BRAND

  • Lightning
  • 2nd(セカンド)
  • CLUTCH Magazine
  • EVEN
  • BiCYCLE CLUB
  • RUNNING style
  • NALU
  • BLADES(ブレード)
  • RIDERS CLUB
  • CLUB HARLEY
  • DUCATI Magazine
  • flick!
  • じゆけんTV
  • 湘南スタイルmagazine
  • ハワイスタイル
  • buono
  • eBikeLife
  • ランドネ
  • PEAKS
  • フィールドライフ
  • SALT WORLD
  • Kyoto in Tokyo

バンカーショットが上達する! 基本の打ち方と攻略法で一発で脱出する

PAGE
5 / 8

飛ばしたい時はフォローでフェース面を下に向ける

飛ばしたい時は左腕が体から離れないように振ると説明したが、その際に左腕をたたんでフォローでフェース面が地面を向くように振ると、左ワキが開きにくくなる。注意点としては手先の動きだけでこの動きを行わないこと。体の回転と腕の動きをリンクさせながら行う必要がある。体を止めて手先でやるとトップして大オーバーなんて可能性もあるので注意しよう。

フェース面をフォローで地面を向けるように振る。体の回転を止めずに左ワキを締めながらスイングするのがコツだ。

ピンまで距離が短い場合のバンカーショット

飛ばしたくない時はフォローでフェースを空に向ける

フォローでフェース面が空を向くように振り抜くと飛距離を落とすことができる。バンスをしっかり使えるので砂を爆発させやすく、高さも出せる。体の正面からヘッドが外れないように振るのがポイントで、ヘッドを走らせないこと。胸、腕、手元、クラブの関係性を終始変えないように振れば、体の正面に常にクラブをキープできる。インパクトで右肩が下がりすぎないように注意しよう。

体の回転に対してヘッドが体を追い越さなければフェースは返らない。返さずに振ればどれだけ強く振っても飛び過ぎることはない。

コックをキープすると飛距離を抑えられる

ピン位置が近かったり、奥からの下りだったり、飛距離を抑えたい時はコックを多めに入れると良い。入射角が鋭角になり砂が取れる量が増えるので、強く入れても飛びにくくなる。言い換えるとエネルギーロスの大きい打ち方で、ある程度思い切って打ち込んでいく必要がある。力を加減して緩めてしまうと、バンカーから脱出できなくなってしまうので注意しよう。

テークバックで早めにコックを入れたらそのコックをキープしたままインパクトする。コックがほどけるとただのダフリになる。

インパクトで手が前に出過ぎないように注意。手が前に出るほど深くヘッドが刺さるので、バンカーからの脱出が難しくなる。

左腕に余裕をもたせてフォローを出す

ボールを飛ばしたい時は左腕が体から離れないようにスイングするが、逆に飛ばしたくない時は左腕に少し余裕をもたせておく。フェース面の向きが変わらないようにターゲット方向にまっすぐ出していくことで、飛距離を抑えることができる。高さを出そうとすると右肩が下がったり、右足に体重が残ったりするので、高さを出す意識は捨てよう。むしろ低く打つ意識をもっておいたほうが、悪い体の動きを抑えられる。

左腕に少し余裕をもたせよう。

出典

SHARE

PROFILE

EVEN 編集部

EVEN 編集部

スタイリッシュでアスリートなゴルファーのためにつくられたマガジン。最旬のゴルフファッション、ギア、レッスン、海外ゴルフトリップまで、独自目線でゴルフの魅力をお届け。

EVEN 編集部の記事一覧

スタイリッシュでアスリートなゴルファーのためにつくられたマガジン。最旬のゴルフファッション、ギア、レッスン、海外ゴルフトリップまで、独自目線でゴルフの魅力をお届け。

EVEN 編集部の記事一覧

No more pages to load