BRAND

  • Lightning
  • 2nd(セカンド)
  • CLUTCH Magazine
  • EVEN
  • BiCYCLE CLUB
  • RUNNING style
  • NALU
  • BLADES(ブレード)
  • RIDERS CLUB
  • CLUB HARLEY
  • DUCATI Magazine
  • flick!
  • じゆけんTV
  • 湘南スタイルmagazine
  • ハワイスタイル
  • buono
  • ランドネ
  • PEAKS
  • フィールドライフ
  • SALT WORLD
  • Kyoto in Tokyo

遊び心あるゴルファー用マスク

このコロナ禍でゴルフをするのが良いか悪いかは別として、沈みがちになっているゴルファーを励ましたい、という思いで作られたマスクをご紹介したい。

デニム生地のキャディバッグやリバーシブルのヘッドカバーなど、自由な発想で作られるアイテムが魅力の「lahella golf(ラヘラゴルフ)」が製作したゴルファー用マスク。ティーポケットが付いていて、2本までティーを刺しておける。このマスクをつけているゴルファーを見たら思わず「なんだそれっ」と言ってしまうに違いない。

ティポケットは天然タンニンなめしの牛革を使用している。

しかし、それこそ製作者の意図するところ。本業ではない多くのメーカーがマスク不足の解消や、高機能マスクの供給ために、マスクを製作する流れにあるが、同ブランドがマスクを製作したのはゴルファーを明るくするため。実際にティを刺してプレーするのが快適というよりも、マスクをつけていること自体を楽しんでしまおうというワケだ。

しかしながら、マスクとしての機能性も高い。全て日本国内で製造され、耐久性が高く、繰り返し洗濯しても型崩れしにくい。さらに、漂白剤などにつけても色抜けがほとんど無いので、ウイルスの付着が気になる場合は、使った後に殺菌することもできる。

二重構造になっていて、使い捨てマスクなどを挟んで使うこともできる。

明るいマインドを持つというのもこの危機的状況を乗り越えるために必要なこと。ゴルファーの皆様、こんなマスクで気分転換してみるというのはいかがでしょうか?

グレーとネイビーの2色をラインナップしている。

<問い合わせ先>京谷 kyotani@silver.ocn.ne.jp、https://www.kyotani.com

SHARE

PROFILE

大竹宏基

大竹宏基

編集部唯一の20代。ゆとり世代。

大竹宏基の記事一覧

編集部唯一の20代。ゆとり世代。

大竹宏基の記事一覧

No more pages to load