう。

 

両手を素早く返してクラブヘッドを早く戻すイメージで帳尻が合う。右手首が手のひら側に折れると(中)、手首をこねてしまう動きになる。右のように左足の前のボールにタイミングを合わせようとすると振り遅れやすい。

14. テークバックで開いたフェースを早く閉じるのがツイスト打法の極意

テークバックで開いたフェースを早く戻さなくてはいけないのは、クラブの重心が大きく関係しています。

クラブヘッドの形状を見てもわかるように、重心がフェース面よりも後ろにあります。テークバックでフェースが開こうとする性質を持っているので、いったん開いたフェースはインパクトの前に早く戻さないといけません。そのためのアーリーリリースであり、ハンドレートのインパクトイメージということです。

NG例。インパクトでクラブヘッドを早く戻す意識がないと、フェースが開きっぱなしで下りてしまう。
開いたフェースを早めに閉じてインパクトへと向かおう。アーリーリリースが大事なポイントだ。

今ではフェースの開閉を抑えたシャットフェース打法がトレンドといわれていますが、これはアスリート向けのスイングで、一般のアマチュアには難しいです。アスリートと一般のアマチュアが目指すスイングは違うということを理解しましょう。

出典

SHARE

PROFILE

EVEN 編集部

EVEN 編集部

スタイリッシュでアスリートなゴルファーのためにつくられたマガジン。最旬のゴルフファッション、ギア、レッスン、海外ゴルフトリップまで、独自目線でゴルフの魅力をお届け。

EVEN 編集部の記事一覧

スタイリッシュでアスリートなゴルファーのためにつくられたマガジン。最旬のゴルフファッション、ギア、レッスン、海外ゴルフトリップまで、独自目線でゴルフの魅力をお届け。

EVEN 編集部の記事一覧

No more pages to load