BRAND

  • Lightning
  • 2nd(セカンド)
  • CLUTCH Magazine
  • EVEN
  • BiCYCLE CLUB
  • RUNNING style
  • NALU
  • BLADES(ブレード)
  • RIDERS CLUB
  • CLUB HARLEY
  • DUCATI Magazine
  • flick!
  • じゆけんTV
  • 湘南スタイルmagazine
  • ハワイスタイル
  • buono
  • eBikeLife
  • ランドネ
  • PEAKS
  • フィールドライフ
  • SALT WORLD
  • Kyoto in Tokyo

ツイスト打法を取り入れて今の筋力、体力のまま飛距離アップを狙おう

PAGE
3 / 13

ツイスト打法の原理

体を使おうとしてヘッドスピードが上がらなくなるのは、上体と下半身が同じ方向に一緒に動くためです。腰と肩を左に回転して、腕とクラブも同じ方向に振るのだから一緒に動くのは当たり前だろうと思うかもしれません。ところが、体の上と下が同じ方向に動くとパワーが逃げてしまいます。なぜなら体へのブレーキングが働かず、緩みが生じるからです。

椅子に腰かけてクラブを胸の前で立ててください。そのまま体を右に回してみましょう。そうすると、下半身はどの方向に動くでしょうか。上体が動こうとするのとは反対の左に下半身が動こうとすることがわかります。そうしないと上体を右に回せないからです。同時に、腰掛けたままでは上体と下半身を同じ方向には動かせないこともわかります。

上体を右に回すと下半身は左側に回ろうとする。上体を左に回せば、今度は下半身が右側に動こうとする。

この上体と下半身の逆回転を利用したのがツイスト打法です。インパクトエリアで上体が回ろうとする方向に対して、下半身を逆回転させるイメージでブレーキングを働かせることで大きなパワーを生み出せるのです。

ハンドファーストの形をつくりやすいツイスト打法

ゴルフのスイングにおいては、自分のイメージと実際の形に大きなギャップが生じることがよくあります。自分ではトップをコンパクトな位置に止めたつもりでも、鏡で確認したらオーバースイングになっていた経験がある方も多いでしょう。

同じことはインパクトのイメージにも当てはまります。インパクトはハンドファーストが理想形とよくいいますが、体の回転ばかり意識している人が最初からハンドファーストの形をイメージすると体が早く開き、手がどんどん先行したインパクトになりすいのです。

振り遅れやすい人には「インパクトで手を返しましょう」とアドバイスしますが、どこで両手を返すかというと、ボールを打つ前に右手を真正面に向けてしまうくらいのタイミングがベストです。それでは左に引っかけてしまうと思うかもしれませんが、そのくらいのイメージをもたないとインパクトでフェースがスクエアに戻り切らない人が大半です。

出典

SHARE

PROFILE

EVEN 編集部

EVEN 編集部

スタイリッシュでアスリートなゴルファーのためにつくられたマガジン。最旬のゴルフファッション、ギア、レッスン、海外ゴルフトリップまで、独自目線でゴルフの魅力をお届け。

EVEN 編集部の記事一覧

スタイリッシュでアスリートなゴルファーのためにつくられたマガジン。最旬のゴルフファッション、ギア、レッスン、海外ゴルフトリップまで、独自目線でゴルフの魅力をお届け。

EVEN 編集部の記事一覧

No more pages to load