BRAND

  • Lightning
  • 2nd(セカンド)
  • CLUTCH Magazine
  • EVEN
  • BiCYCLE CLUB
  • RUNNING style
  • NALU
  • BLADES(ブレード)
  • RIDERS CLUB
  • CLUB HARLEY
  • DUCATI Magazine
  • flick!
  • じゆけんTV
  • 湘南スタイルmagazine
  • ハワイスタイル
  • トリコガイドシリーズ
  • buono
  • ei cooking
  • Yogini
  • ランドネ
  • PEAKS
  • フィールドライフ
  • SALT WORLD

アプローチでしっかり寄せる打ち方とコツ|左足下がりのラフ

ただでさえラフからのアプローチはスピンの入り方が予測しにくく、ボールの飛び方も読みにくい。そのうえ、左足下がりの傾斜となると難易度もあがってくるが、スコアメイクのためにはきっちり対処したいところだ。そこでラフで、なおかつ左足下がりのシチュエーションで役に立つ基本的な打ち方やテクニックをご紹介しよう。

左足下がりのライは10対0の左足体重で構える

左足で体重を支えて、左足の真上に上半身をのせる。右足はスイング中のバランスを保つ役割だ。

距離感を間違えたり、フライヤーしたりしてグリーンオーバーした時に残るのがラフからの左足下がりだ。ボールを止めることはほぼ不可能な状態でできるだけボールの勢いを抑えるには、傾斜なりにヘッドを低く出す必要がある。少しでもボールを上げようとすると、右足に体重が移って手前をダフリやすくなる。体重配分はアドレスからフィニッシュまで左足にかけた状態にしておこう。

フェースを開けば最低限の高さは出せる

フェースを開いておくとソールが斜面を滑りやすくなる。

かぶせるとヘッドが刺さりやすく高さも出せない。

左足下がりで傾斜なりに構えるとフェースは自然と被りやすくなる。ラフからはさらに引っかかりやすいため、フェースはあらかじめ開いて構えておこう。開いたフェースをスイング中に閉じる動きは必要ない。開いたままの状態でフォローまで振り抜くのだ。ボールの高さは打ち方ではなく、フェースを開いた分だけ上がってくれるという意識をもとう。ソールから着地させるイメージが良い。

インパクトから先で右肩を下げる

傾斜なりに振ることを意識していても、どうしもてボールを上げたくなるのがゴルファー心理だ。そこでお勧めしたいのが、ダウンスイングからフォローにかけて、右肩を意図的に下に下げるように動かすこと。こうすると前傾角度が深くなり、体が起き上がろうとする動きを防いでくれる。左足下がりからはこれくらい極端な体の動きをイメージするほうがショットの成功率が上がる。

右ヒザの角度は90度をキープする

アドレスの時の右ヒザの角度をキープしておくことで、斜面なりに低く長くフォローを出していける。

左足下がりのライはボールの後ろ側が高くなっているので、普通に構えると右足がダウンスイングで邪魔になってしまう。右足を後ろに引いてクローズスタンスに構えよう。その時の右ヒザの角度をキープしたままスイングすることで、傾斜なりに低く長くヘッドを出していくことができる。左足下がりのライでは下半身を固定して、上半身主導でスイングするのが正解だ。

右手のひらは下を向けたまま動かす

フェースを開いた状態で構える時に、右手のグリップを上から被せるようにして握り直しておくと、フェースの向きが変わりにくくなる。スイング中は被せた右手を意識して、右手のひらを下に向けたままの状態で振り切ろう。右手をウィークに握ると開いたフェースを閉じる動きになり、引っ掛けやザックリが出やすいので注意が必要だ。

右手を上からかぶせるようにグリップしたら、右手は下を向けたまま振る。結果、フェースの向きを変えずに振り切れる。

腰の回転に沿って手元を動かす

腰の回転を止めてしまうとフォローで手が体から離れてしまう。腰の回転と同調させながら腕を低く振り抜こう。

右手のひらを下に向けたまま振る時に注意したいのが振り抜く方向だ。ターゲット方向に手を出してしまうと、体と手が離れてしまい、その結果、軌道が安定しないためミート率が下がる。クラブを振り抜く方向、もしくは手元を動かす方向は体の回転に沿ってターゲットをよりも左サイドをイメージしておこう。ややカット気味の軌道になるので、傾斜なりに振り抜きやすくなる。

教えてくれたのは西村至央コーチ

1977年生まれ。専修大学出身。ミライズゴルフアカデミー主宰。神奈川県を中心にレッスン活動を展開。ビギナーからトッププロまで様々なゴルファーの悩みに対し、わかりやすく指導してくれると高い評価を得ている。

出典

SHARE

PROFILE

EVEN 編集部

EVEN 編集部

スタイリッシュでアスリートなゴルファーのためにつくられたマガジン。最旬のゴルフファッション、ギア、レッスン、海外ゴルフトリップまで、独自目線でゴルフの魅力をお届け。

EVEN 編集部の記事一覧

スタイリッシュでアスリートなゴルファーのためにつくられたマガジン。最旬のゴルフファッション、ギア、レッスン、海外ゴルフトリップまで、独自目線でゴルフの魅力をお届け。

EVEN 編集部の記事一覧

No more pages to load