BRAND

  • Lightning
  • 2nd(セカンド)
  • CLUTCH Magazine
  • EVEN
  • BiCYCLE CLUB
  • RUNNING style
  • NALU
  • BLADES(ブレード)
  • RIDERS CLUB
  • CLUB HARLEY
  • DUCATI Magazine
  • flick!
  • じゆけんTV
  • 湘南スタイルmagazine
  • ハワイスタイル
  • buono
  • eBikeLife
  • ランドネ
  • PEAKS
  • フィールドライフ
  • SALT WORLD
  • Kyoto in Tokyo

バンカーショットが上達する! 基本の打ち方と攻略法で一発で脱出する

PAGE
7 / 8

クラブの重さを利用すると傾斜なりにヘッドを出せる

高さを出したいからといって打ち込んでも、左足下がりからは球が上がらない。フェースを目一杯開いた状態にして、高さはクラブに任せよう。いかに傾斜に沿ってクラブを振り抜けるかが重要で、ヘッドの重さを感じながらフォローを出すと傾斜なりに振りやすくなる。要は下へ下へ力を働かせる必要があり、重力を利用することでそれを実現できる。グリップはガチガチに握らず、ヘッドの重さを感じられる程度が良い。

プロがフォローで左手1 本でクラブを持っているシーンを見かけるが、あれはクラブの重さを利用してフォローを出しているからだ。

インパクトまで右ヒザの角度をキープ

左足下がりのライは自然と左足に体重がのるが、その際に右足はヒザを折った体勢になる。この右ヒザの角度をキープすることでダウンスイングでの入射角が安定することを覚えておこう。傾斜地はバランスが崩れやすいので、左足1本で体を支えるのは難しい。そこで右足のヒザを意識して、その形が変わらないスピードで振るのだ。ヒザの角度が崩れるほど振らないことが重要になる。

フォローで左足を一歩出して歩き出してみよう

左足下がりで最もオススメしたい打ち方がフォローで一歩右足を前に出す打ち方。打ち終わった後に歩き出すようなイメージをもってスイングすると、ボールを上げようとする動きが入りにくく、下に力を働かせやすくなる。また、ターゲット方向へエネルギーを伝えやすくなるため、ボールを前に飛ばしやすくなる。多少、ヘッドの入り方が悪くてもこの打ち方なら脱出させることはできる。

クローズスタンスにすると前傾角度を最後までキープできる

ボールを上げようとすると必ず起こるのが、インパクトで体が浮く動き。いかに前傾角度をキープしたまま、ヘッドをボールの下に入れられるかが重要だ。そのために右足を少し後ろ側に引いて、ダウンスイングでクラブの通り道を確保しておこう。クラブが入ってくる場所があれば、あとはターゲット方向に振り抜くだけ。インパクトで詰まる動きがミスの原因になることを覚えておこう。

左足下がりで球を上げにくい状況でも、右足を少し後ろに引いておいたほうがクラブをストレートに動かしやすい。

クラブを下ろすスペースがないと、インパクトで詰まる動きになりやすい。そうすると手元が浮いてミスが出る。

打ち終わった後も胸を下に向ける意識をもつ

バンカーショットでミスが出る理由の一つがヘッドアップだ。脱出できるかどうか不安を抱えながらスイングすると、ついつい打った方向を早く見てしまいがち。特に左足下がりは少しでも体や顔が上がるとミスに直結するだけに、しっかり前傾角度をキープし続けることが必要になる。そのためには、打ち終わった後も胸を下に向けておくつもりでスイングすると良い。

球の行方が気になるとヘッドアップしたり、手元が浮いたりといったミスにつながり、バンカーから脱出できなくなるので注意しよう。

目玉から確実に脱出する方法

脱出優先ならフェースをかぶせても良い

目玉の状態のボールを飛ばすために必要なことはボールの下にいかにヘッドを入れられるかがポイントになる。そのため、とにかく脱出させたいならフェースをかぶせたほうが、砂の中にヘッドを入れやすい。ただし、フェースをかぶせると高さを出すことができないことと、出球が強くなることは覚えておきたい。目玉の度合いによって判断して使い分けよう。

フェースをかぶせると砂に中にヘッドを打ち込みやすくなる。高さが出せず、出球が強くなりやすいことは覚えておこう。

目玉でも柔らかく出したいならフェースは開く

よく目玉からはフェースをかぶせる打ち方が推奨されるが、目玉からでも柔らかい球を打ちたい時はフェースを開いて構えよう。バウンスが邪魔になって砂の中にヘッドが入りにくくなるように思うかもしれないが、ちょっとした打ち方の工夫でヘッドをしっかりと打ち込むことができる。この時、砂の抵抗に負けないようにグリップはある程度しっかり握っておこう。

目玉からフェースを開いた状態で打つと、距離こそ出せないものの、砂ごと打ち出すので意外にもふわりと柔らかい球が打てる。

出典

SHARE

PROFILE

EVEN 編集部

EVEN 編集部

スタイリッシュでアスリートなゴルファーのためにつくられたマガジン。最旬のゴルフファッション、ギア、レッスン、海外ゴルフトリップまで、独自目線でゴルフの魅力をお届け。

EVEN 編集部の記事一覧

スタイリッシュでアスリートなゴルファーのためにつくられたマガジン。最旬のゴルフファッション、ギア、レッスン、海外ゴルフトリップまで、独自目線でゴルフの魅力をお届け。

EVEN 編集部の記事一覧

No more pages to load