BRAND

  • Lightning
  • 2nd(セカンド)
  • CLUTCH Magazine
  • EVEN
  • BiCYCLE CLUB
  • RUNNING style
  • NALU
  • BLADES(ブレード)
  • RIDERS CLUB
  • CLUB HARLEY
  • DUCATI Magazine
  • flick!
  • じゆけんTV
  • 湘南スタイルmagazine
  • ハワイスタイル
  • buono
  • eBikeLife
  • ランドネ
  • PEAKS
  • フィールドライフ
  • SALT WORLD
  • Kyoto in Tokyo

ツイスト打法を取り入れて今の筋力、体力のまま飛距離アップを狙おう

PAGE
5 / 13

ネオ・ツイスト打法の基本テクニック

今の体力、筋力のままでも驚くほど飛ばせるようになるツイスト打法。まずは、体の正しい使い方と、効率よくヘッドスピードを上げるための基本テクニックをマスターしましょう。

1. 「ケン、ケン、パッ」で着地した体勢で構えよう

どんなスイングであっても、アドレスではバランス良く構えることが重要です。ツイスト打法にもいえることですが、アドレスにはこう構えなくてはならないという定義はあってないようなもの。身長や体型などはゴルファーによって違うので、アドレスも違って当然です。どう構えれば良いのか分からないという人が多いのですが、「ケン、ケン、パッ」をして両足を着地した姿勢をつくってみるのがおすすめ。こうするとバランス良く立つ感覚や、重心の置き所が把握できます。アドレスの前傾角度やスタンスの幅も人それぞれです。「ケン、ケン、パッ」をするだけで自分にマッチした体勢が本能的につかめます。

ケン、ケン、パッで着地した時のように、自然な前屈みの姿勢でアドレスをつくるのが良い。

2. アドレスは猫背でもOK!背中を少し丸めるのが良い

ケン、ケン、パッをして着地すると少し前屈みになるはずです。その感覚でアドレスをつくりましょう。「背中をまっすぐに伸ばす」「胸を張って背中を反らせる」などと言われることもありますが、それが自分に合ったアドレスとは言い切れません。普段から猫背気味の人は、アドレスも猫背のままで良いと思います。極端に背中が丸いのは良くないとしても、背中が緩やかなカーブを描くのは理想的です。骨格図を見ても、背骨はややカーブしています。

重心は土踏まずから母指丘の間にのせる。胸を張って背中を反らせるのはかえって不自然。腰痛の原因にもなる。

バランスの良いアドレスのポイントは、重心がツマ先側やカカト側に寄り過ぎないようにすることです。重いものを持ち上げる時のように体の近くでクラブを持てば、重心が土踏まずと母指丘の間にのり、アドレスの姿勢のバランスが良くなります。

出典

SHARE

PROFILE

EVEN 編集部

EVEN 編集部

スタイリッシュでアスリートなゴルファーのためにつくられたマガジン。最旬のゴルフファッション、ギア、レッスン、海外ゴルフトリップまで、独自目線でゴルフの魅力をお届け。

EVEN 編集部の記事一覧

スタイリッシュでアスリートなゴルファーのためにつくられたマガジン。最旬のゴルフファッション、ギア、レッスン、海外ゴルフトリップまで、独自目線でゴルフの魅力をお届け。

EVEN 編集部の記事一覧

No more pages to load